忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 <もとのブログの最初に載せた記事(2005.12.23)を再掲します>
9条守ろう!ブロガーズ・リンク 第二次世界大戦から60年、日本は「戦争しない国」として発展してきました。平和が続いたからこそ、世界有数の経済力を持ち国民生活も豊かになりました。社会保障制度も整備され、医学医療の発展によって日本は世界一の長寿国になったのです。
 ところが、これらを保証してきた憲法を「改正」しようという動きがあります。改憲派の人たちは、とりわけ9条を目の敵にしているようです。
 憲法9条は、日本だけでなく世界の平和を守るためにも堅持すべきだと私は思います。
 またこの20年、医療・福祉・社会保障がどんどん切り捨てられ、国民負担がますます強まっています。今こそ、憲法25条を暮らしと政治に生かす努力が必要だと感じています。

 第9条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】
 1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 第25条【国民の生存権と国の責務】
 1 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
 2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
PR
≪  7  6  5  4  3  2  1  ≫
HOME
Comment
はじめまして
ご訪問いただき、ありがとうございました。
介護制度の改定によって、ケアマネさんが一番頭を痛めていらっしゃることと思います。
障害者支援法にしてもそうですが、この国はお年寄りや障害者を排除する方向に動いているとしか思えません。
恐ろしいことです。
がんばってください!
9条守りたいね URL 2006/04/18(Tue)12:37:07 編集
nob
 9条守りたいねさん、こんにちは。レスが遅れたことをお詫びします。
 先日、教育基本法改悪案が閣議決定されました。今国会での成立をめざしているそうです。「愛国心」を植えつけ、喜んで戦争に行く兵士を育てたいということなのでしょうか。
 憲法と教育基本法は車の両輪です。日本の未来を暗くしないために頑張らなくてはと思います。今後もよろしくお願いします。
2006/04/30 11:50
TBありがとうございました
はじめまして。ご挨拶遅れまして申し訳ありません。
テーマサロン「憲法改正論議で思うこと」トピック主のないちょです。
このたびはこのトピックにTBありがとうございました。
これからもご意見などお寄せいただけると幸いです。
簡単ながらご挨拶まで。
よろしければ、小生のブログにもコメント、TBよろしくお願いいたします。
ないちょ 2006/04/30(Sun)15:57:14 編集
nob
 ないちょさん、初めまして。
 コメントありがとうございました。
 憲法については様々な意見があると思いますが、私は、二度と悲惨な戦争を繰り返さないために「戦争放棄」の9条を守りたいと思います。
 「自衛のための戦争は容認する」というご意見もあるようですが、現在の国際情勢のもとでは、どこまでが自衛でどこからが侵略か客観的な線引きが見いだせません。戦闘になれば傷つき命を失う人が出ます。兵士だけでなく子どもを含めた非戦闘員も犠牲になるのです。今も戦闘が続いているイラク戦争がそのことを雄弁に語っています。
 平和な日本を子どもたちにも引き継ぎたいと思って、「平和と健康」というブログを立ち上げました。
 どうぞ、今後もお気軽にお立ち寄り下さい。
(ないちょさんのブログにも書き込みさせていただきました。)
2006/04/30 16:47
憲法改正するなら
非同盟・中立をしっかりうたった内容を提案したら良いと思います。
イラクに自衛隊を派遣した事も言ってみれば憲法違反です。
日本国憲法全文ではあらゆる国際紛争に武力を行使しないと言っているはずです。
憲法解釈を曖昧にしないために、しっかりと非同盟・中立を加える事で日本国憲法は、世界に誇れる内容になると思います。
シュン 2007/03/26(Mon)17:38:48 編集
私も
私も現在の日本の状況には、とても危機感を感じています。平和を守るため戦争を2度と繰り返さない為に私は何が出来るのだろうと、とても悩んでいます。どうして日本を戦争の出来る国にしようとしているのでしょうか?極端だと言われるかもしれませんが改憲しようと考えている方、またそれに賛同している方は人を殺すことを容認するのか人を殺せるのか、自分の子や大切な人を戦地へ送り出し人を殺せと言えるのか伺ってみたいです。私には、とても信じられません。原爆を投下された唯一の国だからこそ武力ではない方法で世界の平和のために持てるもの全てを投じる努力をして欲しいと思います。それは理想だと言われようとも私は絶対に戦争や武力を行使してもいいということにはならないと思います。
長崎から 2007/08/02(Thu)00:36:17 編集
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
地球温暖化が第九条にある非武装平和主義を捨てさせるかもしれない
いつものように、gooleアラートでひろった記事を流し見ていたら、ちょっと気になる記事にであった。この記事では地球温暖化が進行し、世界の穀物生産が低下し、そのため日本の食糧供給に影響が出る可能性があるという趣旨である。 -----------------------引用------------------------ ~略~  特に、最近は地球温暖化の影響を受け、世界各地で異常気象が頻発しており、食料は供給面での制約が出始めている。農産物は基本的に自国の消費に向けられ、余剰分が貿易に回される特質(生産量に占める貿易量は米で7%、トウモロコシでも1割程度)がある上、輸出国は米国や南米諸国に限定され寡占状態にある。同レポートの「世界の農産物需給は、短期的にも中長期的にも不安定性を有しており、場合によっては、ひっ迫する可能性もある」との警告は、世界最大の食料輸入大国・日本の背筋を寒くするものがある。 世界の穀物需給/低水準続ける期末在庫 (日本農業新聞 2006/04/30付論説) --------------------引用終わり--------------------- 地球温暖化により、農業生産にダメージを受けているのは事実のようである。そのうえ地球全体で穀物生産量が伸びない状況でインド、中国などの国々が人口の増加と所得の向上により、穀物の消費が拡大し、これらの国で生産
URL 2006/05/02(Tue)16:13:36
≪  7  6  5  4  3  2  1  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]