忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 ひどい話です。
 天然記念物の指定が、こんないいかげんな調査で見送りになるとは、あきれてモノが言えません。
 北海道教育委員会は、もともと初めから指定する気などなく、アリバイ的に調査したのではないかと勘ぐりたくなるほどです。

 ナキウサギの天然記念物指定が、生息地域の自治体の反対によって指定見送りになるらしいとの情報を、9日の記事に載せました。
 その後、ナキウサギふぁんくらぶの方々が関係自治体に問い合わせたところ、「そんな回答はしていない」「誰が回答したのか知らない」と答える自治体が次々に出てきたというのです。

 以下は、「ナキウサギふぁんくらぶ」 のBBSからの情報です。

 「保護していく考えはない」と回答したことになっている東川町の三宅教育長本人からは、「あんなことは言っていないはずだ。天然記念物指定のことなど知らなかった。できるだけ保護しようというのが町の立場。指定されるなら、むしろ大歓迎だ。」との回答。

 このほかに、保護する考えはないと回答したとされている「夕張市」「新得町」「置戸町」「上川町」は、「いつだれがどう答えたかわからない」(夕張)「そういう表現をしたつもりはない」(置戸)といった具合。

 この報道に先立つ、9日の道新「十勝版」で、道教委の調査が電話による調査だったこと、十勝管内では「新得町」にしか問い合わせをしておらず、ナキウサギの重要な生息地をかかえる「鹿追町」や「上士幌町」などには問い合わせがなかったこと、しかも新得町でも町長や教育長は道教委の調査そのものを知らなかったことが明らかになっています。

 「ナキウサギふぁんくらぶ」 は、11日、道教委に抗議するとともに再調査を強く要求しました。
 私も、ナキウサギの地元から、応援したいと思います。

 「ナキウサギふぁんくらぶ」 → http://www.pikafan.com/fanclub/  
PR
≪  33  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  ≫
HOME
Comment
TB送らせていただきます
nobさん、こんにちは。
関係ないTBでごめんなさい。教育基本法改悪反対のweb署名のお願いを送らせてください。

第一次集約10月15日です。
教育学会の方たちが国会に届けてくださるそうです。よろしくお願いいたします。
さき URL 2006/10/06(Fri)15:45:51 編集
nob
 さきさん、ご心配は無用です。

 私のところにも転載させていただきました。
2006/10/15 18:46
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
教育学会市民賛同署名のお願い
署名のお願いです。 教育基本法「改正」情報センターが、日本教育学会歴代会長「教育基本法審議に向けての見解と要望」への市民賛同署名を始めました。第1次集約は10月15日です。 署名のご案内はこちらです。 署名フォームはこちらです。匿名も選べますので、ぜひご協力をお願いいたします!
URL 2006/10/06(Fri)15:46:25
使い捨てられた政治感応度の低いおばさん
 結局、小泉政治の支持率を維持した要因は何であったのかを考えなければならない。これだけヒドイ政治をしておきながら、何故、支持率だけは高かったのだろうか、という疑問は普通持つ筈である。  「経済格差」の拡大、「地域間格差」の拡大、「大手・下請の格差」拡大、「医療費」改悪、「生活保護」の拒否・・。この現状と小泉支持率の高位安定は何だったのだろうか。ブログで扱ってきた「格差」は幻想だったのか。  みずほ総合研究所発行の『Fole』10月号で、杉浦哲郎チーフエコノミストは「メディア報道で増幅された“幻想”が『...
URL 2006/10/05(Thu)15:17:26
貧困の中身
 7月のOECD(経済協力開発機構)報告は日本の貧困率が先進国の中で二位になったことを述べた。  これについては、8月24日付けブログ「経済格差と心の病」で整理した。  「貧困率(所得が平均の半分以下の人の割合)を見ると、次の順位となる。           18〜25歳  26〜40歳   1位:アメリカ  19%     14%   2位:日本    17%     12%   3位:イタリア  14%     11%   4位:ドイツ   14%     8%   5位:フランス  ...
URL 2006/10/02(Mon)15:53:01
未婚・不安そして消費税
 どのように官僚・政府が御用学者を使って「格差」はないと言い張っても、現実に身の回りでこの「格差」は様々な打撃を庶民に行使している。平然と「競争原理」は重要と言うことによって「格差」に耐えろと言いたいようである。  朝日新聞(8月18日付け夕刊)は、30〜40代結婚しない男の理由を「『相手』『経済』恵まれず」という見出しで掲載した。結婚情報会社(オーエムエムジー社)の1200人ネット調査を発表したものである。  これによると、未婚理由がきままなシングル生活を楽しむためではなく、「適当な相手がいない」「経...
URL 2006/09/28(Thu)16:43:19
≪  33  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]