忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


kodomo
 仕事が忙しいからとブログの更新をサボっているうちに、教育基本法の改悪法案が国会で与党(自民・公明)の強行的多数決により成立してしまいました。
 私はとても悔しくて、正直なところ数日間落ち込みました。この調子で「憲法9条」まで多数決でつぶされてしまうのだろうかと不吉なことを考えたりもしました。
 でも、いつまでも悲嘆に暮れていると、改憲勢力の思う壺にはまりますので、気持ちをポジティブに切り替えて頑張ろうと思います。
 さて、そんな折り、いつも立ち寄る早瀬さきさんのブログに、「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」のアピールが転載されているのを見つけましたのでご紹介します。
(上のイラストも「全国連絡会」からの転載です)

 
与党による教育基本法「改正」法案の採決に抗議し、教育の自由と平等、そして「平和の砦」としての学校を獲得することをあらためて訴える
2006年12月22日

「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」呼びかけ人
大内裕和、小森陽一、高橋哲哉、三宅晶子

 2006年12月15日の参議院本会議において、自民党・公明党の与党は教育基本法「改正」法案の採決を強行しました。大きな問題となった「やらせ」タウンミーティングに見られるように、この法案に関する主権者の合意形成のプロセスには大きな疑問があります。臨時国会では、形式的な審議時間の消化が最優先され、政府法案の中身について十分な審議は行われませんでした。衆・参両院の特別委員会の公聴会や参考人質疑に招かれて発言した、公述人・参考人21名(12月13日現在)が連名で「教育基本法案の徹底審議を求める」アピールを発しました。各種の世論調査でも、今国会での成立に反対する人々は過半数を超えていました。こうした状況であるにも関わらず、審議を一方的に打ち切り、「数の力」によって強行されたこの採決に、私たちは心から怒りをもって抗議します。

 「教育の憲法」とも呼ばれる「改正」前の教育基本法は、天皇制国家主義教育を支えた教育勅語を否定し、個人の尊厳と平和主義を基本理念としています。しかし「改正」後の教育基本法は、「伝統文化」や「愛国心」といった国家主義を教育現場に強制し、「教育の機会均等」を解体することで、子ども一人ひとりが平等に学ぶ権利を奪い、新自由主義によって生み出される「格差社会」を固定化するものです。教育基本法「改正」とは改悪に他ならず、これによって教育現場は根底から変えられてしまう危険性があります。さらに改悪教育基本法は自民党の新憲法草案との整合性をチェックしたとの伊吹文科相の発言からもわかるように、この次に憲法の改悪が狙われていることは間違いありません。

 しかし私たちは絶望していません。希望はあります。2003年12月23日に行なわれた「教育基本法改悪反対!12・23全国集会」の成功以来、組織・団体の枠を超えて教育基本法改悪反対の一点でつながる運動が全国各地で広がりました。それは現場教職員、保護者、市民など、様々な立場の人々が新たな連帯をつくり出しつつ、多彩に展開されました。特に、格差社会に直面し、政治的・社会的課題に取り組むことがとりわけ困難な状況に置かれている若い人たちが、この運動に加わってきたことは大きな希望です。
 この運動を通して、私たちは改悪前の教育基本法に盛り込まれた、個人の価値、教育行政からの教育現場の自由、教育の機会均等などの理念がもっている価値を再認識することができました。それは改悪前の教育基本法が法律としては存在しながらも、それを十分には現実化することができていなかった私たちが、その理念を教育の主権者としてあらためて獲得し、実践する過程であったといえるでしょう。

 今後は改悪教育基本法を実効ならしめるための関連法案が提出され、教育における自由と平等を解体するための具体的な動きが始まります。また憲法九条の改悪をにらみながら、戦後まがりなりにも「平和の砦」として存在してきた学校を、「日の丸・君が代」強制など「愛国心」教育の徹底によって、「戦争の担い手」を育成する場へと変えていくことが狙われるでしょう。改悪教育基本法が教育現場で具体化する動きを阻止する闘い、そして日本国憲法・子どもの権利条約と矛盾する改悪教育基本法を無効化させる闘いを通して、私たちがこれまでつくり出してきた新たな連帯をさらに広げていくことができた時、これからの展望が開けてきます。

