忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 沖縄米軍が26日、嘉手納基地で地元自治体の反対を押し切り、住民の抗議の声がひびく中、パラシュート降下訓練を行いました。
 パラシュート訓練は兵士だけでなく兵器や車両も降ろします。基地を外れて民有地に降りることも多く、以前にはトレーラーが住宅密集地に落下して女の子が圧死するという痛ましい事故があったそうです。
 96年の日米合意で、訓練は伊江島飛行場だけに限ることになっていましたが、約束は簡単にホゴにされました。軍関係者は「気象条件によっては今後も嘉手納で訓練する」と言っています。
 米軍はこれまでにも98年・99年の2回、嘉手納基地で260人が参加するパラシュート降下訓練を強行してきました。
 地元では抗議集会が開かれ「これではアメリカ占領時代と何も変わっていない」「日本政府は何故抗議しないのか」と怒りの声が上がっています。

 同じ26日、通常国会開会にあたって安倍首相は「憲法改正の論議を深め(改定のための)国民投票法案の今国会での成立を強く期待する」と演説しました。国民意識から大きく外れた政治感覚しか持ち合わせない人を首相に戴いていることに不安と悲しみを覚えます。

 ※写真はWikipediaより転載しました。26日の訓練ではパラグライダーのような新型のパラシュートが使われています。
PR
≪  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  34  ≫
HOME
Comment
こんばんは!
TBありがとうございます!
ひどい話ですね。
こんな訓練までやってるなんて知らなかったです。
本当に沖縄を、日本を何だと思っているんでしょう…。
それに抗議しない日本政府はもっとひどいですよね。
わたしの街の上空で飛んでいる米軍機も、最近は以前よりもすごく低空飛行で、しかも頻繁にやってくるようになったので、とても心配です。
もぐ URL 2007/02/01(Thu)19:51:04 編集
nob
 もぐさん、こんばんは。コメント有り難うございます。

 これが日米安保体制の実像なのでしょうね。
 沖縄の人達は毎日がこうした危険との共存なのだと、その大変さを改めて感じました。

>わたしの街の上空で飛んでいる米軍機も、最近は以前よりもすごく低空飛行で、しかも頻繁にやってくるようになったので、とても心配です。

 そうですか、神奈川県も米軍基地密集地でしたね。

 憲法9条を堅持して、日本が世界の平和にもっと積極的に貢献できる様になった時、米軍のいない日本が実現すると思います。 
2007/02/02 22:39
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
うちなー讃歌
ずっとご紹介したかったのですが、なかなか書けず、ずいぶん遅くなってしまいました。 年明けに、外間喜明さんの『うちなー讃歌』を読ませて頂きました。外間さんが撮り溜めてこられた沖縄の美しい写真の上に、ご自作の詩を載せられています。 何度読んでも涙があふれてしまう詩が幾編もあり、転載のお許しを頂きました。この本に込められた思いを綴られた「序に代えて」とともにご紹介させて頂きます。巻末に6ページにわたる「ゼロ歳の僕の沖縄戦体験から(防空壕を追われて・カンポーヌクェーヌクサー・兄の死)」が付されています。ご自身...
URL 2007/01/29(Mon)21:19:57
今度は国民投票法問題
 昨日はゲートキーパー法の問題をエントリーいたしました。そのほか、共謀罪など国民生活を根底から脅かしかねない危険な法律が作られようとしています。また、安倍首相が本国会で重要と位置づけている法案に「国...
URL 2007/01/27(Sat)20:19:46
マグロ消費と環境(おわり−前)
  (副題:核戦争危機・環境破壊そして人間破壊)  「終末時計『5分前』に」(しんぶん赤旗1月19日付け)では、米科学誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ』の理事会で核戦争による地球滅亡までの残り時間を02年2月から針を2分進めて「5分前」としたことを伝えた。  「米国が改めて核兵器の必要性を強調したことで、他の諸国も核兵器は自分達の安全に必要だと考えるようになった」と批判し、同時に、気候変動(地球温暖化)の危険性も核兵器に等しく差し迫っているとこの理事会で批判している。  「ゴア氏語...
URL 2007/01/27(Sat)19:52:56
≪  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  34  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]