忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 明けましておめでとうございます。安倍首相が新年会見で「憲法改正をすすめるための法案(国民投票法)の審議を始める」と表明しました。
 平和憲法9条を改悪させない運動をいっそう広げなければなりません。

 ぴったりの映画が「マガジン9条」のサイトに紹介されていました。
 『戦争をしない国 日本』です。
 この映画は、日本国憲法の平和主義が、どのような状況の中で生まれ、制定以来約60年間、どんな役割と力を発揮してきたのか、それに対して政府は平和主義の規定を守ってきたのか、その規定は日本社会にどのような影響を及ぼしてきたのか、国際社会でどのように評価されてきたのかを歴史的映像も交えて解明しています。
 伊藤真氏、香山リカ氏などが「普及を成功させる会」の呼びかけ人代表になっています。

 予告編(5分)が公開されています。こちらから見られます。
   http://www.filmkenpo.net/sample_movie.html

 この映画の監督・片桐直樹さんのインタビューはこちらです。(「マガジン9条」)
   http://www.magazine9.jp/interv/katagiri/index.html

 映画のホームページはこちらです。
   http://www.filmkenpo.net/index.html
PR
≪  43  42  41  40  39  38  37  36  34  33  32  ≫
HOME
Comment
無題
新年早々いい映画の紹介ありがとうございます。是非みたい映画です。このところいい映画が多いですね。たくさんの人に観て欲しいですね。
kijimuna 2007/01/05(Fri)21:28:26 編集
nob
kijimunaさん、こんばんは。早速のコメント有り難うございます。

私もまだ予告編しか見ていませんが、十勝でも上映会をしてみたいなと思いました。たくさんの方々に観ていただいて、憲法を考えていただく機会にしてほしいと思います。
2007/01/05 21:43
迎春♪
あけまして おめでとうござぃます( ´∀`)つ

nobさんの本棚(・∀・)イイ!
ひよこには難しい本が多いデスガ・・・

こんな私ですが 今年も(o_ _)o))ヨロシクオネガイシマス♪
ひよこ山♪ 2007/01/06(Sat)21:08:26 編集
nob
ひよこ山♪さん、こんにちは、コメント有り難うございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

「nobさんの本棚」見ていただいて有り難うございます。もっと蔵書を増やしておきますね。

見事に試験突破されますよう、祈ってます。ガンバ!!
2007/01/07 12:22
おめでとうございます
コメントを頂きありがとうございました。
安部首相が憲法改悪の意思を強く表明していることに危機感を感じ、怒りさえ覚えます。
教育基本法の改悪・防衛庁の省昇格・憲法改悪の流れは一筋に戦争へ向かっています。
そのことを国民が許すはずはないと私は信じます。
kodomonomirai URL 2007/01/06(Sat)22:05:09 編集
nob
kodomonomiraiさん、こんにちは、コメント有り難うございます。
憲法9条が、日本の平和のためにも世界の平和のためも、かけがえのないものであることを、もっともっとたくさんの人たちに知らせる活動が大切だと思います。頑張りましょう。
2007/01/07 11:32
無題
9条を変えないという事は、日本国の武力放棄に賛成という事ですね。
外国の侵略を受けたとき、機関銃を相手に竹やりで戦えという事ですか?
それとも、他国からの侵略をうけたら、金だけもって、外国に逃げるのですか?
poko 2007/01/07(Sun)01:28:53 編集
nob
pokoさん、コメント有り難うございます。

>外国の侵略を受けたとき、機関銃を相手に竹やりで戦えという事ですか?
>それとも、他国からの侵略をうけたら、金だけもって、外国に逃げるのですか?

 私の立場は、上のいずれでもありません。憲法9条をそのまま守り、引き続き、戦争放棄、恒久平和の立場を堅持することによって、文字通り「国際社会において名誉ある地位をしめる」(憲法前文)ことこそが、日本の平和を守る力になると思います。

 「9条を変えろ」と日本政府に公然と圧力をかけているのはアメリカです。イラク戦争に見られるように独善的で好戦的な政治体質のアメリカは、同盟関係のある欧州各国からも疎まれています。アメリカの言いなりになる国はもはや日本くらいしかないのではないでしょうか。

 アメリカは今、イラクと戦争しています。他にもたくさんの紛争地を世界中に抱えている国です。TVなどで見るアメリカの姿は平和で自由な国に見えますが、実際には24時間戦時体制の軍事国家なのです。
 もしも9条を改悪してしまったら、アメリカは日本政府に参戦を求めてくるでしょう。それは給水活動のためにサマワに派遣した部隊程度ではすみません。命がけで戦争に行くのですから、日本中の精鋭部隊が最強の武器・装備を携え、戦闘機や戦車とともに海外派兵されることでしょう。軍事費はもちろん日本国民の負担です。そうなったら消費税率を今の何倍にもしないと国家財政は持たないでしょうね。政府は「国際貢献のため国民にも痛みを分かち合っていただく」と言うに違いありません。
 これは、今から60数年前の日本の姿によく似ています。

 今までは憲法9条があったので「海外派兵はできない」と断れました。ところが「戦争できる普通の国」になってしまったのですから断ることができません。日本はまるで属国になったようにアメリカ大統領の言うがままに動かなくてはならなくなるのです。

