忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 60th_Article9.gif
 今日は憲法記念日。「戦争放棄」「国民主権」「基本的人権尊重」を宣言した日本国憲法が施行されて60周年を迎えました。
 政府与党は、この憲法を「時代遅れ」「押しつけ憲法」と決めつけ、第9条改悪をめざした国民投票法案の成立を推し進めています。
 安倍首相は、憲法9条を「改正」することが、「世界に日本が示す国際貢献」だと言います。世界中の紛争地にアメリカの援軍として自衛隊を派遣することがグローバルパートナーシップだとお考えなのでしょうか。
 私は、今の憲法9条をしっかり掲げ、武力によらない紛争解決を訴えていくことこそが、世界唯一の被爆国・日本政府にできる最高の国際貢献だと思います。

 私と同じ思いで、2人の方が憲法について発言していらっしゃいますので、ご紹介します。

(※憲法9条誕生ケーキのイラストは「もぐのにじいろえにっき」から許可いただいて転載しました)

sinagawa.jpg
◆品川正治さん(経済同友会終身幹事)
 「私は戦争の体験者です。戦地で戦闘し、負傷もした。戦争を体験してはっきり分かったには、戦争を起こすのは人間だということです。それまで、戦争は国家が起こしたものだと思っていたけれども、そんな抽象的な話じゃない。戦争を起こすのも、それを止めるのも人間なんです
 「大事なのは、60年間、国民がそれを守り通してきたということです。そのために、日本の主権の発動としては、たった1人の外国人も殺していない。世界第2位にまでなった日本の経済は、軍産複合体が誘導していない。先進国としては極めてまれな経済発展モデルです
 「戦争できる『普通の国』になる方が時代に合わない。20世紀の国家は軍があり、戦争できるのが当たり前だった。でも21世紀の世界の課題は貧困をなくし、疫病をなくし、平和を守ることなんです。われわれが子孫に残したい国は、軍を持ち、核を持つ普通の国なのでしょうか」
 「忘れていけないのは、日本に改憲を求めているアメリカは、常に戦争をしている国だということです。イラク戦争では同盟を結ぶ英国を100%動員した。日本を動員しないのは、憲法9条2項の戦力不保持と交戦否認権があるからです。平和憲法は敵をつくりませんが、アメリカは敵だらけですからね
 (国民投票法案について)「私は決して悲観していない。本当の意味で国民の出番が来たんです。国民がもし憲法改正にノーと言ったら、アメリカは世界戦略を変えざるを得ない。そこに思いを致さない日本の支配政党は甘いな、というのが、アメリカの腹じゃないでしょうか」
 ※「北海道新聞」2007.5.3より

 tutumi.jpg
◆堤 未果さん(著作家・米国野村證券に勤務中「9・11」に遭遇)
  イラクから帰還した若い狙撃兵は私に言った。「平和な国で暮らしてたとき、戦争では殺されたらゲームオーバーだと思ってた。だが実際に砂漠で人を殺させられて初めて知ったよ。死ななくても1人殺せば、自分の人生もそこでゲームオーバーなんだ
  9・11直後のアメリカ。メディアに不安をあおられた国民は愛国心という言葉にしがみつき、跳ね上がる軍事予算も戦争も支持していった。一方で政府は、格差を広げる法案を次々に通し、大学費用や健康保険と引き換えに入隊する貧しい高校生や、職を求める借金づけの国民が次々に戦場へ送られた。
 徴兵制などなくとも戦争はできる。国というものは戦争によって貧しくなるのではなく、国内で格差を広げ貧しい者を捨て駒にすることで戦争を維持できるのだと、世界に向かって証明したアメリカ。
 そのアメリカで今、イラク帰りの米兵たちが声を上げている。目的は「本当の敵」を知らせること。敵は政府?、大企業?、それともマスコミ? どれも違うと彼らは笑う。
 「本当の敵は自分たち国民の無関心だ。それに気がついたとき初めて、俺たち市民が主役のゲームが始まる」。武器は?と聞くと驚くような答えが返ってきた。
 「選挙と君の国の憲法9条。今イラク帰りの兵士たちの間で憧れなんだ」
 国境を越えたゲームはすでに始まっている。守るべきルールは、1票の重みをあなどらないこと、声を上げられるうちは決して口をつぐまないこと。『敵を知ること』は、『誇るもの』をも教えてくれる。私たちはすでに手にしている、世界が尊重する貴いもの。
 あきらめないかぎり、未来を選び取る自由はまだ残されている。
※「いつでも元気MIN-IREN」2007年5月号より
PR

tamiflu
 2ヵ月半も更新していませんでしたが、インフルエンザにかかることもなく元気です。

 世間を騒がせているタミフルですが、4日、厚労省が、発売後6年間で飛び降りや転落など命に関わる異常行動が128件起きていたことを公表しました。うち8件は死亡事例でした。

