忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 60th_Article9.gif
 今日は憲法記念日。「戦争放棄」「国民主権」「基本的人権尊重」を宣言した日本国憲法が施行されて60周年を迎えました。
 政府与党は、この憲法を「時代遅れ」「押しつけ憲法」と決めつけ、第9条改悪をめざした国民投票法案の成立を推し進めています。
 安倍首相は、憲法9条を「改正」することが、「世界に日本が示す国際貢献」だと言います。世界中の紛争地にアメリカの援軍として自衛隊を派遣することがグローバルパートナーシップだとお考えなのでしょうか。
 私は、今の憲法9条をしっかり掲げ、武力によらない紛争解決を訴えていくことこそが、世界唯一の被爆国・日本政府にできる最高の国際貢献だと思います。

 私と同じ思いで、2人の方が憲法について発言していらっしゃいますので、ご紹介します。

(※憲法9条誕生ケーキのイラストは「もぐのにじいろえにっき」から許可いただいて転載しました)

sinagawa.jpg
◆品川正治さん(経済同友会終身幹事)
 「私は戦争の体験者です。戦地で戦闘し、負傷もした。戦争を体験してはっきり分かったには、戦争を起こすのは人間だということです。それまで、戦争は国家が起こしたものだと思っていたけれども、そんな抽象的な話じゃない。戦争を起こすのも、それを止めるのも人間なんです
 「大事なのは、60年間、国民がそれを守り通してきたということです。そのために、日本の主権の発動としては、たった1人の外国人も殺していない。世界第2位にまでなった日本の経済は、軍産複合体が誘導していない。先進国としては極めてまれな経済発展モデルです
 「戦争できる『普通の国』になる方が時代に合わない。20世紀の国家は軍があり、戦争できるのが当たり前だった。でも21世紀の世界の課題は貧困をなくし、疫病をなくし、平和を守ることなんです。われわれが子孫に残したい国は、軍を持ち、核を持つ普通の国なのでしょうか」
 「忘れていけないのは、日本に改憲を求めているアメリカは、常に戦争をしている国だということです。イラク戦争では同盟を結ぶ英国を100%動員した。日本を動員しないのは、憲法9条2項の戦力不保持と交戦否認権があるからです。平和憲法は敵をつくりませんが、アメリカは敵だらけですからね
 (国民投票法案について)「私は決して悲観していない。本当の意味で国民の出番が来たんです。国民がもし憲法改正にノーと言ったら、アメリカは世界戦略を変えざるを得ない。そこに思いを致さない日本の支配政党は甘いな、というのが、アメリカの腹じゃないでしょうか」
 ※「北海道新聞」2007.5.3より

 tutumi.jpg
◆堤 未果さん(著作家・米国野村證券に勤務中「9・11」に遭遇)
  イラクから帰還した若い狙撃兵は私に言った。「平和な国で暮らしてたとき、戦争では殺されたらゲームオーバーだと思ってた。だが実際に砂漠で人を殺させられて初めて知ったよ。死ななくても1人殺せば、自分の人生もそこでゲームオーバーなんだ
  9・11直後のアメリカ。メディアに不安をあおられた国民は愛国心という言葉にしがみつき、跳ね上がる軍事予算も戦争も支持していった。一方で政府は、格差を広げる法案を次々に通し、大学費用や健康保険と引き換えに入隊する貧しい高校生や、職を求める借金づけの国民が次々に戦場へ送られた。
 徴兵制などなくとも戦争はできる。国というものは戦争によって貧しくなるのではなく、国内で格差を広げ貧しい者を捨て駒にすることで戦争を維持できるのだと、世界に向かって証明したアメリカ。
 そのアメリカで今、イラク帰りの米兵たちが声を上げている。目的は「本当の敵」を知らせること。敵は政府?、大企業?、それともマスコミ? どれも違うと彼らは笑う。
 「本当の敵は自分たち国民の無関心だ。それに気がついたとき初めて、俺たち市民が主役のゲームが始まる」。武器は?と聞くと驚くような答えが返ってきた。
 「選挙と君の国の憲法9条。今イラク帰りの兵士たちの間で憧れなんだ」
 国境を越えたゲームはすでに始まっている。守るべきルールは、1票の重みをあなどらないこと、声を上げられるうちは決して口をつぐまないこと。『敵を知ること』は、『誇るもの』をも教えてくれる。私たちはすでに手にしている、世界が尊重する貴いもの。
 あきらめないかぎり、未来を選び取る自由はまだ残されている。
※「いつでも元気MIN-IREN」2007年5月号より
PR
≪  48  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  ≫
HOME
Comment
無題
ごぶさたです。経済界の方は、なんとなく改憲派っぽく捉えられがちですけど、ちゃんと核心を捉えている方は、思いが同じなんですね。とてもよいコメントだと思いました。がんばりましょう。
つくい URL 2007/05/04(Fri)15:39:47 編集
nob
 つくいさん。こんにちは。コメント有り難うございます。
 品川さんのお話は、北海道の地元紙に昨日掲載されたものです。平和憲法があったから、日本の経済が軍事主導にならずに発展できたという指摘は、経済人ならではと思いました。
 このように、様々な方々の憲法への思いが、改悪させない力になっていけばいいと思っています。
2007/05/04 16:57
お久しぶりです!
どちらも分かりやすくて、とっても元気の出るお話ですね!
特に堤さんのお話が興味深いです。
イラク帰りの兵士たちの憧れが、9条だったなんて。
やっぱり9条は国とか関係なく、人類共通の財産なんですね。
それにしても、どこの国も国民の無関心が最大の問題なんですねぇ。。。
もぐ URL 2007/05/04(Fri)17:46:22 編集
nob
もぐさん。こちらこそお久しぶりです。

