忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 パーキンソン病の発症に深く関与している酵素を、山形大医学部の加藤丈夫教授らが突き止めました。この酵素の働きを阻害する治療薬を開発すれば、発病の予防や進行の抑制が期待できるそうです。(写真は山形大学医学部附属病院)
 
 以前に8月10日の記事でもご紹介しましたが、パーキンソン病は、50~65歳の高齢者に多い病気で、ふるえ、動作緩慢、小刻み歩行が主な症状です。国内に約12万人の患者がいますが、進行性の病気のため、しだいに歩行など日常生活が困難になり、発症10年目くらいで介護が必要になる病気です。

 脳の中の黒質という部分の神経細胞の数が減ってしまうために発症することはわかっていましたが、何故、黒質神経細胞が減るのかは不明でした。
PR


 ルイ・アームストロングが、ベトナム戦争のときに歌った「What a wonderful world!」

 北朝鮮の核問題で緊張が高まっている今、聴いてみると、この歌に世界平和を願うメッセージを感じます。
     → こちらで聴けます。「What a wonderful world!」


 yohkoさんのブログに、歌詞と訳詞が掲載されていますのでご紹介します。


 早瀬沙樹さんのブログから転載です。
 (写真は沖縄米軍・第3海兵遠征軍の訓練風景)

-----<引用ここから>--------------------------------------

 6日夜の名古屋での平良夏芽さんの講演会で、平良さんが「沖縄に居ると『また新しい戦争の開戦前』であることが分かる。湾岸戦争のとき在沖米軍の戦車などは灰色に塗られた・・・灰色が迷彩になる地域-砂漠地帯-が主戦場になることが分かった。今、在沖米軍の戦車などは緑色に塗られている」
とおっしゃいました。

 在日コリアンのRさんは「(母の国である)日本が、(父の国である)朝鮮を攻撃する、その日が迫っている」という趣旨のことをおっしゃっていました。

 「安倍内閣の成立を許して、日本人は新たな朝鮮戦争に加担した」ことになるのでしょうか?
 何とかして新たな戦争を止めたい。

-----<引用ここまで>--------------------------------------


 私のブログのサイドにある詩「勇気」の作者・早瀬沙樹さんから、教育基本法反対のWeb署名のお知らせをいただきました。
 首相がA級戦犯の末裔である安倍氏に代わり、憲法と教育基本法の「改正」を第一課題に掲げています。日本の政治が戦前の暗黒時代に回帰していくのではないかと非常に気になるところです。

 このWeb署名は、10月15日までに全国1万人の反対の声を結集し、教育基本法特別委員会の国会議員に提出しようという運動です。平和と民主主義、未来の日本を担う子どもたちの教育を守るために、ご協力をお願いします。(写真は10月3日、衆議院で開かれた教育基本法改悪反対院内集会の様子)

 この署名の詳細について、早瀬沙樹さんのブログから転載します。


 ひどい話です。
 天然記念物の指定が、こんないいかげんな調査で見送りになるとは、あきれてモノが言えません。
 北海道教育委員会は、もともと初めから指定する気などなく、アリバイ的に調査したのではないかと勘ぐりたくなるほどです。

 ナキウサギの天然記念物指定が、生息地域の自治体の反対によって指定見送りになるらしいとの情報を、9日の記事に載せました。
 その後、ナキウサギふぁんくらぶの方々が関係自治体に問い合わせたところ、「そんな回答はしていない」「誰が回答したのか知らない」と答える自治体が次々に出てきたというのです。

 以下は、「ナキウサギふぁんくらぶ」 のBBSからの情報です。
≪  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  ≫
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]