忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 広大な空がアメリカに占領されているとは知りませんでした。
 東京を含む1都8県に広がる「横田空域」です。米軍横田基地が航空管制しているため日本の飛行機は許可なく立ち入ることが出来ません。
 図のように、羽田から西日本に向かおうとする飛行機は、ヒマラヤ山脈並みの5500メートルの高さを乗り越えて飛ばなければならないのです。(図は東京都知事本局HPより転載。クリックすると大きくなります)
PR


 ルイ・アームストロングが、ベトナム戦争のときに歌った「What a wonderful world!」

 北朝鮮の核問題で緊張が高まっている今、聴いてみると、この歌に世界平和を願うメッセージを感じます。
     → こちらで聴けます。「What a wonderful world!」


 yohkoさんのブログに、歌詞と訳詞が掲載されていますのでご紹介します。


 早瀬沙樹さんのブログから転載です。
 (写真は沖縄米軍・第3海兵遠征軍の訓練風景)

-----<引用ここから>--------------------------------------

 6日夜の名古屋での平良夏芽さんの講演会で、平良さんが「沖縄に居ると『また新しい戦争の開戦前』であることが分かる。湾岸戦争のとき在沖米軍の戦車などは灰色に塗られた・・・灰色が迷彩になる地域-砂漠地帯-が主戦場になることが分かった。今、在沖米軍の戦車などは緑色に塗られている」
とおっしゃいました。

 在日コリアンのRさんは「(母の国である)日本が、(父の国である)朝鮮を攻撃する、その日が迫っている」という趣旨のことをおっしゃっていました。

 「安倍内閣の成立を許して、日本人は新たな朝鮮戦争に加担した」ことになるのでしょうか?
 何とかして新たな戦争を止めたい。

-----<引用ここまで>--------------------------------------


 私のブログのサイドにある詩「勇気」の作者・早瀬沙樹さんから、教育基本法反対のWeb署名のお知らせをいただきました。
 首相がA級戦犯の末裔である安倍氏に代わり、憲法と教育基本法の「改正」を第一課題に掲げています。日本の政治が戦前の暗黒時代に回帰していくのではないかと非常に気になるところです。

 このWeb署名は、10月15日までに全国1万人の反対の声を結集し、教育基本法特別委員会の国会議員に提出しようという運動です。平和と民主主義、未来の日本を担う子どもたちの教育を守るために、ご協力をお願いします。(写真は10月3日、衆議院で開かれた教育基本法改悪反対院内集会の様子)

 この署名の詳細について、早瀬沙樹さんのブログから転載します。


 小泉首相が靖国神社を参拝しました。A級戦犯が「神」としてまつられている靖国神社。首相が終戦記念日に参拝するのは21年ぶりだそうです。中国や韓国をはじめ東南アジア諸国から強い非難を受けながらも、靖国参拝を強行した小泉首相のねらいは何だったのでしょう。
 靖国神社は、「神社」と名乗っているものの、全国各地にある氏神様をまつった神社とは性格がまったく違います。かつては「東京招魂社」といい、戦死者を「神」としてまつりその武勲を讃える「戦争推進のための社」でした。
 小泉首相の言うような「戦没者への哀悼」の施設ではありません。
≪  1  2  3  4  5  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]