忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 小泉首相が靖国神社を参拝しました。A級戦犯が「神」としてまつられている靖国神社。首相が終戦記念日に参拝するのは21年ぶりだそうです。中国や韓国をはじめ東南アジア諸国から強い非難を受けながらも、靖国参拝を強行した小泉首相のねらいは何だったのでしょう。
 靖国神社は、「神社」と名乗っているものの、全国各地にある氏神様をまつった神社とは性格がまったく違います。かつては「東京招魂社」といい、戦死者を「神」としてまつりその武勲を讃える「戦争推進のための社」でした。
 小泉首相の言うような「戦没者への哀悼」の施設ではありません。


 第二次世界大戦では、「戦争で死んだら靖国神社で神様になれる」と教え込まれ、死を決意した神風特攻隊の出撃の合言葉は「(靖国のある)九段で会おう」だったといいます。靖国神社は、その成り立ちから国民を戦場に動員する役割を持った特殊な神社なのです。

 さらに問題なのが、1978年10月のA級戦犯合祀です。この年就任間もない第6代宮司・松平永芳氏が、秋の例大祭で行う合祀儀式でA級戦犯14人を加えました。しかし政治問題になることを恐れて公表されず、関係職員には緘口令がしかれたそうです。

 日本を悲惨な戦争に導き、数百万人もの尊い命が犠牲になった責任を問われた「A級戦犯」の合祀は、戦没者の遺族にさえも、ましてや国民一般には何も知らされないまま強行されました。

 「やすくに大百科」という公式リーフレットに、A級戦犯合祀についてこう書いてあります。「戦後、日本と戦った連合軍(アメリカ、イギリス、オランダ、中国など)の形ばかりの裁判によって一方的に“戦争犯罪人”という、ぬれぎぬを着せられ、むざんにも生命をたたれた」方々、「これらの方々を『昭和殉難者』とお呼びして…すべて神さまとしてお祀り」しているという説明です。



 ここには、靖国神社の戦争観=「靖国史観」が現れています。
 つまり、日本には戦争犯罪などなかったのだ、敵である連合軍が一方的な裁判で押しつけた濡れ衣だ、中国や韓国が文句を言うのは的はずれ、A級戦犯を神さまとして合祀するのは当然、外国が日本のことに口を出すな、ということでしょう。

 小泉首相の靖国神社参拝は決して1個人としての参拝ではありません。「8月15日にどんな批判があっても必ず参拝する」という5年前の公約を実行したのですから、「首相としての公式参拝」そのものではありませんか。3万円の玉串料をポケットマネーから出そうが、神道形式をとらずに一礼だけですませようが、その事実はごまかせないのです。

 「戦没者の追悼」のふりを装いながら、A級戦犯を祀り日本の戦争責任を全面否定する靖国神社に、終戦記念日という特別な日を選んで、首相が公式参拝するということの重大さ、アジア各国から激しい非難が集中し外交交渉がより困難になるであろうことを、小泉氏本人がわからないはずはありません。

 今回の行為は、首相みずからが、戦争犯罪そのものを否定する靖国史観に立っていることを示しています。そして、憲法9条改悪で「戦争できる国」めざす政権与党の姿勢を国内外に強くアピールすることによって、秋の総裁選挙で首相の座につく人物が、今までの路線を継承していきやすいように露払いをしたと私は見ています。
PR
≪  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  ≫
HOME
Comment
TBありがとうございました
トラックバックありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
大津留公彦 URL 2006/08/15(Tue)18:17:53 編集
nob
大津留さん、こちらこそ、よろしくお願いします。
2006/08/16 00:45
こんにちは
nobさま。美浦@「ニュース・ワーカー」管理人です。TBありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。
news-worker URL 2006/08/15(Tue)19:17:38 編集
nob
美浦さん、こちらこそよろしくお願いいたします。
2006/08/16 00:45
TBありがとうございました。
多分小泉さん始め閣僚の方々は「靖国神社」っていうものの本質・意味を知らないんでしょうね。ですが、知らないからでとおるような問題ではありません。違う意味でみんなが見つめてしまった今日をにがにがしく、情けなく思います。
りでお URL 2006/08/15(Tue)19:32:19 編集
nob
りでおさん、コメントありがとうございます。

