忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 明けましておめでとうございます。安倍首相が新年会見で「憲法改正をすすめるための法案(国民投票法)の審議を始める」と表明しました。
 平和憲法9条を改悪させない運動をいっそう広げなければなりません。

 ぴったりの映画が「マガジン9条」のサイトに紹介されていました。
 『戦争をしない国 日本』です。
 この映画は、日本国憲法の平和主義が、どのような状況の中で生まれ、制定以来約60年間、どんな役割と力を発揮してきたのか、それに対して政府は平和主義の規定を守ってきたのか、その規定は日本社会にどのような影響を及ぼしてきたのか、国際社会でどのように評価されてきたのかを歴史的映像も交えて解明しています。
 伊藤真氏、香山リカ氏などが「普及を成功させる会」の呼びかけ人代表になっています。

 予告編(5分)が公開されています。こちらから見られます。
   http://www.filmkenpo.net/sample_movie.html

 この映画の監督・片桐直樹さんのインタビューはこちらです。(「マガジン9条」)
   http://www.magazine9.jp/interv/katagiri/index.html

 映画のホームページはこちらです。
   http://www.filmkenpo.net/index.html
PR


 2006年も今日でおしまいです。今年は教育基本法が自民・公明によって強行成立させられ、残念な思いをしましたが、国民の声を結集する中で改善に向かって動いたことや改悪をくい止めたこともありました。(※写真は十勝連峰の朝焼け)

kodomo
 仕事が忙しいからとブログの更新をサボっているうちに、教育基本法の改悪法案が国会で与党(自民・公明)の強行的多数決により成立してしまいました。
 私はとても悔しくて、正直なところ数日間落ち込みました。この調子で「憲法9条」まで多数決でつぶされてしまうのだろうかと不吉なことを考えたりもしました。
 でも、いつまでも悲嘆に暮れていると、改憲勢力の思う壺にはまりますので、気持ちをポジティブに切り替えて頑張ろうと思います。
 さて、そんな折り、いつも立ち寄る早瀬さきさんのブログに、「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」のアピールが転載されているのを見つけましたのでご紹介します。
(上のイラストも「全国連絡会」からの転載です)


 広大な空がアメリカに占領されているとは知りませんでした。
 東京を含む1都8県に広がる「横田空域」です。米軍横田基地が航空管制しているため日本の飛行機は許可なく立ち入ることが出来ません。
 図のように、羽田から西日本に向かおうとする飛行機は、ヒマラヤ山脈並みの5500メートルの高さを乗り越えて飛ばなければならないのです。(図は東京都知事本局HPより転載。クリックすると大きくなります)


 今日、妻と一緒に庭(兼・家庭菜園)の草木の片付けをしていたところ、目の前にふわふわと白いものが舞い降りてきました。「雪虫」です。北海道人は、この虫を見ると「もうすぐ、寒~い冬が来る」と覚悟させられるのです。

 十勝は昨日、初霜と初氷を観測しました。それにぴったり合わせた雪虫の飛来です。
 
 雪虫は、羽の部分を含めても体長5㎜ほどのとても小さな虫です。腹の部分に綿毛のような真っ白な分泌物をつけ、大群でふわふわ漂うように飛ぶため雪が舞っているように見えます。
 アブラムシ科の昆虫で、夏のあいだはトドマツなどの樹液を吸ってひっそりと生きていますが、朝夕の急激な冷え込みを感じて、ヤチダモなど別の樹木に一斉に引っ越しする習性があるため、この時期だけ姿を目にすることが出来ます。晩秋の風物詩ですね。

 飛んでいる姿はとても幻想的な風景なのですが、私などは、あの厳しい冬が想像されて身震いしてしまいました。
≪  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  ≫
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]