忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 震災被災地の東北太平洋沿岸自治体で、要介護認定のシステムが滞っていることが、共同通信社の取材で分かりました。
 私が医療支援(3/29~4/4)で行っていた岩手県大船渡市も同様でした。避難所と周辺住民の健康チェックを進める中で、新たに2人の高齢者の要介護申請が必要になり、市役所の保健師さんに相談したところ「認定審査会が開けないので正式な介護認定はできませんが、まず保健師が訪問してご本人の様子を確認し、暫定措置で介護サービスが使えるようにします」と臨機応変な対応をしてくださいました。そのおかげで一人は市内の特養に入所でき、もう一人の方は近くのデイサービスで1か月ぶりに入浴することができました。
 被災地は多くの犠牲者と甚大な被害への対応に精一杯で、通常の行政事務ができる状態ではないのです。記事にあるように、当分の間、要介護申請者にはケアマネジャー等のアセスメントに基づいて必要な介護サービスが利用できるよう、政府が特別措置すべきです。これは、厚生労働大臣が決断し官僚が一片の通知文書を発出すれば、即日実施できることで、特別な経費は1円もかかりません。


<共同通信 WEB版 2011/05/09 >

要介護申請2960件滞る 大震災で行政機能まひ

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県で、介護保険適用に必要な「要介護認定申請」が少なくとも2960件滞っていることが9日、各自治体への取材で分かった。被災による行政機能のまひが原因で、被害が甚大な15市町村では「介護認定審査会」も開けていない。今後長期間、多くの高齢者が認定を受けられない可能性も出てきた。

 被災地では避難先で衰弱し介護を求める高齢者が増加。厚生労働省は認定ができない場合、ケアマネジャーが独自に要介護度を判定する暫定ケアプランでの対応を通知しているが、専門家は「暫定プランではケアマネジャーが要介護度を低く見積もりがちで、十分なケアを受けられない懸念がある」と指摘する。

 申請が滞っているのは5月4日時点の集計で岩手県6市町の580件、宮城県14市町の1816件、福島県12市町村の564件。宮城県石巻市や岩手県陸前高田市など件数を正確に把握できていない自治体もあり、実数は2960件を大幅に上回っているとみられる。

 特に影響が大きいのは宮城県沿岸部で、意見書を作成する医師や審査会のメンバーも被災、気仙沼市、石巻市など6市町で審査会が再開できていない。

 宮城県では通常、半年から1年ごとに行う認定更新分が申請の7割を占めている。同県は今回、更新分だけでも自動的に延長を認める特例措置を政府に要請中だ。

 福島第1原発事故も重なった福島県は8町村で審査会が開けていない。警戒区域で住民が避難した大熊町は、全国に散らばった住民の避難先自治体に調査や審査を委託している。

 介護保険制度に詳しい、淑徳大の結城康博(ゆうき・やすひろ)准教授は「要介護認定には煩雑な事務作業が必要で、被災自治体にやれというのは酷だ。政府は当面は無条件の介護サービスを認める特例措置をつくるべきだ」と話している。


PR

 厚生労働省が介護保険料の若年層からの徴収を検討していると、日本経済新聞が報じています。
 現行制度の介護保険料は、65歳以上の人(1号被保険者)と、40~64歳までの医療保険加入者(2号被保険者)が負担しています。厚労省は来年4月予定の介護保険法改正に合わせて実施し、20代、30代からも保険料を徴収することで、国の財政負担を減らそうと考えているようです。
 東日本大震災の復興が焦眉の課題となる中、消費税増税に加えて介護保険料までアップしようという政府のやり方は、私には「どさくさまぎれ」に見えます。
 震災支援復興と社会保障は、本来同じ次元で論ずるべきではありません。片方を増やせば片方が減るのではなく、両方とも増やして国民の生命・健康・財産を守ることこそが、いま日本政府がすべき仕事だと思うのです。
 財源はあります。駐留米軍への思いやり経費、多国籍大企業への税金優遇、特別会計余剰金や準備金の放出など、庶民の財布をあてにしなくても、お金はあるじゃないですか。


<日本経済新聞 WEB版 2011/5/4 より転載 >

 厚生労働省は、政府が進めている「税と社会保障の一体改革」で、介護保険料を納付する対象者を40歳未満に広げる案を提示する方針だ。高齢化で介護の給付費は増え続ける見通しで、保険料を負担する人の裾野を広げ、介護保険の財政基盤を強化する狙い。税と社会保障の一体改革に合わせ、早ければ2013年度にも導入を検討する。

 税と社会保障の一体改革は、社会保障制度の再設計と税制の再構築を同時に進める目的で、政府は6月に結論を出すことを目指している。厚労省は12日にも、関係閣僚と有識者が集まる集中検討会議に介護保険の見直し案を提出する予定だ。

 介護保険の給付費は11年度予算で7.9兆円と、制度が始まった00年度(3.6兆円)の2倍以上に膨らんだ。給付費は介護サービス総額のうち利用者負担(1割)を除いたもので、給付費の半分を税金、半分は保険料で負担している。

 保険料は65歳以上は年金から天引き、40~64歳は健康保険料に上乗せする形で負担している。65歳以上の介護保険料は月平均4000円強。給付が増え続けると、さらに負担が増すため、厚労省は「保険料を負担する対象者の拡大も検討する必要がある」と考えている。

 保険料を負担する対象者の拡大は「20歳以上」「25歳以上」「30歳以上」などが検討される見通し。資産の多い高齢者の保険料増額も議論する。医療や子育てと合わせた利用者負担に上限を設ける「総合合算制度」導入も課題として提示する。

 ただ、介護保険をめぐる保険料の負担増には反発も予想される。税と社会保障の一体改革の集中検討会議でも異論が出るとみられ、調整は難航する可能性が大きい。

 厚労省は給付を減らす案も提示する方向。軽度の要介護者に対する給付減や、サービス内容によって保険対象外にする案も検討する。



 要支援は介護保険から外す、軽介護者は2割負担に、ケアプランは有料化などなど、11月25日の厚生労働省社会保障審議会介護保険部会でめちゃくちゃな「見直し案」が取りまとめられました。
 10年前「介護の社会化」をうたい文句にスタートした介護保険制度ですが、政府与党は財界の意を受けて、改悪に向けて大きく舵を切ろうとしています。
 2012年春には必ずある介護保険法改正が、国民本位・利用者本位に改正されるか、財界主導で改悪されるか、今がその分岐点だと感じています。

 しばらく「のんびり更新」のブログでしたが、少し頻度をアップします。

 この夏は、十勝も記録的な猛暑続きです。今日も正午のアメダスは32.2℃です。9月に30℃超の真夏日がこれほど連日続くのは、おそらくかつてないことでしょう。
さすがに日が暮れると急激に気温が下がるので熱帯夜ということはありませんが、天気予報では今週も晴天の日が続くそうですので、この暑さも続きそうです。

北海道は、ケッペンの気候区分で「亜寒帯」の「大陸性混合林気候」(最寒月平均気温が-3℃未満で、最暖月平均気温が22℃以上)に分類されています。
大陸性気候なので、夏は暑く冬寒いのは仕方ないのですが、今年の夏の暑さは北国の人間にはつらいですね。


 この連休、強風に見舞われた十勝地方ですが、その分、雪解けも早まったようです。
 今朝もうっすらと雪が降りましたが、このあとは雪かきが必要になるほどの降雪はなさそうです。

 自宅庭でスイセンが芽を出し始めました。最初に咲く薄紫のクロッカスの花が見られるのももうすぐです。
≪  1  2  3  4  5  6  7  ≫
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]