ほんとうに苦々しい一日でしたね。
2006/08/16 00:47
無題
nobさん
nobさんの記事、非常に読みやすく、内容も全て同感です。私は自衛官の教育課程に仕事の関係で関わったことがあるのですが、この靖国史観や、靖国の価値のようなものを教育していました。こんなものに、国が関わっていくこと自体が非常に危険だと強く思います。
DANZO URL 2006/08/15(Tue)20:37:17 編集
nob
DANZOさん、コメントありがとうございます。
また、お褒めの言葉までいただき有り難うございます。
やはり自衛官の教育課程には「靖国史観」が入っているのですね。
自衛隊と言っても軍隊である以上、それを担保する価値観がなければ任務(戦争)を遂行できないからではないでしょうか。
2006/08/16 00:52
コメントありがとうございました
靖国神社参拝と愛国心教育を強行しようとする教育基本法改正は、根っこが同じと見ています。
戦争が始まりそうなときに「反対」と口に出さなければ、始まってから言うときにはそれだけで犯罪者になりかねませんね。
ふぅぅ。
ゆうやけぐも 2006/08/15(Tue)22:00:55 編集
nob
 ゆうやけぐもさん、コメント有り難うございます。

 憲法改悪、教基法改悪、靖国参拝、すべて根っこはつながっていると私も思います。

 このブログの左サイドにも掲載させていただいていますが、早瀬沙樹さんの「勇気」という詩に私は共鳴しています。

    「勇 気」
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹)       


私は、今が「戦争が始まりそうなとき」だと思っています。
2006/08/16 01:01
TB・コメントありがとうございました。
ええ・・ココログ「未来」の管理人です。コメント・TBありがとうございました。わたしはどうしたら「世界平和」に未来がなれるだろうかといつも考えます。そして靖国参拝は明らかに宗教行為であり、崇拝行為であると思います。日本のトップがこれでは将来は暗い気がしてなりません。もちろん諦めませんが。
吉祥天女 URL 2006/08/15(Tue)22:58:53 編集
nob
吉祥天女さん、コメントありがとうございます。
世の中が良くなるよう、あきらめずに頑張っていきましょう。
2006/08/16 01:03
TB
TBとコメントありがとうございました。
kusukusu URL 2006/08/15(Tue)23:26:15 編集
nob
kusukusuさん、今後もよろしくお願いします。
2006/08/16 01:04
無題
東京でつぶやいている「かわうそ」と申します。あらためて、初めまして。
わざわざごあいさつをいただき、ありがとうございました。
昼に靖国神社を覗いてきましたが、軍服を着て模造銃を担いだ人たちとか、行動服に身を包んだウヨな方々とかでごった返していて、本当に異様な雰囲気です。
そんななかで、一見フツーの若者もけっこういるのを見ると、「靖国史観」を克服して戦争に反対する声をどう若い世代で広げていくか、もっと知恵や力を出していかなければ、と感じます。
今後とも、よろしくお願いいたします。
かわうそ URL 2006/08/15(Tue)23:56:20 編集
nob
かわうそさん。ようこそおいで下さいました。

戦争反対の世論がもっともっと大きくなるよう、頑張りましょう。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
2006/08/16 01:06
TBありがとうございます!
確信犯ですよね~あれは。
公用車使って行ったんだから、公式参拝ですよね~。
韓国の留学生が言った言葉を思い出します。
「日本人として、人間として、戦争そのものをどう考えるのかっていう問題だと思う」って。
もぐ URL 2006/08/16(Wed)00:14:17 編集
nob
もぐさん、コメント有り難うございます。

