忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 ナキウサギは、国内では北海道にしかいない希少生物です。氷河期の「生き残り」とされ、大雪山系や日高山系などの岩場にすみ、十勝では北部・西部の山岳地帯が生息地域です。
 近年、道路建設や山林伐採などにより生息環境が年々悪化してきたため、個体数が推定3万2千~1万6千匹程度に減少しています。人工飼育や繁殖は非常に困難で、全国どこの動物園にもいません。

 札幌の環境保護団体 「ナキウサギふぁんくらぶ」 が昨年11月、文部科学大臣にナキウサギを国の天然記念物に指定するよう求める要望書を署名4万3千筆とともに提出しました。そこで、文化庁が、大雪山系など生息地域を抱える自治体の教育委員会の意向を取りまとめるよう、北海道教育委員会に求めていたのです。

 ところが、それらの教育委員会が道教委に「積極的に保護する考えはない」などと答えたため、ナキウサギの天然記念物指定は見送られる公算が大きくなったといいます。(北海道新聞 2006.9.9)

 自治体のこうした回答の背景には、ナキウサギが天然記念物に指定されると、周辺地域での開発行為の足かせになることを懸念しているとの見方もあります。

 たしかに、北海道は、基幹産業の農林漁業が厳しい環境に置かれているうえ、頼みの綱の開発予算削減が重なって、存続の危機に瀕している自治体があるほど経済の地盤沈下が深刻です。どの自治体も何とか地域振興をはかって、活気あるまちづくりをしたいと願っているでしょう。
 「天然記念物は結構だが、制限を押しつけられるばかりではたまらない」というのが本音なのかも知れません。

 天然記念物の生息域をかかえた自治体には、地方交付税を目に見える形で増額交付するなど、国が自治体の努力をしっかり下支えするしくみにできないのでしょうか。そうしなければ、このジレンマは今後も繰り返されていくと思います。

 希少動物を守る運動は単なる趣味や道楽の範疇ではないと思っています。ナキウサギを守ることは、自然の生態系を守ることです。そしてそれは人間が健やかに暮らせる環境を守ることにつながります。
 「人と自然の共生」をめざすことこそ、観光立国・北海道の進むべき道ではないかと思います。人間も自然の一部であることを忘れてはいけません。


 「ナキウサギふぁんくらぶ」 のサイトもご覧下さい。
  → http://www.pikafan.com/fanclub/ 
 ナキウサギの愛らしい写真が満載です。引き続き全国で展開している署名用紙も入手できます。
PR
≪  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  ≫
HOME
Comment
取り返しつかない
お金を生み出さないものには徹底的に冷たい国のやり方には納得いきませんよね。廻りまわって自分達の為になるってことがわからないような全体を見る力がないおバカさんが多すぎます。開発の為にどれだけの価値を台無しにしたか本州を見れば一目瞭然です。文明を進めるたならナニをしようが勝手だという人間は、きっとつまづく。
りでお URL 2006/09/15(Fri)22:12:56 編集
nob
 りでおさん、こんばんは。コメント有り難うございます。

 「ナキウサギふぁんくらぶ」さんのその後の活動によって、道教委の聞き取り調査自体、不十分だったことが明らかになりました。ちゃんと指定されるよう、今後も運動が必要だと感じました。
2006/09/17 17:50
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
ナキウサギの天然記念物指定が見送りへ
ナキウサギの天然記念物への指定が見送られる公算が大きくなったそうだ。理由は地元
URL 2006/09/10(Sun)19:00:13
天然記念物への道程「ナキウサギ」
先日、北海道新聞の一面に出たので、ご存知の方も多いかと 思うのですが、ナキウサギの天然記念物指定が見送られました。    ナキウサギってなに? というあなたは、こちらを。。。 ≪ナキウサギふぁんくらぶ≫
URL 2006/09/10(Sun)14:59:00
≪  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]