忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 2006年も今日でおしまいです。今年は教育基本法が自民・公明によって強行成立させられ、残念な思いをしましたが、国民の声を結集する中で改善に向かって動いたことや改悪をくい止めたこともありました。(※写真は十勝連峰の朝焼け)

 一つは、8月28日の記事でネット署名を呼びかけた「看護師を増やしてください」の国会請願です。皆さんからご協力いただいたネット署名も含めて87万人の署名が国会に届けられ、衆参両院で全会一致採択されました。これだけですぐに看護師が充足するわけではありませんが、国会決議に対しては、内閣がその進捗状況を国会に毎年2回報告する義務があるのだそうです(国会法第81条)。看護師不足への対策を政府が意識せざるを得ないようにしたことは、とても貴重な一歩ではないでしょうか。
 
 もう一つは、8月10日の記事で紹介した難病治療の公費打ち切りを厚労省があきらめたことです。「パーキンソン症候群」(約12万人)「潰瘍性大腸炎」(約5万人)への公費負担打ち切りが8月に発表されるや、全国の患者団体や医療団体が反対署名運動を展開、幾度もの厚労省交渉でねばり強く撤回を迫っていった結果、政府は打ち切りを断念せざるを得ませんでした。

 いずれも、署名活動をはじめとした地道な運動が実を結びました。
 2007年、安倍内閣は「改革」の本丸として憲法9条改悪をねらっていると言われています。
 憲法を教育基本法の二の舞にさせない。平和な日本、平和な世界を守るため憲法9条は改悪させない。来年は、この思いをもっともっと多くの人に広げていきたいと思っています。

 2007年が希望に満ちた年になりますように、そして皆様が健康に恵まれますよう祈って、今年の最後の記事とします。

Photo by (c)Tomo.Yun
PR
≪  42  41  40  39  38  37  36  34  33  32  31  ≫
HOME
Comment
無題
あけましておめでとうございます。少しでも世の中の流れをいいふうに変えていけたらいいですね。今年もよろしくお願いします。ネバーギブアップで!!
kijimuna 2007/01/03(Wed)14:37:02 編集
nob
kijimunaさん、明けましておめでとうございます。

安倍首相が年頭談話で、今年は「憲法改正」の準備として国民投票法を成立させたいと述べています。改悪阻止のたたかいはいよいよ正念場ですね。頑張りましょう。
今年もよろしくお願い致します。
2007/01/03 16:40
無題
拙ブログへのコメントありがとうございました。パーキンソン病の公費打ち切りは撤回されたのですね。このニュースを聞いたとき、日本もくる所まで来たな、と思いましたから、良かったです。ただ、「改憲」は安倍に取って、教育基本法より本丸ですから、大変です。なんとか頑張りましょうね。
メロディ URL 2007/01/03(Wed)17:46:03 編集
nob
メロディさん、コメントとTB有り難うございます。

憲法9条は日本だけでなく、世界の平和にとっても大切な宝だと思います。
改悪させないためにお互い頑張りましょう。
2007/01/03 18:06
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
こんな初夢・・一富士、二タカ、三寺子屋NPO
朝日新聞の新年の特集は「ロストジェネレーション」。今、25歳から35歳にあたる2千万人は日本が最も豊かな時代に生まれながら社会に出た時は戦後最長の経済停滞期。時代の荒波にもまれている彼らを取り上げている。派遣で転々と工場を彷徨う人もいれば乙部綾子のように華麗に転身する人も紹介されている。その中で、東京・高円寺の商店街に若者が自然に集まりカフェや古着屋をはじめ、それが増殖して、月15万円で暮らせる場を作ってしまった、そして商店街に人通りも戻った、という話しが目を引く。彼らは、「会社が自分たちを踏み台にするな...
URL 2007/01/03(Wed)17:48:21
≪  42  41  40  39  38  37  36  34  33  32  31  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]