「やっぱり9条は国とか関係なく、人類共通の財産なんですね」

私もそう思います。だからこそ、9条をそのままの形で世界中に発信していきたいと思います。頑張りましょう。
2007/05/04 17:57
無題
お久しぶりです。TBありがとうございました。
とてもいいお話です。大事なことをいう方の話は、すーと心に響きます。

>本当の敵は自分たち国民の無関心だ
いま、一番怖いのはこれかもしれませんね。
戦争を他人事と思っているうちにいつの間にか・・・ということにならないよう、あきらめないことですね。
jun URL 2007/05/04(Fri)21:58:50 編集
nob
 junさん。コメントありがとうございます。

 政府与党は「国民の無関心」に期待しているのかも知れません。憲法9条の真の値を知れば、それを投げ捨ててしまうことがどれほどもったいないことか分かります。
 私たちに大切なのは「改悪反対」だけに止まらず、今の憲法の素晴らしさを一人でも多くの方々に知っていただく事だと思っています。
2007/05/05 00:21
一番大切なことは、第九条を死守することではない
どうもお久しぶりです。
ご多忙の様子、何よりです。

さてさて・・・。
日本周辺諸国の動向を見れば、現行憲法前文の前提としている条件が全くの架空の話でしかないことがわかると思います。架空の話を前提にした憲法は見直す点が多々あるように思います。それに現行憲法には国防についての明確な規定がありません。万が一の事態にならないように備えること、それが国家の責務だと思います。それゆえ、憲法には国家が国防の義務があることを明記する必要があると思います。そのためには第9条の変更は必要だと思います。

アメリカの軍事的プレゼンスが低下する中、今までのように、第9条の傘の下にこもることは不可能になるでしょう。それだからこそ、国防のあり方を明確にし、憲法にも国防の義務の明記が必要ではないのでしょうか?
ないちょ 2007/05/06(Sun)16:21:03 編集
nob
 私は、今の憲法9条をしっかり掲げ、武力によらない紛争解決を訴えていくことこそが、世界唯一の被爆国・日本政府にできる最高の国際貢献だと思います。
2007/05/06 23:28
品川氏講演
こんにちは。おにぎり的生活@tetsuです。
私の住む町でも、4~6月、著名な方の講演会が次々開催されます。品川さんもそのひとりで、私も聞きに行けたらいいなぁと思っています。最近ブログは停滞気味で、その分、日常生活がいそがしいです・・・。
tetsu 2007/05/08(Tue)10:08:09 編集
nob
 tetsuさん、お久しぶりです。お返事が遅れてごめんなさい。
 品川さんの講演が地元で聞けるとは、うらやましいですね。
 tetsuさんのブログへは時々お邪魔しています。これからもよろしくお願いします。
2007/05/18 19:57
記事拝見しました。
はじめまして。
品川さんという方、良いことおっしゃってますね。この記事全体を、多くの方に読んでいただきたいので、微力ですが、私のブログでも紹介させてくださいね。この記事書いてくださってありがとうございます。開眼しました。
m-maki URL 2007/05/08(Tue)22:07:34 編集
nob
 m-makiさん、はじめまして。コメント有り難うございます。また、ブログにご紹介いただき有り難うございました。忙しくしていて、ご返事が大変遅くなってしまったことをお詫びします。
 これからもよろしくお願いします。
2007/05/18 20:01
日本を守るのは誰か?
確かに、私もアメリカ軍の為の憲法改訂には反対します。しかし、この我々の祖国【日本】が、敵国{北朝鮮など}に攻め込まれた時は誰が立ち向かうのですか?そんな時に、「武力行使はしない。」などという言葉は通用しません。この愛すべき国をアメリカに守ってもらうのではなく【憲法⑨条と日米同盟】を廃止して、自分達の手でこの祖国を守る為の新しい憲法をつくる必要があると思います!
市民 2007/05/09(Wed)04:11:37 編集
市民って誰?
私自身も含めて、ひとりひとりが色んなことに関心持ってくれること祈ってます。たとえば、愛するっていうのは、自然に湧き出てくる想いなんじゃないかな。
m-maki URL 2007/05/09(Wed)08:54:12 編集
nob
 きっと、そうでしょうね。
2007/05/18 20:03
こんにちは~(^^♪
石垣に移住しましたゆうこです。だいちゃんとあややの保育所の保育士でした。わかりますか?菅原さんのブログから飛んできました。

