忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 広大な空がアメリカに占領されているとは知りませんでした。
 東京を含む1都8県に広がる「横田空域」です。米軍横田基地が航空管制しているため日本の飛行機は許可なく立ち入ることが出来ません。
 図のように、羽田から西日本に向かおうとする飛行機は、ヒマラヤ山脈並みの5500メートルの高さを乗り越えて飛ばなければならないのです。(図は東京都知事本局HPより転載。クリックすると大きくなります)

 27日に開かれた日米合同委員会で、その空域の一部を08年9月までに日本に返還することが合意されたそうです。

 横田空域を飛び越すために、飛行機は東京湾上空をフルスロットルで急上昇しなければなりません。無駄な燃料代は年間48億円にもなり、余計に排出されるCO2は年間8万6000トンにも及ぶそうです。余計な燃料代は当然、航空運賃に転嫁され消費者が負担させられているに違いありません。
 東京と西日本を結ぶ大動脈だけに1日600便以上がこの無駄な山越えをさせられています。2001年1月に起きた日本航空同士のニアミス事故もこの横田空域越えが原因のひとつだと言われていますが、アメリカがからんでくるのでウヤムヤにされているらしい。

 占領空域が一部でも返還されることはいいことですが、もともとは日本の領空、それも首都上空です。全部返還されて当たり前なのに、米軍戦闘機が毎日爆音をとどろかせながら我がもの顔に飛び回っている実態は許せません。かつて、訓練中の米軍機が神奈川県の住宅地に墜落し、母子が犠牲になる事故がありました。

 戦争が終わって60年もたつのに、占領軍(米軍)が首都に基地を構えている「独立国」が世界中にあるでしょうか。それを許している日米安保条約のあくどさを、あらためて実感した出来事でした。
PR
≪  40  39  38  37  36  34  33  32  31  30  29  ≫
HOME
Comment
コメントの転用
 nobさん
 こんばんわ。
 「改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(前編)」へのコメント有難う御座います。
 また、このコメントを「中編」に許可無く利用させて頂きました。事後承諾をお願い致します。TBもさせて頂きましたので、またのご訪問をお待ちしております。
morichan URL 2006/11/05(Sun)00:36:00 編集
nob
morichanさん、こんにちは。
遅くなりましたが、コメントのご使用承諾いたします。

ここしばらく仕事が忙しかったため、ゆっくりブログを見ることが出来ませんでした。介護保険や医療制度の記事もいずれアップしたいと思います。その時はよろしくお願いします。
2006/11/11 14:34
びっくりしますね
このこと知りませんでした。
本当に日本は独立国じゃないですね・・・・。
そして燃料のことも・・・・。もったいないし、環境にすっごく悪いし、しかもお金もかかってるし!(しかもそれは私たちが払わされてるし!)
こういうことを知ることが一番大事。そしてその後は行動することですね。物言わぬ民にならないように私もコチラで行動し続けますね!
kijimuna 2006/11/10(Fri)17:07:59 編集
nob
kijimunaさん、こんにちは。コメント遅れてすみません。

 おおよそ独立国とは言い難いことが、国民にはあまり知られないところで横行していますね。憲法が改悪されたら、もっとひどいことが許されるようになるのではないでしょうか。
 平和を守るため、地道に頑張っていきたいと思います。
2006/11/11 14:37
こんばんは♪^^
いつもお世話さまです。^^
この領域‥知ってましたよ。細かな地図は初めてみましたが。知人で航空関係がいまして昔教えてもらってビックリした覚えがあります。この地図と引用させてもらってもいいですか?良ければ近々に書きたいなって思ってます。東京上空全部じゃんねぇ!プンプン!
