忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 ブログを引っ越したため、以前の記事がなくなったとお叱りをいただきました(同僚からの指摘です)。見たいときに見られないのは良くないとのご指摘、確かにその通りです。元のブログも残っていますが、こちらにもアップすることにしました。
 以前ご覧になっていた皆様には、再放送のTV番組のようで申し訳ありませんがご容赦ください。なお、旧ブログは今でも こちら に残してあります。

(画像はクリックすると大きくなります)

------------------------------------------------------------------
 昨年11月、東京に出張する機会があり、以前からずっと気になっていた靖国神社に立ち寄ってきました。

 地下鉄の九段下で下車し西に少し歩くと、左手に日本武道館のタマネギ型の屋根が見え、右前方に第1鳥居(高さ25m)があります。「なるほど大きな神社だな」と大鳥居を見上げました。

 参道は石畳の部分だけでも幅20m以上、本殿までは優に400mはあります。途中には過去の戦争を顕彰する祈念碑や陸軍創設者の銅像、軍馬・軍犬の碑などが並んでいます。
 小泉首相が公式参拝のときに車を横付けしたのは写真奥の第2鳥居前です。
      

 拝殿です。一般の参拝者はここまでです。さらに奥に本殿があり、閣僚をはじめとしたVIPがモーニングを着てお参りするそうです。昨年秋に小泉首相が参拝したのは、こちらの拝殿。平服の背広姿で拝殿までしか行かなかったのは内外の批判をかわすためでしょうか。




 拝殿の隣にある戦争博物館の「遊就館」が靖国神社の本質を端的に現しています。神社の説明によると、
 「我が国最初で最古の軍事博物館として開館した遊就館は、時にその姿を変えながらも一貫したものがあります。一つは殉国の英霊を慰霊顕彰することであり、一つは近代史の真実を明らかにすることです。近代国家成立のため、我が国の自存自衛のため、更に世界史的に視れば、皮膚の色とは関係のない自由で平等な世界を達成するため、避け得なかった多くの戦いがありました。」
 つまり、過去の戦争は「自由で平等な世界をつくるために、やむを得ず自衛のために戦ったものである」という認識です。     



 遊就館展示室は撮影禁止のため写真はとれません。唯一許可されているロビーに実物を復元したゼロ戦がありました。

      
 となりには、沖縄戦で使われた大砲が2門。
  
 館内には大小20以上の展示室があり、古くは戦国時代の日本刀や鉄砲、明治維新前後の内戦、日清・日露戦争から第二次世界大戦(遊就館では「大東亜戦争」とよんでいます)までの兵器や遺品、勲章、軍服などが展示されています。大型展示室には戦車や特攻機、人間魚雷まで復元してあり、説明板にはそれらの兵器がいかに活躍したか(つまりはどれだけたくさんの外国人を殺傷したか)が記されていました。

 私の心に一番強く残った展示は従軍看護婦のものでした。寒い中国大陸の戦場で着用されていたのでしょうか、濃緑色の厚手のコートに帽子、赤十字が縫いつけられた大小2つの白い布カバンをたすき掛けにして小柄なマネキン人形が立っていました。この軍服を着ていた看護婦さんは生きて帰国できたのでしょうか。もの悲しい表情の人形を見ていると、私の職場の看護師さんや中3の娘の顔が次々に浮かんできて胸が痛くなりました。

 広島・長崎・沖縄などの平和資料館と異なり、ここには「ふたたび戦争の過ちを繰り返さない」という言葉はどこにも見あたりません。
 それどころか、勇ましい軍艦マーチが流れ、戦争を賛美するビデオが上映されて、兵士がいかによく戦い死んでいったかが何度も何度も繰り返し印象づけられるようにつくられています。

 靖国神社では、「戦争を知らない世代にこそ、この真実を知ってほしい」と遊就館の見学を推奨しています。
 しかし靖国神社の「真実」とは、侵略戦争を「正義の戦争」と言い換え、「御国のために命を捧げる尊さ」を青少年に植えつけようとするものではないでしょうか。

 靖国神社は憲法9条と180度反対側にあります。神社の存在自体は憲法違反ではありませんが、戦争を賛美する施設に 国家を代表する首相をはじめとした閣僚が参拝する行為は 憲法違反だと思います。
 公式参拝に対して、戦争で侵略された側のアジア各国から激しい非難の声があがっていますが、それを「内政干渉」「妄言」などと切り捨てるのはとても卑怯で恥ずかしいことではないでしょうか。