確信犯だと思いますよ。日本を代表する政治家がああいうことを平然とすることが嘆かわしいですね。
2006/08/16 01:09
無題
nobお久しぶりです。
分かりやすく靖国史観が書かれていますね。素晴らしいです。
その上、行動することで、更にトラックバックを張られたりして前進を目指されていることにも、賞賛を送りたいと思います。
こちらを、私のブログにも引用させていただきましたのでよろしくお願いします。
yohko URL 2006/08/16(Wed)09:25:18 編集
nob
yohkoさん、こんばんは。コメント有り難うございます。
ブログでご紹介いただき、合わせて御礼申し上げます。

今回のようなことがあると、改めて、平和や民主主義について考えさせられます。
今後もよろしくお願いします。
2006/08/16 18:03
無題
TBどうもありがとうございました。
私は中学のときに靖国神社と遊就館を見学したことがありますが、かなり前で記憶もあいまいですし、あれからかなり展示内容もかわっていると思われるので、とても参考になりました。
「靖国史観」には、統一協会のようなカルト宗教と類似の危うさがあるのだなと思いました。
ハムニダ薫 URL 2006/08/16(Wed)10:33:00 編集
nob
ハムニダ薫さん、コメント有り難うございます。

韓国から見た日本の様子を教えて下さい。
また、お伺いします。
2006/08/16 18:05
公的も私的も…
どうも。もーちゃんです。
TBをありがとうございました。

大方の予想通りの行動でしたね。

首相の靖国参拝が公的か私的かという議論がしばしばなされますが、そういう分け方をすること自体ナンセンスだと思います。国会議員、ましてや首相という身分では私的な部分などありえません。
たとえ玉串料はポケットマネーだったとしても、公用車を使った警護付きの行動はどう考えても私的という解釈には至らないでしょう。

公式参拝に対する大阪高裁の違憲判決をものともせず、アジア諸国との関係悪化という国益を損ねる行為を、自身の歪んだ信念を貫くために選ぶというのは、政治家として失格という他はありません。

もっとも、韓国や中国は比較的冷めた見方をしているようですね。小泉はもはや“過去の人”ということなのでしょうか。

安倍ではさらにこの国が危うくなるのですが……。
もーちゃん URL 2006/08/16(Wed)15:17:08 編集
nob
もーちゃんさん。コメントありがとうございます。

ご指摘のように、首相の靖国参拝は公的以外の何者でもないと思います。
小泉首相は一国の宰相としての自覚がないとしか思えませんね。
2006/08/16 18:09
抵抗の日
 8月15日の夜になって、小泉の靖国参拝は、いよいよ新たな時代の始まりと自覚しました。それも真っ暗な時代。
 平和憲法を変え、天皇の靖国への公式参拝を定式化するための新たな法律を作り、結局、太平洋戦争は侵略戦争ではないことを国家を挙げて主張しようとするものです。それ故、日の丸・君が代そして教育勅語を子供たちに教えることにより、庶民を国民にし、愛国心を持たせ、お上に楯突く庶民を排除することに成功する。
 この第一歩が小泉靖国参拝です。
 これに向けて、何があっても抵抗し続ける私の覚悟を決めた日でした。何があっても私のブログで言葉でも抵抗し続ける覚悟を込めた日でした。
morichan URL 2006/08/16(Wed)19:15:17 編集
nob
morichanさん、こんばんは。コメント有り難うございます。