ココロ URL 2007/01/15(Mon)22:48:20 編集
nob
ココロさん、こんばんは。コメント有り難うございます。

 私の書いたものは、引用いただいてかまいません。図は東京都知事本局ホームページから転載したものです。

 横田空域は、目に見えないものだけに、ほとんどの国民はその存在さえ知らないのではないでしょうか。日米軍事同盟の産物と言ってしまえばそれまでですが、ここまでくると半ば陰謀のような感じさえします。
2007/01/16 02:21
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
『強盗団』は庶民の『心』へ侵入
 「国家という名の強盗団」については、11月15日付け「円安と景気回復・経済成長は誰のため?(下)」で述べた。  この「強盗団」は二重の行為によって大企業を優遇してきた。一方が膨大な税金(30兆円)を使って「円安」を誘導し輸出による利益を大企業に与えてきた。他方が「規制緩和」と称して労働者のリストラ権利を大企業に与え、非正規雇用の増加が生産コスト削減という収益を拡大させた。  この二重の行為によって大企業収益は膨大となった。しかし、大企業は自民党への献金はするが税金を払う気は毛頭ない。  「4兆円減税 ...
URL 2006/12/17(Sun)10:12:49
マグロ消費と環境(中−2)
    (副題:新聞記事を超えたブロガーたち)  (つづき)  そこで、先ず各新聞記事を羅列する。マグロについての記事が急増したのは、日本人の消費量が非常に多く、話題性が大きいということである。しかし、根本の解決策が未だに大量生産化に期待しているものであり、環境破壊という多大な損失に目を瞑っている記事群である。  「魚求める世界の胃袋」(朝日新聞10月8日付け朝刊)で、BSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザによる食肉不安から魚介類に需要が広がり、それに加えて、欧米の健康志向や中国の所得水準上昇が魚介類...
URL 2006/12/15(Fri)14:46:37
マグロ消費と環境(中−1)
  (副題:食糧問題との係わり)  (上)は横峰さくらパパの「食育」講演から子どもへの添加物のない安全な食料の追求を見てきた。これを受けて、安全な食料生産としての農業・漁業のあり方や消費の考え方を見ていく。  「何言いたいの?朝日記事『市場生かし食糧安保』」(ブログ「関係性」9月21日付け)に入ってきたコメントを先ず整理(一部編集)する。  harayosi-2:そのことについて、朝日新聞から回答がありましたか?  今日の夕刊でも、介護保険のことで大きな記事がありました、このことが決められるまでに、し...
URL 2006/12/12(Tue)15:59:05
教基法の緊急署名 〆切は13日10時
教育基本法の最新情報と貴重な意見が満載の   教育基本法「改正」情報センター のTOPページをご覧下さい(→HPはこちら) 「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」 への市民緊急賛同署名の
URL 2006/12/10(Sun)10:41:55
マグロ消費と環境(上)
  (副題:横峰さくらパパの講演)  「何言いたいの?朝日記事『市場生かし食糧安保』」(ブログ「関係性」9月21日付け)で、マグロの価格上昇と食料の安定供給についての日本の身勝手な論理(「市場生かし食料安保」朝日新聞8月30日付け)を批判した。  そして、これ以後もマグロの生産量や価格についての大量な新聞記事が掲載された。 「高値に日本『買い負け』」「庶民のマグロ」「マグロ1割高へ」「高いマグロ 消費者離れも」「マグロ上げ気配」・・、切りがなく続く。  このような中で、「横峰さくらパパの講演」があった。...
URL 2006/12/08(Fri)13:34:12
国連事務総長「イラクは独裁下より悪化」
イラクで、10月の一般市民の死者が3709人に上り、過去最悪となりました。 イラク・バグダッドの国連事務所が11月22日、イラク保健省のデータを基に報告書として発表しました。それによると、イラクで10月に、宗派間の対立やテロなどに巻き込まれて死亡したイラク市民は3709人に上り、これまで最もひどかった7月より119人も増えました。 特にバグダッドでの死者が多く、2か月間の死者の約7割を占めています。 勿論、米軍の掃討作戦によって依然としてイラク市民の死傷者も出ております。 まさにイラクは泥沼に嵌り、内...