お久しぶりです。
いつでも元気の堤美果さんの話は周りの人に
言いまくっています。先日の赤旗にも出ていましたね。
石垣で女性9条の会をたちあげ、憲法記念日には地元の新聞に意見広告をだしました。
石垣でも沖縄でも凄い事だそうです。

こちらに来て身体が調子いいので楽しく色々やっています。皆さんお元気ですか?
ゆうこ 2007/05/16(Wed)23:04:16 編集
nob
 ゆうこさん、お久しぶりです。お元気そうですね。
 北海道十勝から石垣島に移住され、それほど経っていないのに、もう地元にとけ込んで平和運動に参加していらっしゃるのですね。その社交性とバイタリティーに敬服いたしました。私も見習おうと思います。
 こんなブログですが、沖縄県から見守っていてください。
 石垣の様子などお知らせいただけると嬉しいです。
2007/05/18 20:13
無題
堤未果さん、僕の周りでもファンが多いです。美人だし!、、、というのは勝手な私見ですが、彼女の言うことは論理的かつ勇気をくれます。著書もすごく面白いです!全国で講演をしているらしいから今度是非行こうと思っています!
まこと 2007/07/03(Tue)21:55:09 編集
同じ見解です
私も同じ見解です。

ところが、私の住んでいるところの日本共産党は、逆立ちしています。

経済問題が先のはずが、経済問題そっちのけで、憲法9条だと言っています。
梅木昭二 2008/11/18(Tue)21:04:38 編集
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
格差社会問題を参議院選挙の争点に!!
多数様から格差社会是正のアンケートにご回答頂きまして有難うございます。 ブログをご覧頂いている皆様以外にも格差社会をなんとかして欲しいと、お思いの方が多いはずです。格差社会問題を参院選の争点にして欲しいはずです。 そこでチェーン・メール・ライクの仕組みを作りました。 まず、下記からご自身のメールに説明書をダウンロードして、格差社会是正のアンケートにお答えた頂いた後で、知人・友人にメールでお知らせ頂くようになっております。 格差社会問題を参議院選挙の争点に!!  がんばりましょう!! 格差社会問題を...
URL 2007/07/07(Sat)15:37:41
社会保険庁解体 vs 格差社会
安倍政権の支持率が最低レベルに達しています。 それはそれで良いでしょう。 でも、その原因が(こう言っては何ですが)全く理不尽なものであります。 社会保険庁の杜撰さに対する国民の怒りが原因ですよね。 この問題については、参院選が始まれば自民党・公明党が口をそろえて 「年金問題の原因は社会保険庁自身の怠慢であって政府でも自民党でもない。 安倍政権はその原因でもないのにデータ紛失の対処をしている。原因である 社会保険庁を断固解体する。民主党は解体せずに、おまけに、税金で社会保険料を 徴収しようとしている」 ...
URL 2007/07/05(Thu)06:47:25
高所得者層から低所得者層に所得を移転させる投票
高所得者層から低所得者層に所得を移転させるという政策に対して 多数様の投票を頂きまして有難うございました。 高所得者層から低所得者層に所得を移転させるという政策に対して [投票期間] 2007/05/19 〜 無期限 [投票数] 86票 賛成 (64票/74.4%) 疑問があるが賛成 (13票/15.1%) 疑問 (5票/5.8%) 疑問があるが反対 (2票/2.3%) 反対 (2票/2.3%) 参議院選挙、何党に投票する? 理由は? [投票期間] 2007/05/26 〜 無期限 [投票数] 55票...
URL 2007/06/23(Sat)14:35:56
地方税大増税
地方税が大増税されてしまった。 これでは弱い立場の者はますます困窮する。 地方経済は成り立たない。 そりゃそうでしょう、財布は一つなんだし、税金にとられる分は買い物ができない。買い物しなきゃ、地方経済はますます衰退するしかない。 解法は一つ。 お金があっても使わない人から税金を取って国民に配って、買い物させるしかない。 高所得者層から低所得者層に所得を移転させるという政策に投票
URL 2007/06/21(Thu)13:49:30
なぜ国家公務員は増員がキャンペーンされ、地方公務員のリストラが叫ばれているのか?