頼もしい決意表明で、私も勇気がわいてきました。
相手は大きいですが、戦っているのは1人ではありません。
たくさんの良識有る方々が、ブログで、街頭で、職場で、この話題を広げてくれています。みんなで力を合わせていきましょう。
2006/08/16 19:22
初めまして
こんにちは。
こちらのブログを拝見して、安心しました。最近、参拝賛成という人が多い気がします。ただの実感にすぎないのですが。
同級生の弁護士ですら、小林よしのりのマンがを見て感激しているし(>_<)マンガの影響力はすごいですね。彼には、憲法は勉強しなかったのかよと言いたくなります。
また、来ますね。
真奈 2006/08/17(Thu)12:05:38 編集
nob
真奈さん、こんにちは。コメント有り難うございます。
こんなブロクで良ければ、気が向いたときにお立ち寄りください。

>マンガの影響力はすごいですね。
同感です。たしかに影響力は大きいですが、私には絵心がありませんのでマンガでは対抗できません。そこで、こうしてブロクに書いたり、街頭で訴えたり、職場や集会で話したりすることで自分の考えを伝えるようにしています。それぞれの方々ができることを積み重ねることが大切だと思っています。
今後もよろしくお願いします。
2006/08/17 12:39
中国・韓国の反発は単なる外交カード
どうも、ないちょです。
小泉首相が靖国神社を参拝して国の内外でいろいろ物議を醸していますが・・・。

なんにせよ、中国・韓国は外交カードとして歴史問題を持ち出しているのであり、それほど問題にすることはないのではと思います。実質なんら大きな実害がない状況で騒ぎ立てることもないと思いますが・・・。
むしろ、小泉首相は意図的などうかは議論の余地があるものの、中国・韓国などの特定アジアに対する日本の外交姿勢を転換したという点では小生はそれなりに評価しています。

先の大戦が侵略戦争という意見の方がこのブログでは大半だと思いますが、侵略かどうかについて単純に判断できないと小生は思います。侵略性が全くなかった聖戦であったとは申しませんが、当時の日本のおかれた状況や国際関係など様々な要因を考慮して、是々非々で考えなければならないと思います。単純に情緒的な判断では本当のことはわからないと思います。小生はあの当時の状況で日本は戦争というオプション以外には選択の余地はなかったのではと考えています。戦争したがったのは日本ではなく、むしろアメリカのほうだったということも付記しておきましょう。

それから、大阪地裁で”違憲判決”は出ていません。あくまで、”違憲判断”の意見が判決に付記されたに過ぎません。
その証拠に、原告の訴えは退けられています。もし”違憲判決”ならば原告の主張を認めたことになり、一審判決を破棄しなければなりません。しかしそうなってませんよね?
そのあたりは誤認なきよう。