URL 2006/12/07(Thu)22:34:03
ブッシュ・アメリカの走狗として甘んじるのか
ブッシュ・アメリカの覇権主義は、イラクに内戦状態をもたらし、世界で孤立化し、国内でもその支持を失って来ております。 日本の政府・与党等は、そこに教訓を見るどころか、防衛庁を防衛省に格上げし、自衛隊の海外派兵を「本来任務」に格上げしようとしております。 いよいよ本格的に、アメリカの求めに応じ、日本の政府・与党等は米軍の一部と化した自衛隊を、憲法9条を実質的に改悪し、アメリカの戦争に参加させようと始めたようです。 彼らの国会での答弁は矛盾撞着、とても国民が納得できるようなものではありません。 理も無く、大...
URL 2006/12/04(Mon)15:31:45
前進座「赤ひげ」公演
 前進座の公演で「赤ひげ」を観劇(11月22日)した。黒澤明の映画で見た「赤ひげ」が有名である。  山本周五郎原作の『赤ひげ診療譚』の舞台版である。  目の前で見る舞台の迫力に圧倒された。舞台装置は何層かの薄い幕を利用して、建物や部屋の構造を一舞台に構成している。そして、場の切り替え時のこの薄い幕と光のコントラストの面白さも体感させてもらった。  「赤ひげ」は小石川養生所で庶民の病気を無料で診ているが、幕府からその経費を削られる中での人間関係の進展を表現している。赤ひげはその怒りを、権力者・富める者から大...
URL 2006/12/04(Mon)12:33:01
平和を願う皆さんへの緊急のお願い
kokemomoさんのTBを転載させて頂きます。私も早速応援のメールとファクスを送りました。ぜひご協力をお願いいたします。また、ぜひ広く皆様にお知らせください。よろしくお願いいたします。 http://ch11440.kitaguni.tv/e319442.html -------------------------------------------------- 2006年12月01日 教え子を再び戦場に送ろう!!・・・・?平和を願う皆さんへのお願い ショッキングなタイトルですが、教育基本法を改正...
URL 2006/12/03(Sun)22:09:41
スウェーデン保育園実習2。5日目(ブランコ、セラピスト、裁縫など)
今日は保育実習その2の5日目です。 1日目(11月22日)の実習ブログはコチラから。 2日目(23日)の実習ブログはコチラ。 3日目(24日)の実習ブログはコチラから。 4日目(29日)の実習ブログはコチラから この保育園の園庭についてはコチラか
URL 2006/12/01(Fri)05:24:51
『外貨預金』や『投資信託』はギャンブル(追記〓)
 (つづき)  「銀行の投信、検査強化」(朝日新聞11月24日付け朝刊)で、金融庁と証券取引等監視委員会は銀行の投信販売の重点検査に乗り出したことを掲載している。  「銀行の投信販売は98年に解禁され・・預金と違って元本が保障されておらず、急激な取引量の増加に伴い苦情も増えている。・・銀行が販売した投資信託の残高は03年12月の16兆5千億円から06年10月には45兆7千億円と3倍近くに急増し、証券会社と匹敵する規模に成長した」と。  そして、「『定期預金を中途解約して投信にしたほうが有利になると虚偽の...
URL 2006/11/30(Thu)21:11:32
『外貨預金』や『投資信託』はギャンブル(追記〓)
 前回ブログにコメントを交えて、ここでもう一度整理していく。私へのコメントとそれへの返事が次のものである(一部修正)。  una:TB有難うございました。  外貨預金の仕組みが少々分かりました。  クワバラクワバラです^^;    unaさんのブログ「気の向くまま」       http://blue.ap.teacup.com/una3310/  morichan:unaさん  いつもコメント有難う御座います。  私は会社経営をしていますが、金融機関との関係を断ち切って経営ができるわけではありません...
URL 2006/11/30(Thu)21:11:19
政権公約に触れた以上は
多少は突っ込んどくのが筋かw というか 読んでるみんなに ずばり聞いてみたい。 政権公約2005って 中身を具体的に どこまで知ってる? メディアが取り上げた記憶が あんまりないんだ>< 少なくともTVはやってなかっただろ。 これだと新聞には書くことは 可能だったか..