いつもトラックバック有難うございます。 「なぜ国家公務員は増員がキャンペーンされ、地方公務員のリストラが叫ばれているのか?」 自民党に批判的な民主党労組、共産党系民主団体、社民党系平和運動団体、靖国訴訟をしている宗教家、消費税反対運動、生協、ピースボート、など自民党以外で自民党に批判的な国民はすべて自衛隊によって国民監視されているのが露呈しました。 今度の参院選挙では、そんな自民党の改憲策動にのり、権力への服従に他ならない愛国心を植えつけさせられ、戦後体制を打倒するという安倍政権への奴隷の道を選択す...
URL 2007/06/19(Tue)21:47:37
醜悪の極み
 醜悪の極み国家の非常事態とばかり、税金は湯水のように使われ、その行き先はまたしても、社会保険庁や、その周囲にくっついて公共事業を食い物にしている業者共である。なにより、腹が立つのは、電話を受ける労苦を強いられるほとんどの人間が社保庁と関係のない人間であり、将来的にその問題の解決にも当の社保庁の連中はなんら貢献することはないということだ。※社保庁解体論もあり、すでに他人事のようにタカをくくっている感もある。--- 下品なたとえで恐縮だが。便器の外に糞を垂れ流しておいて、まったく意に介さずトイレを...
URL 2007/06/19(Tue)20:31:23
ふるさと納税---NO!!
http://bvt.txt-nifty.com/fukugen/2007/06/index.html#entry-18864173 2007年6月 4日 (月) ふるさと納税のNO税(1) ふるさと納税より、どうせなら地域に移すのでなく、個人に移したら。 寄付を求める方がよいが、日本の税制度はそんなことを考えもしてこなかった。 金を出..
URL 2007/06/15(Fri)18:39:02
高所得者層から低所得者層に所得を移転させる
派遣社員の皆様に朗報のお知らせとお願いです。 高所得層から低所得層へ所得移転政策に賛同して、 みんな、90万円貰おう!! 大変だ!! 大変だ!! フリ−ター・派遣社員・地方住民。 私等、一体どうすれば良いのだ! 格差の拡大・労働条件の劣悪化(非正規労働・低賃金)・ 産業空洞化・地方の疲弊・家計消費の低迷・・・ 高所得者層から低所得者層に所得を移転させるという政策に投票 各地の九条の会関連リスト [parts:eNoztDJkhAMmYzOm5OTERNOkVAsAINMD0A=...
URL 2007/06/13(Wed)03:12:29
高所得者層から低所得者層に所得を移転させる
派遣社員の皆様に朗報のお知らせとお願いです。 高所得層から低所得層へ所得移転政策に賛同して、 みんな、90万円貰おう!! 大変だ!! 大変だ!! フリ−ター・派遣社員・地方住民。 私等、一体どうすれば良いのだ! 格差の拡大・労働条件の劣悪化(非正規労働・低賃金)・ 産業空洞化・地方の疲弊・家計消費の低迷・・・ 高所得者層から低所得者層に所得を移転させるという政策に投票   各地の九条の会関連リスト [parts:eNoztDJkhAMmYzOm5OTERNOkVAsAIN...
URL 2007/06/08(Fri)22:49:25
日本国憲法の誕生   
                                      日本国憲法は昭和21年(1946年)11月3日に公布され、昭和22年(1947年)5月3日に施行された。公布の翌年、施行から3ヶ月後の8月2日、文部省は中学1年用の社会科の教科書『あたらしい憲法のはなし』を発行した。 http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81...
URL 2007/06/08(Fri)16:35:52
日本国憲法の誕生   
                                      日本国憲法は昭和21年(1946年)11月3日に公布され、昭和22年(1947年)5月3日に施行された。公布の翌年、施行から3ヶ月後の8月2日、文部省は中学1年用の社会科の教科書『あたらしい憲法のはなし』を発行した。 http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81...
URL 2007/06/07(Thu)07:31:33
世にも恐ろしい話
 数週間前に大学の先輩(I氏)に会い、趣味のこと、健康のこと、政治のこと、経済のこと、そして、ビジネスについて昼食を取りながら語り合った。 私が色々とつまずいている時に話を聞いてもらい、率直な意見から次の一手の参考にさせてもらう掛替えのない先輩である。既に定年退職し、社会をジッと見る眼は鋭いと感じる人である。 そこで、こんな話が飛び出した。その会話を簡単に整理する。  I:小泉・安部政権は新自由主義に突っ走りながら「教育基本法」を変え、「靖国」を重んじ、なおそれを国民に押付ける方策として、「憲法改悪」...