 私は、日本がそんな国になるのはいやです。それをくい止められるのは憲法9条です。だから私は憲法9条の大切さをたくさんの人たちに知っていただくために運動しています。
2007/01/07 12:35
無題
初めまして。コメントとTB有難うございます。小さなブログを見つけてくださって感謝します。「戦争ができる国」「戦争をしない国」どちらが国民にとってよい国なのか、誰でもわかると思うのに。9条は守らなければなりません。ちょっとだけがんばろうと思います。^^
jun URL 2007/01/07(Sun)15:22:45 編集
Re:無題
junさん、こんにちは。コメント有り難うございます。

junさんのブログにある澤地久枝さんのことば、「憲法を泣かせるな」は力強いですね。

リンクさせていただきます。今後もよろしくお願いします。
2007/01/07 16:56
がんばりましょう
コメントありがとうございます。
こんなリンクを張って安倍を包囲してしまいましょう。
よろしく!
ポラリス 2007/01/07(Sun)19:27:12 編集
nob
ポラリスさん。コメントありがとうございます。
日本の平和と民主主義を守るために頑張りましょう。
2007/01/07 23:35
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
焼き跡から生まれた日本国憲法
 昨日(2月10日放送)のNHK・ETV特集「焼き跡から生まれた憲法草案」は素晴
URL 2007/02/16(Fri)17:13:41
バレンタイン行動
バレンタインに、9条署名行動をやろー! ということでカードを作ってみました。 裏に、 「愛する人を戦場へ送らないために…憲法9条を守ろう!」 とか書こうかと思っていたのですが…。 せっかく作ったのに14日はみんな都合が悪くて、言いだしっぺのわ
URL 2007/02/11(Sun)17:27:02
やわらかく考えてみよう
立憲主義って何ですか?? おまえのオールをまかせるな~♪ TOKIO・宙船(そらふね)のイメージで・・。 これが、「立憲主義」です。 乗りたい船を、多数決で選ぶ権利は、みんなにありました。 これが「民主主義」です。 船は、「政府」であり、 それを止めるイカリ..
URL 2007/01/23(Tue)16:46:18
“命令”と“盗人”
 2006年は「命」で2007年は「令」が今年の漢字になる。  「防衛省発足、早々に『今年の漢字』を書けば・・・=はちのじ・やすひこの漫画」(朝日新聞1月13日付け朝刊)が載った。昨年はお坊さんが「命」の大事さを書いたにもかかわらず、今年になって軍人が「令」を付け加えた強烈な2007年を表現した風刺画である。  言葉にはない凄さを表現できる漫画家に拍手である。  同じ面に「9条、『理想論』で悪いのか」(平川克美リナックスカフェ社長)が腑に落ちる論理を提示している。  護憲派:「広島、長崎に被爆の体験を持...
URL 2007/01/16(Tue)13:14:09
今年もよろしくお願いします
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 すっかりご無沙汰してしまってごめんなさい。 年末はたくさんのコメントいただいて、本当にありがとうございました。 みなさんの暖かいお気持ちに甘えて、お返事もせず、長い間休んでしまいました。 本当はお一人お一人にお礼を申し上げなくてはいけないのですが、このごあいさつをお礼に代えさせて頂くことをお許しください。 TBもたくさんくださり、ありがとうございます。 それから、たくさんの方にご訪問いただいて、心から感謝しております。 休み中、いろいろ励まされること...
URL 2007/01/09(Tue)13:02:15
アメリカくんとイラクくん
戦争とはこういうことです 12月30日に、 「フセイン元大統領に死刑が執行されました」 というニュース速報を見たとき、 ああ・・と、うなだれてしまいました。 ニュースを見た人が、ただ 「悪人が、裁かれたのか」 と思ってしまったら、とても悲しいと思いました。 本..
URL 2007/01/08(Mon)00:00:24
新年の挨拶
  寒中お見舞い申し上げます  昨年は義母を亡くし、今日からブログを開始しようと思います。  義母との30年間の同居を通じて、70歳までの助産婦として歩き回る姿を見、その後の89歳までの老人福祉施設との係わりから多くのことを学んできました。  決して私の得意分野ではない福祉問題は、新聞等からの知識では補えない実態(福祉の現場で働く人たちと援助を受ける人たち)に接近することで深められました。  新年早々から「ロストジェネレーション―25〜35歳」(朝日新聞)の記事が連載されています。バブル崩壊による不景...
URL 2007/01/07(Sun)16:00:50
参院選の争点は憲法改定─安倍
安倍の年頭記者会見。 今度の参院選では憲法改定を争点にすると、いけしゃあしゃあとのたまう。 それほどの自信は一体どこから来るのか。 あるいは既に策動しているのか。 世論操作ややらせはお手のものの自民党。 目的のためなら手段を選ばない、厚顔無恥な輩は怖いもの知らず。 そんな連中を支持する奴の方が遥かに怖いが……。 <安倍首相>年頭会見で教育再生と社保庁改革に重点と表明  安倍晋三首相は4日午前、首相官邸で年頭の記者会見を行い、政権発足からの約100日間について「美しい国づ...
URL 2007/01/06(Sat)11:59:42
映画「戦争をしない国 日本」
nobさんにTBで教えてもらった、映画「戦争をしない国 日本」の予告編を見た。 たった5分の予告編なのに、日本がまた同じ過ちを犯そうとしていることがよくわかる。 ぜひ、本編も見てみたい。 各地で上映会も開
URL 2007/01/05(Fri)23:57:05
「戦争をしない国 日本」
 ★平和と健康★ 守ろう生かそう憲法9条25条のnobさんからトラックバックをい
URL 2007/01/05(Fri)23:11:32
≪  43  42  41  40  39  38  37  36  34  33  32  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]