URL 2006/11/29(Wed)15:08:07
12月4日から参議院の審議が終わるまで、日本中、イエローで連帯しましょう
転載です。楽しそうなのでやってみます。どんな黄色にするか、これから考えます。 ------------------------------------ 主権者である私たちがのぞむのは、問題の解明、深い思考、国民的議論の浸透、そして相互信頼に支えられた百年の計の構築です 12月4日から参議院の審議が終わるまで、日本中、イエローで連帯しましょう いろいろな行動や集会にもイエローを身に着けて参加しよう 2006年11月27日 教育基本法「改正」情報センター  教育基本法「改正」案が11月16...
URL 2006/11/28(Tue)10:58:16
蟻の兵隊
 横浜でドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」を見て、軍隊組織とそこで蹂躙されてきたきた兵隊、そしてその兵隊の中国(山西省)での残虐行為を背負いながら、元日本兵の大戦後の残留命令で痛手を負う老人に日本国家は何も詫びようとしない現状を知った。  luxemburgさんのブログ「とりあえず」を覗くたびに、この映画のタイトルとしっかり前を見つめるおじいさんの顔を見てきた。   luxemburgさんのブログ「とりあえず」       http://luxemburg.exblog.jp/  また、さきさんのブログ「...
URL 2006/11/26(Sun)20:49:28
『外貨預金』や『投資信託』はギャンブル
 以前のブログで「円安と景気回復・経済成長は誰のため?(上)(下)」を掲載した。この中で、「円安誘導」は政府が大量の税金を使って外貨買いを行った成果であることを述べた。 他方で、ここ数年に銀行の「外貨預金」や「投資信託」への誘いが庶民に襲いかかった。そして、昨年の郵政民営化によって、郵便局も「外貨預金」や「投資信託」への誘いを行い、金融機関の利益を押し上げた。  政府の「円安誘導」問題と金融機関の「外貨預金」や「投資信託」の両者がどのように係わっているのか、それを見ていく。    上記ブログへのコメントか...
URL 2006/11/23(Thu)14:40:25
野党共闘を後退させるな
 昨日の沖縄知事選で、反自民党・公明党の野党共闘の糸数慶子氏が敗北した。  この結果に対して、各新聞等での論調は様々であるが、自己主張の強い政党の「寄り合い所帯」(11月20日付け朝日新聞朝刊)連合は、足並みをそろえるのが難しい。という評論もあった。  しかし、今回の選挙戦で、基地か経済かと問われたら、選挙民は困惑をするだろう。基地もいらないし、沖縄経済も何とかしてもらいたい、という庶民の意識に誤りがあるわけではない。  「経済格差」の拡大は沖縄では本土以上で、失業率の高さは平均をはるかに上回る。基地問...
URL 2006/11/20(Mon)14:26:23
眠り猫「平和ブロガーの連帯」の成功のため
 「教育基本法改正案」が衆院を野党の欠席の中で強行通過を果たした。 この怒りを早くから感じ取り、それへの対抗手段は選挙による与野党逆転である、とする眠り猫さんの行動力に敬意を評し、尚且つ、私の行動力のなさに批判と刺激を与えていることをこの記事で表明したい。 それぞれの立場で、連帯や共同行動を取ることになると思うが、先ず私のスタンスを明確にしておきたい。言うまでもなく、眠り猫さんは野党共闘の先頭に立つためにも、自らの主義主張はまず背後に置いておき、共同政策で合意させる責任がある。要するに、各政党の意見を自ら...
URL 2006/11/17(Fri)12:44:42
円安と景気回復・経済成長は誰のため?(下)
 (上)で〓意識的な円安誘導と〓企業減税への世論操作を述べてきた。  〓の概要は大量の税金を使って円安を誘導し、大手企業の収益増大を支えた。そして、〓の概要は未曾有の収益を上げた大手企業に対して大量の税金を使ってなお一層企業減税をしようとしている。  (下)で〓として「円安と景気回復・経済成長は誰のため」の他の新聞記事も見ていく。  前回のブログ記事「改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?」で述べてきた庶民“イジメ”は、将来の財政破綻を避けるために取った行動であるらしい。そして、将来の財政破綻を推し...