それでは。
ないちょ URL 2006/08/18(Fri)21:54:17 編集
nob
 ないちょさん、こんにちは。コメント有り難うございます。

 私は「聖戦」とか「やむを得ない戦争」などどんな言い訳をしても、組織的暴力としての「戦争」の本質は変わらないと思います。
 戦争で死傷するのは兵士だけではありません。何の罪もない子どもを含めた非戦闘員がまきこまれ犠牲になるのが戦争です。「正しい戦争」などあり得ないと思っています。
 枝葉末節の議論ではなく、歴史の大きな流れの中から教訓を学びとり、二度と日本を戦争の道に進ませない努力をしたいと思います。
2006/08/19 10:42
靖国神社について
靖国神社参拝反対者が6割というアンケートに対して憤りを感じている人も一部
にはいるようですが参拝しないことが、神風に散った若者や集団自決した女学生を
無視することになるから、参拝すべきだということになるのでしょうか。先祖崇拝や
民族愛のために、多数の外国人を殺傷した太平洋戦争の開戦・指導したA級
戦犯が埋葬されている神社に参拝することは、戦争を肯定することになる、再び
悲劇を繰り返すことになるから僕は参拝しません。首相も参拝すべきではないと考
えます。一国の総理大臣という国家の公的立場にある人は宗教的に中立でなければ
ならないのです。閣僚やその他の公務員とて同じことであります。それに靖国神社
はかつての戦争を正義の戦争であったとして日本の中国侵略を美化・正当化する宗
教団体であり、認めることはできません。首相の靖国神社参拝に反対です。代議士
が参拝しても問題になると思います。自民党代議士の中には平然と靖国神社に参拝
する人がいますがあまりにも無神経だと思います。中国や韓国、北朝鮮、それから
東南アジアの国々に対して失礼であるし、戦場で死んだ若者や民間人に対する追悼
は靖国神社参拝しなくてもいいのです。むしろ二度と戦争をしないと誓った憲法9条を
守って、非武装中立を目指して護憲運動に身を投じることの方が先祖の供養になると
考えます。これこそが真の民族愛であります。
金山裕之 2006/08/26(Sat)23:30:50 編集
nob
 金山裕之さん、初めまして。コメント有り難うございます。
 8月15日の小泉首相靖国参拝は、現政権の姿勢を端的に現していると思います。また同時に、多くの国民が、戦争と平和の問題について考えさせられるものでした。
 日本を再び戦争できる国にしないために、一緒に憲法9条を守っていきましょう。
2006/08/27 06:53
コメントおよびトラックバックありがとうございます
中年SEですが、ブログ初心者のため、コメント、トラックバックにたいする正しい対応などよくわかっていない次第です。今後も日々の怒りを持続し、冷静に書き続けていきたいと思っています。
アンドレ・アカシ URL 2006/09/03(Sun)01:10:30 編集
nob
 アンドレ・アカシさん、こんばんは。コメント有り難うございます。またお伺いします。よろしくお願いします。
2006/09/03 20:37
こんにちは。
映像ドキュメント研究会http://survival.org/index.htmlで、靖国神社見学のドキュメントを見たのですが、国のいちばんえらい人たちの歴史観をなげいておられました。
政府と靖国神社の関係が切れてくれたらいいと思うよ。
m-maki URL 2007/05/09(Wed)12:24:17 編集
nob
 m-makiさん、コメント有り難うございます。
 私も同感です。
2007/05/18 20:05
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
ブラウザブックマーク
再びnobさんのこの記事を読んでいて思い浮かんだ日本国憲法の箇所 20条の3項 私もねぇ。 人に説明できると...
URL 2007/05/09(Wed)13:09:28
あの戦争は「国のため」だったか(首相の靖国参拝はあたりまえか④)
最終的にはすべての問題は、靖国神社に祀られているのは「国のために」戦った人なのだろうか、そしてあの戦争の目的は国を守ることだったのかということに行き着く。 このシリーズ1回目でも書いたように、あの戦争で日本の軍隊は戦場で日本の国民を守らなかった。満州などで見捨てられた人々は中国残留孤児となり、沖縄では自国の軍隊に殺された国民もいた。沖縄の日本軍は何を守ったのか。自決した部隊、国民にとって、命を捨ててでも守らなくてはならないものとは何だったのか? 「いにしえより継続する美しき日本」なるものか?  それではそ...