※写真は中外製薬が販売している「タミフル75」(http://opencage.info/pics/より)

 世論に押されて、ようやく公表しました。輸入販売元の中外製薬からは1079件もの「副作用報告」が厚労省に提出されていましたが、それらを危険な事例と認識せず、対応を怠っていたようです。でもこれは単純な厚生官僚の職務怠慢だとは思えません。

 厚労省のタミフル研究班に所属する大学教授たちが、中外製薬から巨額の研究費を寄付されていた事実が次々に明らかになっています。
 主任研究者の横田俊平・横浜市立大教授は1000万円、森島恒雄・岡山大教授は600万円を研究寄付金として受け取っていたそうです。さらには、データ分析した統計数理研究所の藤田利治・教授には1年間に6000万円もの巨額資金が提供されていたと言います。

 タミフルは、スイスの製薬会社「ロシュ(Roche)」が製造する経口型抗インフルエンザウイルス剤で、致死率の高い「鳥インフルエンザ」にも対抗できる唯一の薬とされています。日本は世界中の流通量の7割を買い付けていますが、その輸入販売を独占しているのが中外製薬です。

 何兆円もの莫大な販売益がフイになることを考えれば、研究者に1億や2億渡したところで痛くもかゆくもないでしょう。

 製薬大企業と政府・厚労省の癒着構造は、今まで繰り返されてきた薬害事件(エイズ、スモン、サリドマイドなど)と本質的に変わりません。国民の生命と健康を守るべき厚労省が、今回も大企業の利益を優先し、人命をないがしろにしています。

 一方でタミフルが新型インフルエンザの特効薬であることは事実です。安全な代替新薬が開発されるまでの間は使い続けなければなりません。
 いま厚労省に求められているのは、タミフルの副作用を徹底的に調査・公表し、医療現場や国民に明確な使用基準を知らせることだと思います。
 


 今朝の新聞に出ていました。昨日(27日)、松江市で開かれた自民党の決起集会での出来事です。
 柳沢伯夫厚生労働大臣が「(女性は)産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と演説したそうです。
 少子化の進行で厚労省は昨年12月、人口推計を下方修正しました。その時柳沢大臣は「子どもを持ちたいという若い人達は多い。その希望に応えられるよう、できる限りの努力をしていきたい」と話していたのです。

 少子化問題は、決して女性の責任ではありません。わが家も当初、子どもは3人ほしいと思っていましたが、結果は2人です。長男が生まれた年に消費税が導入され、その後の税率引き上げ、医療費負担引き上げ、年金改悪など、これだけ次々に庶民いじめの政治が続けば、子どもがほしくても将来の生活を考えると怖じ気づいてしまいました。

 「できる限りの努力をしたい」と言うのならば、安心して生活できる賃金、年金、社会保障を整備することが先決ではないでしょうか。厚生労働省はまさしくそれらの舵取りをする役所です。そこのトップの本音がこれでは改善は期待できそうもありません。早々にお辞めいただくのが日本の将来のためだと思います。

 ※写真は柳沢厚労相、自民党のホームページより転載しました。


 沖縄米軍が26日、嘉手納基地で地元自治体の反対を押し切り、住民の抗議の声がひびく中、パラシュート降下訓練を行いました。
 パラシュート訓練は兵士だけでなく兵器や車両も降ろします。基地を外れて民有地に降りることも多く、以前にはトレーラーが住宅密集地に落下して女の子が圧死するという痛ましい事故があったそうです。
 96年の日米合意で、訓練は伊江島飛行場だけに限ることになっていましたが、約束は簡単にホゴにされました。軍関係者は「気象条件によっては今後も嘉手納で訓練する」と言っています。
 米軍はこれまでにも98年・99年の2回、嘉手納基地で260人が参加するパラシュート降下訓練を強行してきました。
 地元では抗議集会が開かれ「これではアメリカ占領時代と何も変わっていない」「日本政府は何故抗議しないのか」と怒りの声が上がっています。

 同じ26日、通常国会開会にあたって安倍首相は「憲法改正の論議を深め(改定のための)国民投票法案の今国会での成立を強く期待する」と演説しました。国民意識から大きく外れた政治感覚しか持ち合わせない人を首相に戴いていることに不安と悲しみを覚えます。

 ※写真はWikipediaより転載しました。26日の訓練ではパラグライダーのような新型のパラシュートが使われています。

 昨年末残念ながら改悪を許してしまった教育基本法ですが、これから教育現場はどうなってしまうのか、私たちは何をしなければならないのかを考えさせてくれる紙芝居です。

 (リンクフリーの許諾をいただいていますので転載させていただきます)

   
  ●紙芝居 ももちゃんは一年生
      ~教育基本法「改正」を考える~
     http://lunatique.fc2web.com/06kyouiku/

 こうした作品をどんどん広めていきたいと思います。
≪  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ≫
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]