忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 昨年末残念ながら改悪を許してしまった教育基本法ですが、これから教育現場はどうなってしまうのか、私たちは何をしなければならないのかを考えさせてくれる紙芝居です。

 (リンクフリーの許諾をいただいていますので転載させていただきます)

   
  ●紙芝居 ももちゃんは一年生
      ~教育基本法「改正」を考える~
     http://lunatique.fc2web.com/06kyouiku/

 こうした作品をどんどん広めていきたいと思います。
PR
≪  44  43  42  41  40  39  38  37  36  34  33  ≫
HOME
Comment
nobさん
素敵なご紹介をありがとうございます。「がんばれ!日本くん」には日本への思いが込められています。この素晴らしい国をアメリカの勝手になんかさせない、利用されてるだけだって気づいて欲しい、勤勉と誠実が信頼を、平和が最大の富をもたらすことを、何より日本が自ら実践し証明してきたことに自信を持って欲しいという願いです。
これからもどうぞよろしくお願いします。
マイリン URL 2007/01/07(Sun)23:10:35 編集
nob
マイリンさん、早速のコメント有り難うございます。

 常々感じることですが、日本のマスコミは真実を報道してくれません。いつも政府寄りの論調で、悪法が国会を通過したとたんに「この法律は問題がある」「後世に禍根を残した」などと批判的に書いてバランスを取った振りをしているように思います。
 イラク戦争の一連の報道も、アメリカの情報を一方的に流し、あたかも「正義の戦争」であるかのように流布しました。国民を間違った方向に扇動してしまう点でマスコミの責任は大きいと思います。

 マイリンさんの寓話3部作は、その対極にあって、日本人に真実を知らせようとする意気込みに満ちていますね。

 憲法9条をしっかり守り、日本を間違った道に進ませないよう頑張りましょう。これからもよろしくお願いします。
2007/01/07 23:32
広げましょう
マイリンさんとうさあさんのお話は本当に素敵ですよね。
私は,ももちゃんの紙芝居のマネージャー(?)ですが,こちらもご紹介いただいて感謝です。
今からでも,みんな何かできるはず。気付くために広げることが大事だと感じています。
つくい URL 2007/01/08(Mon)07:19:32 編集
nob
つくいさん、おはようございます。コメントいただき有り難うございます。

 本当に大したものだと思います。難しいことを誰にでも分かりやすく説明するのは大変なことですが、それをたとえ話で解き明かしたことに心から賞賛の拍手を送りたいと思います。

 「ももちゃんの紙芝居」も秀逸ですね。君が代を歌わない青井先生が他の学校に転勤させられるらしいと知って、ももちゃんが泣いてしまう場面がありますが、私も読んでいて泣けてしまいました。お父さんやお兄ちゃん、他の父母が一緒になって校長先生、教育長、市長に申し入れに行くシーンは圧巻ですね。まさに国民主権、民主主義の姿を見る思いです。
 このような素晴らしい紙芝居をプロデュースされた、つくいさんのご尽力に本当に感謝します。(転載のご報告が遅れてすみませんでした)

 一つ一つのブログは小さくても、たくさんのブログが連携してメッセージを流すことで、多くの国民の心を動かすことができるかも知れません。少なくとも私はそれを信じてこれからも活動を続けていくつもりです。
2007/01/08 10:07
かわい~♪
紙芝居の絵がかわいい!
わたしも自分の絵をこういうふうに生かせたら良いな~なんて思いました。
下の記事で紹介されてる映画も見たいデス!
それぞれのやり方でみんな頑張ってるんだな~と思うと、元気が出てきますね!
もぐ URL 2007/01/08(Mon)18:44:29 編集
nob
もぐさん、コメント有り難うございます。

 私は絵心がないので逆立ちしても無理なのですが、イラストレーターもぐさんなら、すばらしい作品ができそうな気がしますよ。

 おっしゃるように、それぞれの人がそれぞれのやり方で、できることを積み重ねながら世の中を良くすることができたら、本当にすばらしいですね。
 私もその中の一人になりたいと思っています。
2007/01/09 22:48
マイリンさんのブログが・・
nobさん、
マイリンさんのブログが
見れなくなってるんですけど
どうしてでしょう??
うさあ 2007/01/09(Tue)21:35:41 編集
nob
うさあさん、お知らせいただき有り難うございます。

 もうすでに津久井さんのブログでご存じかとは思いますが、マイリンさんのブログは、昨日、操作上の手違いで「退会」扱いとなり消去されたそうです。 私は、もしかしたらサイバーテロかと思いましたが、そうではなく、マイリンさんご本人も無事のようです(精神的にはからり落ち込んでいらっしゃるようですが…)
 マイリンさんは、そのうち復活させたいとおっしゃっていますので、励ましながら見守っていきましょう。
2007/01/09 22:59
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
マグロ消費と環境(下−3)
   (副題:地球温暖化・海水面上昇・京都議定書)  これまでマグロ問題から食の問題に拡大してきた。結局、地球温暖化問題に行き着く。そして、この克服のための個々人の意識と努力が大きな役割を果たすことが、新聞記事やブログのコメントから容易に理解できる。  「2040年夏、北極の氷ほぼ消滅」(Sankeiweb 2006/12/12)によると、「地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスの増加をこのまま放置すれば、北極の氷はこれまでの4倍のスピードで減少、2040年夏にはほぼ消滅するという試算結果が...
URL 2007/01/22(Mon)14:18:35
元日の対談
年末に見たテレビと年始に読んだ本のことを書きたいと思っているのですが(どっちもいいお話です)、先にいやなことを書かなければと思うので、今日は、1月1日の毎日新聞に出ていた対談から少し写します。 今年から毎日新聞を取ることにしました。朝日新聞には、販売店と本社に購読を止める理由を伝えました。(販売店には夫が電話してくれたので、私はメールを書きました。)何度も購読をやめようと思いながら読み続けてきたのは、長年親しんだ紙面を変える踏ん切りがつかなかったのと、時折良心的な記事を書いてくださる方がいらして、まだ希...
URL 2007/01/11(Thu)15:25:25
マグロ消費と環境(下−1)
    (副題:資源維持)  先ず、(中−1)へのコメントの紹介から入る。  una:TBありがとうございました。  東京新聞経済欄に、EPA(経済連携協定)の記事がありました。オーストラリア側の要求は、小麦・砂糖・乳製品・牛肉の4品目の関税を撤廃せよ・です。もしも、これらの要求を丸呑みにした場合、食糧自給率は40%〜30%に下落するそうです。恐ろしい事ですね。  政府は、日本農業の競争力を高めるとかで、大規模農業やら会社形態農業を進めようとしています。地産地消を唱えるのに、小規模の地産をしてくれている...
URL 2007/01/09(Tue)16:31:19
マグロ消費と環境(下−1)
    (副題:資源維持)  先ず、(中−1)へのコメントの紹介から入る。  una:TBありがとうございました。  東京新聞経済欄に、EPA(経済連携協定)の記事がありました。オーストラリア側の要求は、小麦・砂糖・乳製品・牛肉の4品目の関税を撤廃せよ・です。もしも、これらの要求を丸呑みにした場合、食糧自給率は40%〜30%に下落するそうです。恐ろしい事ですね。  政府は、日本農業の競争力を高めるとかで、大規模農業やら会社形態農業を進めようとしています。地産地消を唱えるのに、小規模の地産をしてくれている...
URL 2007/01/09(Tue)16:29:38
≪  44  43  42  41  40  39  38  37  36  34  33  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]