URL 2006/09/03(Sun)01:02:41
8月15日に考えたこと
15日は多くの方々がきちんとした記事を載せておられて、首相の靖国参拝について、とてもわかりやすく解説してくださったTBも頂いています。私はみなさんの記事を拝見して、勉強させていただく方なので、この件について何か特別なことが書けるわけではないのですが、あの日考えたことを残しておくという意味で、記事にしなければと思っていました。いつもそうなのですが、感情が強すぎると言葉になりません。それで、今頃になりましたが、一応掲載させていただきます。ご一読頂けましたら幸いです。 14日の夜はよく眠れませんでした。NH...
URL 2006/08/26(Sat)09:57:49
靖国神社と戦死者の追悼について
靖国神社について他で議論したら少し、思考が整理されたので、まとめてみます。 まずあの戦争をどうとらえるのかということですが、過去の戦争について考えるのは、今の視点からではなく当時の視点で考えてみることが必要かもしれません。 僕らはあの戦争が負けて悲惨な結果に終わったことをすでに知っていますが、リアルタイムにそこで生きていた人はそうではなかったし、そこにはある側面では「正義」の論理があったのかもしれません。 つまり、当時、「靖国で会おう」と誓いあって戦場で散っていった多くの兵士たちがいたことは事実です。 ...
URL 2006/08/18(Fri)02:34:49
「右傾化する日本の若者たち?」ポリティーク(vol11)
 今年の夏は本当に暑い。それなのに私は明後日から沖縄へ行く。しかも天気予報からすると台風とぶつかるらしい。どこまでついてないんだと思うが、まあどちらにしてもゆっくりと沖縄の歴史と海を堪能してこよう(楽しみだなぁ)
URL 2006/08/17(Thu)05:31:17
小泉首相、靖国参拝 8/15
小泉首相、靖国参拝決行。 俺は話題にするのはもう結構(笑) 彼が言うには「心の問題」なんだってさ。 「公務員」たる小泉氏が遵守しなきゃならないのは「日本国憲法」であるべきなのに、それを「ないがしろにする」ことを公言して憚らない馬鹿さ加減。 付き合う方も付き合わされる方も、いい加減目を醒した方がいい。 「靖国問題」とマスコミやメディアによって土俵が設定された時点でこんな話はお仕舞だ。 議論を尽くして行き着くところは「遺族感情」に決まってる。 あの「拉致問題」然りだ。 「A級戦犯合祀」「外交問題」「天皇の...
URL 2006/08/16(Wed)23:06:58
広島・長崎平和宣言
今年も、8月がやって来た。 一向に進まぬ核廃絶や軍縮に対し、良識ある市民は今や激しい憤りをもって為政者に訴え続けている。 ところがその為政者たちはどうか。 核をはじめとする兵器や武力による平和という妄想に取り憑かれ、あの惨劇から何ら教訓を得ないまま、虚しく時間ばかりが過ぎて行く……。 2006年 広島平和宣言 放射線、熱線、爆風、そしてその相乗作用が現世(げんせ)の地獄を作り出してから61年――悪魔に魅入られ核兵器の奴隷と化した国の数はいや増し、人類は今、全(すべ)ての国が...
URL 2006/08/16(Wed)15:18:49
光復節にヤスクニ参拝
韓国で今日、8月15日は“光復節”という祝日です。意味は読んで字のごとくです。 そんな祝日の朝っぱらから、みなさまのNHKは新興宗教、靖国神社の報道を垂れ流しておりました。(わかりきっていたことでしたが)「もうエェっちゅーねん」と思いながら韓国のテレビ局にチャンネルを変えて天気予報や国内ニュースなどを見ておりましたが、そこでも“速報で”ヤスクニのニュースが入ってきました。 そこでキャスターの一言。 「小泉首相は国内問題の公約に関しては守らなくても“たいしたことない”と発言したことがあるそ...
URL 2006/08/16(Wed)10:13:07
「靖国の魔力」  加藤家放火、そして切腹
 終戦記念日の今日、小泉首相は、靖国神社を参拝した。靖国神社の前では、「天皇陛下の元に結集せよ」などの幟が上がる不気味な雰囲気の中、反対の声を無視し、しかも「公約だから」と自分を選んだ国民へと責任を転嫁して、参拝を
URL 2006/08/15(Tue)23:42:38
小泉首相が靖国参拝(東京新聞=共同通信)
小泉首相がやはり靖国神社を参拝しました。 「小泉首相が靖国参拝 中韓、強く反発」
URL 2006/08/15(Tue)23:33:44
小泉首相、靖国神社を参拝!公約を守った!
