忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 昨日(5日)の夕方、東の空をまたぐように大きな二重の虹が出現しました。午後5時半ころから約30分、180度、半円のきれいな虹がかかり、一緒に残っていた職員としばし見とれていました。(写真は北海道新聞より)
 写真の虹は細く見えますが、実際のものはもっと幅があり、自然の雄大さが実感できました。

 帯広測候所によると、内側は通常現れる「主虹(しゅこう)」で、外側が「副虹(ふくこう)」と呼ばれるもう一つの虹。虹は太陽の光が空気中の水滴によって屈折し反射することで見られますが、太陽が低い角度から雨雲などを照らすと光が二回屈折し、このように虹が二重に現れるそうです。

 この日は、帯広付近を東に移動中の雨雲が上空を通過した際、西の空に顔を出した太陽に照らされて虹が出現したもので、「ここまでくっきりと見えるのは非常に珍しい」そうです。ちなみに、主虹と副虹では色の配列が逆になるそうですが、実際に見たときは、副虹が主虹よりもぼんやりしていたので、色が逆転しているところまでは気がつきませんでした。

 隣町からマイカー通勤しているママさんケアマネのKさんは、ちょうど帰宅時間と重なりました。二重の虹に向かって国道を真っ直ぐ東に走り、とても幻想的なドライブを楽しんだそうです。
PR
≪  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  ≫
HOME
Comment
無題
nobさん、こんばんは。
きれいですねぇ!初めて見ました。Kさんは、とってもすてきなドライブでしたねぇ♪
さき URL 2006/09/06(Wed)21:47:09 編集
nob
 さきさん、こんばんは。コメント有り難うございます。
 実物は写真よりもずっときれいでしたよ。ホントに見とれてしまうほどでした。夕方だったので、ちょうど会社帰りに見た方も多かったのではないでしょうか。自然のすばらしさを実感しました。
2006/09/09 20:58
nobさん、こんにちは。
二重の虹とは、どんなにか、きれいなことでしょう。
見れたのですね。
きっといいことがありますね。

きれいなリンクを張っていただいてたのですね。ありがとうございます。
yohko URL 2006/09/12(Tue)09:44:52 編集
nob
 yohkoさん、こんばんは。コメント有り難うございます。

 リンクは、yohkoさんのブログの背景を勝手にバナー風にリサイズして張りつけたものです。今後も気楽に遊びに来てください。
 (ご返事が遅れてごめんなさい)
2006/09/15 21:06
きれいですね
虹、しかも二重!!
うらやましいです~。
わたし空にかかる虹を一度も見たことがないのです。
いつか見れるといいな~。
TBさせていただきました☆
もぐ URL 2006/09/17(Sun)22:55:21 編集
nob
 もぐさん、こんにちは。コメントとTB有り難うございます。
 自然に恵まれた北海道でも、こんなに綺麗な虹はめったに見られないと思います。私も久しぶりに見ました。

 もぐさんのブログにある「今はたくさんの雨が降っていても、雨がやんだらきっと虹が出る。」
 いい言葉ですね。厳しい現実を悲観するのではなく、いつも心に希望を持っていたいと思います。きれいな「虹」はそのシンボルにふさわしいと思いますよ。

 こちらもTBさせていただきます。
2006/09/18 12:20
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
いつかきっと、虹を見れるヨ。
今更ですが、このブログのタイトルのこと。 なぜ虹なのかと言うと、実はわたくし空にかかる虹を見たことがないのです。 生まれてから一度も(TωT) スプリンクラーで水撒きをしているときに出てくる小さな虹ぐらいは見たことがあります。 でも、青空にかかる大きな虹は見たこ
URL 2006/09/17(Sun)22:52:22
≪  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]