URL 2006/11/15(Wed)14:17:47
円安と景気回復・経済成長は誰のため?(上)
 9月3日付け記事「なぜユーロ高」で、市場は世界の経済実態を反映しているものではなく、誰かが意図的に誘導しているのではないか、という視点から書いた。  しかし、新聞・テレビ・雑誌・銀行・証券会社等のメディアでは、アメリカやヨーロッパに比べて日本の円の金利が安いからだ、と主張している。  〓 意識的な円安誘導  ゼロ金利政策は1999年2月に決定され、2000年8月に一時解除されたが世界的同時不況と国内景気後退によって、2001年3月にはこのゼロ金利政策は復活した。そして、この政策は2006年7月に解除...
URL 2006/11/11(Sat)22:16:48
改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(補・追加)
 「改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?」の前編・中篇・後編と連続的に記事を発表した。それも、ブログ間のコメントのやり取り(実態や感覚)を含めて、論じてきた。ただし、後編のコメントについては扱っていないため、この補・追加が必要になった。  ここで、中編から後編にかけて、それぞれのコメントを見直すと次のようになる。先ず、中篇へのコメントである。  アルバイシンの丘:TB有難うございます.   私の従兄弟が生まれつきの身体障害者で,自分で起き上がることが出来ません.今は親(つまり私の叔父)が面倒見て...
URL 2006/11/08(Wed)18:51:03
改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(後編)
 前編と中編で見てきたように、05年6月に可決成立した改正介護保険法(自民、公明、民主の賛成多数)の現場を脅かす法案であることが見えてきた。  国庫負担の軽減を目的としたこの法案は、介護度を下げて福祉用具まで取り上げて「自立」支援という稚拙でマヤカシの論理である。  別の言い方をすれば、「介護予防サービス」(公明党)と称して、国庫負担で杖を貸与し、それを使って歩いている老人の杖を足払いし、“杖なしで歩ける練習をしなさい”と言っているに等しい。その挙句、この老人は歩くこともできなくなり、“どうしても杖が必...
URL 2006/11/06(Mon)13:01:27
改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(中編)
 前編で、自民党・公明党と民主党による「改正介護保険法」が昨年(2005年)6月に成立し、その内容が公明新聞で明らかにされた。その内実が「自立」や「予防」であった。  それに対して、この法案の危険性を「介護保険をよくする大津市民の会」や「東京民医連」が抗議している、ことを記した。  この中編では、共産党、社民党の主張、そしていくつかのブログや朝日新聞「私の視点」を紹介する。  先ず、前編へのコメント2通を紹介しておく。  投稿者〓:nob  (2006/11/2 14:57)   morichanさん...
URL 2006/11/05(Sun)00:28:21
改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(前編)
 「幸せになるために」のブログの10月15日付け記事「未来へのビジョンを示そう」    http://blog.livedoor.jp/yyyyohko/ にコメント(10月21日)を入れた。そして、うれしい返事をいただいた。  そのやり取りが次のものである(若干の修正も加えた)。  morichan: yohkoさん、こんばんは。  身体が感じる文章、有難う御座います。  実は3年前にビジネスで海外に行き、大怪我(腰椎2本と片足を骨折)をしました。長期入院で、身体全体をコルセットで固定し、歩けるように...
URL 2006/11/02(Thu)10:23:43
【転載熱望】憲法改正国民投票法案、今日審議入り~稀代の悪法、総力を挙げて反対の声を!
憲法改正国民投票法案が本日審議入りする(衆議院TV←参照)。何度も述べてきたが、この法案には、①発議から投票するまでの期間が短い、②与党案では、公務員・教育者に対する運動規制が残っている、③国民の過半数の賛成の定義が甘いため賛成が少数であっても可決されるおそれが大きい、などといった問題があるが、何といっても、無料放送や無料広告が国会議員の議席数によって割り当てられるという点は、とんでもない規定で、国民軽視も甚だしい。 何度でも繰り返します。問題点は次の点です。  まず、①改憲案の内容を国民に伝える広...
URL 2006/10/29(Sun)01:03:21
≪  40  39  38  37  36  34  33  32  31  30  29  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]