 教育の自由と平等、そして「平和の砦」としての学校を獲得するための真の闘いはこれからです。「今日の困難」を「希望の前夜」とするために、私たちの力を合わせましょう。
PR
≪  41  40  39  38  37  36  34  33  32  31  30  ≫
HOME
Comment
TBありがとうございました
本当に日本という国は何処へ向かっているのでしょうね。
わたくしの拙い文章をTBさせて頂きます。
吉祥天女 URL 2006/12/24(Sun)06:05:57 編集
nob
吉祥天女さん、いつもコメント・TB有り難うございます。

 今回の改悪は、多くの国民が「いじめ」や「自殺」で心を痛めている中、強行されました。でも改悪の最大の眼目は「愛国心を育てること」で、いじめや自殺の根絶ではありません。

 安倍首相をはじめとした与党の方々にとっての「愛国心」は、日本が戦争する国になったときに「御国のために命を捧げる」兵士をつくるべく、小さい頃から徹底して子どもたちの頭の中に刷り込み、有事の際にはいささかの疑問も持たず、銃を持って戦場におもむく「愛国心」ではないかと私は思っています。

 「殺人」という最も忌むべき暴力を「国家のためなら容認する」教育がされた時、子どもたちは「命の大切さ」や「他者を尊重しいつくしむ心」を保っていられるでしょうか。

 今後、改悪教育基本法を武器に政府が何をしようとしてくるか、私たち国民はそのことに強い警戒と関心を持つことが大切だと思います。
2006/12/24 17:11
教育基本法改正案の可決に対して、「夢屋だより」で書きましたので、よかったら読んでみてください。
初めてコメントいれさせていただきます。
教育基本法にたいしての記事欄を見てたら、こちらがありましたので、のぞかせていただきました。

福祉にたずさわる身として、できるだけフラットな地平から逸脱しないようにしていこうと思いながらも、この問題は、私もかなり深刻にうけとめておりまして、季刊号としてだしている「たより」に感じたことを載せてみました。
nobさんの本棚に、興味ある人が一致したこともあり、ずうずうしくもおじゃました次第です。これから、またたまにコメントお書きするかもしれませんんど、そのときはよろしくお願いします。
nob
夢屋さん、初めまして。早速ブログを見せていただきました。
パン製造の共同作業所を運営するかたわら、日々更新されていることに敬服いたしました。時々立ち寄らせていただきます。

教育基本法の改悪は、単に学校関係者だけの問題ではなく、未来を担う子どもたちの育ち方を左右し、ひいては国の行く末を規定づける問題だと考えています。
政治家には、子どもたちやお年寄り、障害のある方々にもっとやさしい国づくりをすすめてほしいと思います。
2006/12/24 16:11
こんばんは!
TBありがとうございます☆
わたしもブログではがんばるぞ~!と書いたものの、まだ少し凹み気味です…。
でも、わたしもポジティブに考えたいと思います。
nobさんの言うとおり、凹んだままじゃ彼らの思うツボですもんね。
まだまだやれることがあるし、その分希望もあると信じてます!
もぐ URL 2006/12/24(Sun)22:33:32 編集
nob
もぐさん。こんばんは。コメント有り難うございます。
一生懸命、頑張った人ほど落胆も大きいと思いますが、ここは頭を切り換えて力を蓄える時期かも知れません。
安倍内閣の次の目標は、憲法9条改悪だと言われています。
思い通りにさせないたたかいが大切ですね。
来年も頑張りましょう。
2006/12/31 01:08
無題
さっそくのお返事、ありがとうございます。

nobさんの誠実な人柄がうかがわれ、たいへんうれしいかぎりです。

なかなか、ブログでフィーリングが合う方を見つけるのもむずかしいのですが、こんなに早く対応していただくとなんだかちょっと、心づよくなります。
やっぱり、こんな時代だからこそ、個々のつながりって大事ですよね。

nobさんのコメントは、またこちらのブログでも紹介させていただきたいと思います。

こちらこそ、これからもどうかよろしくお願いします。
nob
ミヤさん。こんばんは。
コメントをご紹介下さり有り難うございます。
来年もよろしくお願いします。
2006/12/31 01:21
ありがとうございました!
nobさん、お久しぶりです!
ご紹介とご転載、本当にありがとうございました。
お礼が遅くなってごめんなさい。