URL 2007/06/04(Mon)10:33:25
憲法改正・公務員改革・教育改革だけで参議院選を突っ走られては困る
憲法改正・公務員改革・教育改革だけで参議院選を突っ走られては困る。 格差問題を重要な争点にして貰わなければ片手落ちだ。 まだまだ日本経済は立ち上がっていない。 NIKKEI NET:景気ウオッチ (5/31)消費者物価「年度後半から上昇」、日銀の西村審議委員講演 (5/31)4月..
URL 2007/06/04(Mon)04:42:59
スロービジネスの積極的意味『半農半X』
 26日・27日と経済経営系学会に出かけ、若い研究者や未だに仕事に就けない人たちと学会そっちのけで喫茶店で会話した。  そこでは月刊誌『Fole12月号』(みずほ総研)の記事「進化した『スロービジネス』5つの着目点」(注1)を前にして議論し、私が体験したスロービジネス(SBS)の清里での合宿(注2)の話や「耕さぬ田 根付くか」(朝日新聞5月24日付け朝刊)での従来の農法と違って「農薬使わず低コスト」へと話が進んだ。  勿論、これらの話には研究者としての興味を湧かせ、同時に、将来少しは自分の問題として考えな...
URL 2007/05/28(Mon)20:09:19
『美しい星』だって
 「温暖化対策は『美しい星50』 首相、サミットで表明へ」(asahi.com07年05月24日21時46分)が載った。  「安倍首相は24日、地球温暖化対策に世界全体の参加を呼びかける戦略『美しい星50』を発表した。2050年までに全世界の二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を現状から半減させることを世界共通の目標として掲げ、ポスト京都議定書となる13年以降には米国、中国、インドなどすべての主要排出国が参加できる枠組みづくりを提唱した。同議定書で日本が12年までに90年比で6%削減するとした目標...
URL 2007/05/25(Fri)16:07:54
緊急 NHK経営委員への申し入れ
今回は『Rolling Bean』さま『【転載】 緊急 NHK経営委員への申し入れ(署名しましょう!)』経由で情報いただいた『NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ』による 「政府の違法な介入を毅然と拒否し、自主自立の立場で経営
URL 2007/05/25(Fri)07:39:40
「改憲の賛否を問うアンケート」へのお誘い
反戦な家づくりの明月さんが【緊急】賛同ブロガー募集! 「自民党と民主党候補者に改憲の賛否を問うアンケート」という募集をしています。その主旨に賛意を表し、私もこのプロジェクトに多くのブロガーが参加されるよう、訴えます。詳しい内容はリンク先を見てもらうとし...
URL 2007/05/22(Tue)19:08:13
南京虐殺
戦争というものは、始まってしまえばどちらがどれだけ正しくとも 本当の意味での勝ち負けは存在しない。そして、殺人という重い行為は 肉体よりも心を破壊する。殺された人間、殺した人間、そして、それら から愛を受けていた沢山の人間の心を破壊する。心を破壊されると人は 理性を失う。心が無い訳だからどのような悪事をしても心が痛まない。 そして、悪の連鎖が起こる。恐ろしいものです。虐殺、強姦、強盗が 戦地にては絶えない。人を殺したり、親しい人を殺されて平気でいられ る人はいないんです。どうしても狂ってしまう。だから、...
URL 2007/05/22(Tue)13:35:34
日本の評判
私の海外経験からすると外国の方々の日本に対する評判はおおむね良好です。。 理由には日本製品の高品質、日本人の人柄などが有ります。 変わった所では、アメリカやイギリス、ロシアと戦ったことがある等。 最大の理由は日本は戦争をしないからです。 世界からの尊敬や信頼を失わない為に戦争を出来る国にしようという動きが有ります。 全くもって大きな勘違いです。 今後アメリカや国連を通じてでも自衛隊の海外派遣が続けば 日本も必ず多くの国から尊敬信頼を失うことになります。 災害援助等の派遣は問題ないと思いますが。
URL 2007/05/22(Tue)13:31:16
新しい消費市場の息吹