 靖国神社には、歴史の真実を直視したくない人々の 憲法改悪に執念を燃やす原点があります。

 ●遊就館 http://www.yasukuni.jp/~yusyukan/index.html
 ●靖国神社 http://www.yasukuni.or.jp/index2.htm
PR
≪  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  ≫
HOME
Comment
無題
 nobさん、おはようございます。
soraの出身高校・大学は靖国神社のすぐそばにあり、友人の多くは神社の中を横切って通学していました。 一度だけテレビ取材の方に「靖国神社」をどう思われますか?という質問を受けたことがありました。でもその当時、ただの大きな神社としか認識がなくそう答えた記憶があります。
今、思うとなんて無知だったのだろう・・と赤面ものです。
 遊就館も一度見学をしたことがあります。ゼロ戦をはじめ様々な展示物に目を背けたことを思い出します。
 時代にあわないからと憲法が改正されていくのはわからなくないですが、平和を願うことはいつの時代になっても変わらないことと信じています。そう考えると安易に9条を改正するという案はいかがなものか・・と思うのであります。
sora 2006/04/23(Sun)06:12:18 編集
nob
soraさん、おはようございます。ご返事が遅れてすみません。
東京ご出身で靖国神社のそばで学生生活を過ごされたのですね。地元に住んでいらっしゃる方々にとっては「大きな神社」でしょうし、緑の少ない都心の貴重なオアシスなのでしょうね。結構なことです。
でも、それを戦争賛美の道具にして政治利用しようとする人たちがいることはとても残念です。
靖国神社が、二度と戦争を起こさないための平和のシンボルになる世の中が来るといいですね。
2006/04/29 06:53
ありがとうございました!
nobさん、コメントとTBとご賛同、どうもありがとうございました!いつもヒロミさんのブログで拝見しておりました。そうですね!力を合わせてがんばりましょう!これからもよろしくお願いいたします。
さき URL 2006/04/29(Sat)19:56:13 編集
nob
 さきさん、こんにちは。コメント有り難うございます。
 さきさんのブログのトップの言葉がとても気に入っています。
(→http://blue.ap.teacup.com/paletoutseul/)
 次から次へと日本を悪い方向に持って行こうとする動きが強まっていますが、戦前の暗黒時代に逆戻りさせないよう、気づいた私たちが、いま声を上げていかなければならないと思っています。
 戦争で自分や家族の命が危険にさらされるのを望む人はいません。一見私たちが少数派に見えることもありますが、国民の願う方向から見れば私たちが多数派です。平和と民主主義を守るため、少しずつ仲間を増やしながら、ねばり強く頑張りましょう。
2006/04/30 11:34
わたしも行ってきました!
nobさん、こんばんは!
わたしも昨日、靖国神社に行ってきたのでTBさせてください~。
ヒロミ URL 2006/04/30(Sun)22:59:30 編集
nob
 ヒロミさん、おはようございます。
 靖国神社レポート、その1、その2、読ませていただきました。
 私のレポートよりもずっとわかりやすく書かれていて、すばらしいですね。読みながら「あっそうそう、こんなのあったよねー」と何度も思いました。その3「遊就館」、楽しみにしています。

 ニュース報道の件、私も同感です。以前マスコミ関係の方に聞いたことがありますが、取り上げる視点は「話題性があるかどうか」が相当大きな要素だそうです。だから、国会で悪法が成立した直後、話題性が高まったところで、以前から取材して貯めてあった「問題点」「矛盾点」を一斉に報道するようですね。
 確かに全く報道しないよりはいいですが、そこで反対世論が盛り上がってもすでに「後の祭り」状態ですよね。政府にとっては痛くもかゆくもないでしょう。「御用マスコミ」と揶揄されるゆえんなのかと思います。
2006/05/04 06:26
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
靖国神社「遊就館」
写真は、靖国神社「遊就館」正面  靖国神社「遊就館」は、前回も延べたように軍事博物館である。 武器や武具を歴史的に展示してある。  尤も、武器や武具の歴史的展示は、ここに限らず、全国のお城の中に博物資料として展示してあるので、これが故に軍国主義であるとは言わないようにしよう。  この数年訪れた中部ヨーロッパ諸国でも、お城には必ずと言っていほど、武器や武具の歴史的展示がある。昨年見た、ウィーンホーフブルグ宮殿の武器博物館は圧巻であった。ヨロイ・カブトの類が古代から近世まで保存状態良く展示してあった...
URL 2006/09/15(Fri)21:34:18
留学生と靖国神社に行ったよ その1
はう~今週は忙しかったです~。 というわけで、久しぶりの更新 昨日は、留学生と一緒に靖国神社を見てみよう!という平和ツアーに参加しました。 韓国の李(たぶんこの字だと思う…)さんという女性の留学生が参加してくれて、あとは学生を中心に、日本の若者が参加し...
URL 2006/04/30(Sun)22:56:24
教育基本法改悪反対web署名にご協力ください
<転載大歓迎です!> 自民、公明両党は、昨日、教育基本法「改正」案を了承しました。政府は、28日に閣議決定し、国会に提出することを決めました。 子どもたちを国の道具にしようとする教育基本法改悪に、私は絶対に反対です。憲法と教育基本法をどうしても守りたいという思いからブログを始めて1年余り、ずっとこの危険を訴えてきましたが、いまや教育基本法は瀕死の状態です。このままでは、本当に、国民が議論の過程も知らされず、ほとんどの人たちが今この法案が上程されかけていることさえ知らない状況の中で、一部の人たちの強硬な思惑だけで改悪されてしまいかねません。 毎日国会議員の方々に、改悪反対のメールを送っていますが、何かほかにもできることがないかと思い、このお願いを書いています。もうすでに署名をしてくださった方々もいらっしゃることと思いますが、教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会で、改悪反対のweb署名ができます。ハンドルネームでOKです。たとえネットの中であっても、反対の声をはっきりと目に見える形で示し、それが大きな数字となれば、改悪への流れを止める力になるのではないでしょうか。 本当に改悪を止めることができるかどうか、わかりません。けれど、今、もうすでにがんじがらめに縛られている子どもたちの辛い思いを知ろうとしない人たちが、権力にまかせて、このうえさらに鉄の鎖で締め上げようとしているのを黙
URL 2006/04/27(Thu)15:42:44
≪  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]