今年はいろいろお世話になって、本当にありがとうございました。後半は特に、nobさんはお忙しくて大変ではなかったかなあと拝察しております。

来年もまたよろしくお願いいたします。ちょっと複雑な年の瀬ではありますが、来年こそ良い年にできますようにみなさんとまたがんばっていきたいと思います。そのためにしばらく充電します。

どうぞお元気で良いお年をお迎えください。
さき URL 2006/12/25(Mon)09:19:20 編集
nob
さきさん、こんばんは。
ブログでの連日のご奮闘に、いつも励まされています。

新たな運動のために、ここは一休みして仕切り直すのがいいのかも知れませんね。来年もよろしくお願いいたします。
2006/12/31 01:29
字数制限
 nobさん
 「マグロの消費と環境(中-3)(中-4)」をTBさせて頂きました。
 すでに、nobさんからコメントを頂いた(中-3)を二つに分けました。前の字数ではTBできないことが分かり、このようにしました。
 失礼しました。また宜しくお願い致します。
morichan URL 2006/12/26(Tue)09:53:12 編集
nob
morichanさん、こんばんは。TB有り難うございます。
来年もよろしくお願いします。
2006/12/31 01:46
良いお年を!
教育基本法改悪で、私の気持ちの奥底の何かがまたひとつはじけた、と感じています。前回はイラク戦争開始のときでした。「母親」として自分がふがいないと思うと同時に、本気出さねば、と感じたんです。来年は、本気の本気で勝負の年です。やることやりきっていくつもりです。がんばりましょうね。
tetsu URL 2006/12/29(Fri)02:01:09 編集
nob
tetsuさん、こんばんは。コメント有り難うございます。
おっしゃる通り、来年は本気で勝負の年ですね。
教育基本法では一本取られてしまいましたが、本丸の憲法改悪を阻止することが、教育の改悪をくい止めることにつながると思っています。
来年も、励まし合いながら頑張りましょう。
tetsuさんも、よいお年をお迎え下さい。
2006/12/31 01:57
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
マグロ消費と環境(中−4)
 (中−3のつづき)     (副題:市場・環境・貧困・農漁業)  また、「貧困の中身」(ブログ「関係性」10月2日付け)は、7月のOECD(経済協力開発機構)報告の日本の貧困率が先進国で二位になったことの記事であった。そして、高齢者、病人、生活保護者への差別の風が一層強まっていることを整理したものであった。  これへの「仙台のくまさんです」からのコメントを基に、私の返答コメントを整理してみた。  仙台のくまさんです:はじめまして、仙台のくまさんです。  なぜ失業者が出るか??産業間の労働報酬の差がつくこ...
URL 2006/12/26(Tue)09:46:51
マグロ消費と環境(中−3)
   (副題:市場・環境・貧困・農漁業)  12月15日に(中−2)を出して以来、しばらく「マグロ消費と環境」を中断してしまった。「『強盗団』は庶民の『心』へ侵入」(12月17日付け)によって「改正教育基本法」批判を書き、精神的な苛立ちを抑えるのに多くの時間が掛かった。  そして、ここに戻るのに、気持ちの整理も含めて(中−2)へのunaさんのコメントを活用させてもらった。  una:TBありがとうございます。  浜の偏屈爺さんの処を見てきました。  需要と供給の問題で、誰も買わなくなれば、値段も下がるの...
URL 2006/12/26(Tue)09:46:40
いよいよ、今年も大づめですね。お世話になった方々へのご挨拶です。
『夢屋だより』の巻頭言です。
URL 2006/12/24(Sun)13:51:49
教育基本法改正に思う
最近はここもすっかりご無沙汰しておりました。ぼちぼち更新してゆこうと思います。今
URL 2006/12/24(Sun)06:07:29
≪  41  40  39  38  37  36  34  33  32  31  30  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]