 今、何を作れば売れるのか、どのように売れば良いのかを悩んでいる企業家や社員は多いだろう。そのためには消費者のニーズを掴み、尚且つ、消費者の生活水準を知ることが大事である。  ニーズという側面から見たとき、売買を通じて川上(生産者)と川下(消費者)の情報を融合して新たなニーズを予測し製品化し消費者に訴えるしかない。いわゆる、それに見合った仕掛けを行うしかない。消費者は前もって何が欲しいかを言ってはくれないからである。それだけにBtoB(企業間取引)でもBtoC(企業と消費者間取引)でも情報の精密化が重要...
URL 2007/05/21(Mon)11:24:04
車内で拾った産経新聞にビックリ
 通勤電車の中でたまたま拾った産経新聞に興味が湧いた。普段、購読していない新聞だけに、ワクワク感さえ与えられた。  産経新聞の4月18日付け「産経抄」を一読して、ビックリした。  政治記事に弱い私でもこの怪しげな論理にビックリした。  米バージニア工科大学の乱射事件に、「銃根絶に取り組んでほしい」と。 この結論に何の疑問もないし、むしろ賛同したい。  ところが、この結論に至る前に、二つの論理が染み込ませてある。  その部分を紹介しよう。  〓米バージニア工科大学の乱射事件へのブッシュ大統領の言は「きょう...
URL 2007/05/11(Fri)11:19:10
ガンジーは暴力を選ぶ
 もし卑怯と暴力のいずれかを選ばなければならないとすれば、私は暴力を勧める。…
URL 2007/05/10(Thu)22:47:27
記事
nobさんの この記事http://nobnob.blog.shinobi.jp/Entry/43/見ていたら、はっとさせられた。 テレビとか政府とか新聞へメールしたりしたけど、 大事なことは まず関心を持つこと。 ...
URL 2007/05/09(Wed)01:18:54
全部読みました。
あまり強く出すぎると あおってしまうような気がするし、 どうしたらいいんだろう ... そんなことを考えつつ、 日本国憲法を全部読みました。 憲法9条が守られたら あなたは何をし...
URL 2007/05/08(Tue)22:15:20
共同声明 『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』
 良識的な社会派ブロガー有志が,5月3日の憲法記念日に寄せて,    『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』 という共同声明を発しました。 (→こちらをどうぞ)  この声明は,これま
URL 2007/05/04(Fri)15:38:31
安倍首相:改憲への意欲 談話で明確に
毎日の世論調査について勘違いしていたので、書き直しました。今10時20分です。(この前に読んでくださった方、ごめんなさい。訂正です。) 憲法改正:改憲賛成51%、反対19% 毎日世論調査 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070503k0000m010106000c.html 「わからない」を含めた3択で聞いたらこの結果だそうです。結果の分析から役立ちそうなことは、賛成の理由の49%が「時代に合っていない」、28%が「一度も改正されて...
URL 2007/05/04(Fri)10:58:59
「日本国憲法 誕生」(2)生存権・教育権を作った人たち
今日は憲法の日。引き続き「日本国憲法 誕生」についてエントリーを上げる。私はあまり憲法について取り上げることがなかったのだが、このところ憲法関連のエントリーを上げるようになってから、日本国憲法を愛されている皆様方からコメントを頂戴している。ありがたいことです。ただ、最近結構忙しくてエントリー上げるだけでいっぱい一杯、という日が続いていて、ご返事することがあまり無く、とても無愛想なブログになっていることをお許しいただきたい。もう一つ、ランキング3位に久しぶりに返り咲いた。やはり、多くの方が憲法の行方を心配さ...
URL 2007/05/03(Thu)16:18:44
日本国憲法 前文
学校で暗記させられたように日本国憲法は「前文と103条」で構成される。「前文」といっても単なる前に書かれた文章ではない。我が国の憲法において、立法趣旨・精神を説いたこの「前文」が大きな位置を占めているのである。筆者は日本で一番綺麗な文章こそがこの「日本国憲法前文」だと思っている。 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする...
URL 2007/05/03(Thu)13:28:13
≪  48  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]