小泉首相、靖国参拝!小泉純一郎首相は午前、終戦記念日の靖国神社参拝について「8月15日を避けても批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならば今日は適切な日ではないか」と述べ、01年の自民党総裁選時の公約実現を優先した理由を説明した。首相官邸で記者...
URL 2006/08/15(Tue)23:11:38
「A級戦犯分祀」に関連する自分の論考をまとめました
以前から何度か、ここで書いているように、僕は靖国神社がA級戦犯を分祀するという形でこの問題の解決をはかるのがいいのではないかと考える者ですが、最近、このA級戦犯を分祀する案がニュースなどでまたよく取り上げられているようですので、自分の関連する論考をいくつか、まとめてみました。 2005/5/7 「なぜ首相の靖国神社参拝が問題なのか」 http://blue.ap.teacup.com/documentary/130.html 2005/5/22 「再び靖国神社に関して」 http://blue.ap....
URL 2006/08/15(Tue)22:45:51
内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する一考察。
◆陛下(昭和天皇)のスクープで、すったもんだの大騒ぎだが、それはさておき陛下につ
URL 2006/08/15(Tue)22:24:57
8月15日 首相靖国を参拝
首相靖国参拝:小泉首相、靖国時神社に参拝 小泉純一郎首相は15日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。首相は「内閣総理大臣小泉純一郎」と記帳。献花料をポケットマネーから3万円払った。参拝方式は「一礼」だった。 首相の靖国参拝は01年の就任以来6年連続..
URL 2006/08/15(Tue)22:13:15
8月15日に
筆者は改憲論者である。 但し「改正」という限りはこのように変える事を提案する。 日本国憲法  第九条    〓項    陸海空軍及び自衛の為のあらゆる戦力・武力の保持をしない。    国及び地域の交戦権・及び自衛権を否定する。    以上...
URL 2006/08/15(Tue)22:06:50
容認!
4月の靖国参拝が今ごろ公になったのは 安倍官房長官が「容認」したからだと 昨日テレビで記者が言った 政治家は いつからこんなにエラくなったのだ? 「事実を明らかにするつもりはない」と言う官房長官も 「反発するほうがおかしい」と言う首相も 「問題にすること自体ナンセンス」と言う環境大臣も 私は絶対容認しない アリガタイオコトバを 恭しく拝聴しているメディアも
URL 2006/08/15(Tue)20:49:32
戦後最大のおぼっちゃまレース
 心の問題だから、よその国に反対されても関係ないと言いながら、その心の問題を公約
URL 2006/08/15(Tue)20:16:02
小泉首相がとうとうこの日に靖国参拝
 小泉純一郎首相が15日、靖国神社に参拝した。かねてから予測されていたことであり、あらためて驚くことでもなくなっている。首相が靖国神社に参拝することのどこに問題があるかについても、既にありとあらゆる論点が出尽くしている感があるので、ここでは触れない。わたし自身の考えは、「憲法違反」であり明確に「反対」だ。  少し突き放して眺めてみて感じることを書いておきたい。  ひとつは「公約」のことだ。小泉首相が8月15日にこだわり、最後のチャンスの今年、強行したのは、5年前の自民党総裁選での公約だったからだ。当時...
URL 2006/08/15(Tue)19:11:05
「私たち、日本国憲法の味方です!」
週刊現代2006・8・19/26号から記事7件を順番に紹介します。 それはつぎの7つです 1. 野口英昭さんの妻・多規子さん「誰が私の夫を殺したのか」 2. 安倍晋三「空虚なプリンス」の血脈 第一回 3. 独走追及第六弾 村上ファンド「福井人脈」実名公開 4. 保坂正...
URL 2006/08/15(Tue)16:47:50
遊就館は展示ではなく一種の”運動”です。
小泉首相の靖国参拝が行なわれこの靖国問題はいよいよ我々に考える事を迫っている。 週刊現代2006・8・19/26号から記事7件を順番に紹介します。 それはつぎの7つです 1. 野口英昭さんの妻・多規子さん「誰が私の夫を殺したのか」 2. 安倍晋三「空虚なプリンス」...
URL 2006/08/15(Tue)16:47:05
≪  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]