忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 今日は憲法記念日です。
 憲法公布のすぐあと(1948年)、文部省(当時)が全国の中学1年生の社会科教科書として発行した「あたらしい憲法のはなし」には「戦争放棄」について、このように書かれています。

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。


 憲法制定当時の心意気が伝わってくる文章だと思いませんか。
 「正しいことを、ほかの国より先に行う」日本になるよう、これからも声をあげていきたいと思います。
PR
≪  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8  ≫
HOME
Comment
憲法の日に思うこと
第九条の説明でよく出てくる新しい憲法の話ですが、そこに書かれている価値観を世界の国々がいっせいに強制されない限り、お題目のように思えてなりません。特に日本の隣国とその価値感を共有できない現在の状況では空想でしかないように思えます。その価値観を掲げるのはかまわないのですが、その価値観では日本を守れません。もし日本が滅んだ後でその価値観をどう広げるのでしょうか?
長文ですいませんが、九条を守ることを主張する方に一度質問してみたかったので、書き込ませていただきました。
ないちょ 2006/05/03(Wed)18:31:32 編集
nob
 ないちょさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
 確かに、憲法の恒久平和主義は理想論だと思います。近隣諸国の中には新たに核武装しようとする国もあり、一国だけ平和主義で安全が守れるのかという意見があるのもわかります。

 でも、私はその理想論を大切にしたいのです。少なくとも戦後60年、この理想論のおかげで日本が戦争に踏み出さなかったことは確かです。
 日米関係の根幹となっている日米安保条約は、それ自体が憲法9条と矛盾しています。アメリカにとっては文字通り「目の上のたんこぶ」状態なのではないでしょうか。9条改憲で歯止めを失えば、アメリカは日本にイラク戦争以上の関わりを求めてくるでしょう。果たしてこれが「国家の安全」と言えるでしょうか。

 憲法は「国政を担当するものへの命令書である」と言われています。すべてを現実に合わせてしまえば、為政者はフリーハンドを手に入れることができます。憲法が理想論を掲げることは、民主主義を守る上でも大事なことだと、私は考えています。
2006/05/04 06:06
こんばんは。
nobさん、いつもありがとうございます。
nobさんのサイト、わたしのHPにリンクさせていただきました。
良かったでしょうか。
トップのお知らせをご覧下さいね。
(こちらに直接リンクした方がよければそう仰って下さい)
あつこ URL 2006/05/05(Fri)01:03:51 編集
nob
あつこさん、おはようございます。
HPにリンクしていただき有り難うございます。
立派なサイトが並ぶ中、恥ずかしくなるほどですが、
今後もよろしくお願いいたします。
2006/05/05 07:48
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
質疑はまだ4回、20時間もやっていない
明日の日比谷野音の集会が非常に大事になっています。
URL 2007/04/11(Wed)23:14:42
質疑はまだ4回、20時間もやっていない
明日の日比谷野音の集会が非常に大事になっています。
URL 2007/04/11(Wed)23:12:18
9条3項?
ある人と酒を飲んだ。 激しい憲法論議になった。 ある人曰く ・軍隊を持たないとい
URL 2007/04/07(Sat)00:44:24
アカンボーで陰気な本気の右翼
きっこのブログの9・22の記事が話題になっている。 以下引用します。 06.09
URL 2006/09/27(Wed)01:02:20
アカンボーで陰気な本気の右翼
きっこのブログの9・22の記事が話題になっている。 以下引用します。 06.09
URL 2006/09/26(Tue)06:30:35
「あたらしい憲法のはなし」から9条の部分
前にニュースステーションで大江健三郎氏が「私の文学の原点です」と紹介していたという「あたらしい憲法のはなし」から9条の部分を引用します。 憲法を作ったときに子ども向けに文部省が作った副読本です。 すばらしい副読本を作ったものだと思います。 改憲派の議...
URL 2006/09/02(Sat)14:18:48
土星は戻って来た(カッシーニ頑張れ!)
冥王星は惑星でなくなったが土星(カッシーニ)は帰ってきた。 「カッシーニでの昼食」がみながわblogとしてカンバックした。 8月9日に季節外れの冬眠宣言をし、この暑いのに・・と皆に突っ込まれた我等がカッシーニが8月31日に戻ってきた。 なんと日本共産党の...
URL 2006/09/02(Sat)02:26:08
「本丸は、憲法改正9条です」
少し古いですが絵文録ことのはというサイトの自民党 第3回「メルマガ/ブログ作者との懇談会」レポ1――「憲法改正の本丸は9条」「公明より民主の賛成がほしい」 という記事がある。 自民党の本音が良く出ています。 改憲派・自民党の広報戦略が良く分かります。...
URL 2006/05/05(Fri)15:14:17
★平和と健康★の管理人nobさんとの対話 (その一)
*nobさんが管理するブログ(★平和と健康★ 守ろう生かそう憲法9条25条)に投稿した小生のコメントに対して nobさんからお返事をいただきました。その返事に対して小生の思うところをnobさんのところに書こうと思ったのですが、長文になったのと、もっと他の人にも意見を聞いてみたいということであえて、小生のブログに新規エントリーしました。 以下、お読みください。 ----------------------------------- 早々のお返事ありがとうございます。 Nobさんの憲法第九条を守ろうとする意...
URL 2006/05/04(Thu)10:44:16
憲法記念日ということで・・・
 本日は憲法記念日です。改憲論議が真っ只中で、裁判員制度との絡みでいえば昨日に町田最高裁長官が触れておりました。私も、来週・5月13日(土)に行われる憲法フェスティバル(12時30分開場・前売り2200円、...
URL 2006/05/03(Wed)20:55:03
≪  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]