忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 7月1日の記事でもご紹介しましたが、いま全国的に看護師不足が深刻な状態です。国民が安心・安全な医療を受けるためには、その中核的役割を担っている看護師の充足がとても大切です。全日本民医連が、看護師の増員を国に求める署名活動をすすめています。
 ネット署名ができますので、ぜひご協力下さい。
   
 <<<< ネット署名はこちらから >>>>


 いま、日本では、1人の看護師が昼は10人、夜は20人もの患者を担当しています。アメリカでは昼でも夜でも看護師1人に対し患者5人です。日本は先進諸国の中でも、圧倒的に看護師が少ないのが現状です。
 (左のグラフをごらん下さい。クリックすると見やすくなります。)

 さらに看護の現場では、在院日数短縮や医療の高度化で、仕事量が急速に増え、短期間に濃密な仕事が求められています。限界をこえた過密労働のため、看護師は疲れきり、やめる人があとを絶ちません。

 看護師の不足は、医療内容にも深刻な影響を及ぼしています。あってはならない医療事故が後を絶ちません。看護師がきちんと配置されていれば防げる事故が圧倒的に多いのです。看護師不足は、患者・国民がねがう、安心してかかれる医療を脅かしています。

 医療や介護、社会保障の充実は国民の切実な願いです。国民から集めた税金は、国民のために使うことが、本来のあり方ではないでしょうか。軍事費や中部国際空港・諫早湾干拓などの大型開発に費やす税金を削って、社会保障費を増やしてこそ、国民の生命と健康を守ることができます。

PR
≪  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  ≫
HOME
Comment
無題
nobさん、コメントとTBありがとうございました!

今早速署名させて頂きました。それからブログに転載させて頂きました。ほんとに看護師さんが増えてほしいです。

さき URL 2006/08/29(Tue)00:02:47 編集
nob
 さきさん、こんばんは。コメントありがとうございます。早速ブログに転載下さいまして、感謝感激です。ありがとうございます。
2006/08/29 00:50
無題
nob様
コメント・TBありがとうございました。早速署名し、署名の記事をつくりました。看護師さんは大変なお仕事ですから、働きやすい環境になって欲しいですよね。
吉祥天女 URL 2006/08/29(Tue)01:06:37 編集
nob
 吉祥天女さん、こんばんは。コメントいただいた上に、記事でもご紹介いただき有り難うございます。
 署名がどんどん広がって大きな世論になってほしいと思っています。どうも有り難うございました。
2006/08/29 01:18
署名しました!
私たち家族は日頃から民医連の病院にお世話になっています。
看護士不足の問題は今に始まったことではないのですが、行政は一向に動こうとしないようですね。
というわけで、喜んで署名させていただきました!
もーちゃん URL 2006/08/29(Tue)17:23:32 編集
nob
 もーちゃんさん、こんばんは。署名いただきありがとうございます。

 看護師不足は、医療の質の低下=人命の軽視につながると思っています。
 政府や厚労省は医療費抑制ばかり優先して、国民の生命・健康は二の次ですが、たくさんの国民の署名を示せば、まったく無視することはできないはずです。マスコミも取り上げてくれるのではないでしょうか。
 一人一人の声がとどく政治、国民が主人公の世の中にしたいと思っています。ご協力、本当にありがとうございました。
2006/08/31 19:15
無題
署名用紙印刷しました。
職場にも近くの病院からこの署名用紙が届いています。
その病院へ署名したのを届けます。医者も足りないと思います。
医師も増員してほしい。医療現場はどこも大変ですね。
ありがとうございました。
今村洋子 2006/08/30(Wed)20:08:56 編集
nob
 今村洋子さん、こんばんは。わざわざプリントして署名してくださったのですね。ありがとうございます。
 職能団体の役員を永くなさっていた今村さんに、看護師さんの増員署名をお願いするのは文字通り「釈迦に説法」で、無礼なことをしたと反省していましたが、杞憂のようでほっとしました。
 ご指摘のように、看護師のみならず医師も不足していますね。充足しているのは政令指定都市くらいではないでしょうか。私の住んでいる帯広市でも絶対数は不足していますし、町村では深刻な問題です。
 格差社会は「命の平等」を認めないところまできていると感じています。安心して暮らせる世の中になるよう、少しずつでも活動していきたいと思います。
2006/08/31 19:47
無題
診療報酬が4月に改定され7対1の看護師配置基準が新設されました。看護師を多く配置しなければ高い報酬を得られないので看護師の手厚い配置への誘導がすすむことは間違いのないところです。が・・・
 しかし、ご存じのように厚労省のねらいは、地域のベッドを減らし全体の医療費を下げる事にあります。看護師の絶対数が足りない中で、この誘導が行われると、大病院ではなんとか最高額の報酬を得ようと看護師の抱え込みを始めます。中小の病院ではよりいっそう看護師不足に悩まされ、基準をあげようにも看護師がいないという状況になります。そういった病院は看護師を増やすのではなくて、逆にベッドを減らして報酬を確保するという事になります。厚労省の「思うつぼ」ですね。私たちの労働組合でも、本気で「看護師の増員」を求めています。
小俵 2006/08/31(Thu)18:55:08 編集
nob
 小俵さん、おはようございます。コメント有り難うございます。

 ご指摘の通りですね。1982年の中曽根内閣成立以降、政府は社会保障費を抑制する政策に転換しました。医学医療の進歩に伴い平均寿命が年々伸びているにもかかわらず、それを支える医療費を国家レベルで抑制しようとしたのですから、今考えても無茶苦茶な話です。

 それ以降、老人医療費有料化、健保本人の負担強化、国保の国庫補助削減=保険税引き上げ、診療報酬マイナス改訂などの改悪がほぼ2年ごとに3サイクル繰り返され、現在の医療保険体系が形づくられています。

 私が札幌の病院に就職したのは、中曽根氏が首相になる前年です。当時、老人医療は完全無料。健保本人も初診時に800円払うだけ、あとは無料で治療が受けられました。今でいえば北欧なみの医療保険制度が日本にもあったのです。

 当時、医療は絶対倒産しない成長産業と言われ、あちこちで建設ラッシュが続いていたほどの好調期でしたが、四半世紀経って振り返ってみると、恐ろしいほどの改悪がすすみました。いま大多数の医療機関は、規模拡張どころか倒産しないように維持するのがやっとの状態ではないでしょうか。

 春の改悪はこうした病院の台所事情を見透かすように、看護体制加算を盛り込みましたが、それは過酷なレースを強いるものです。大規模病院は生き残りをかけて看護師確保に走り、あおりを受けた市中の病院はますます疲弊し存亡の危機におちいる構造です。まさしく弱肉強食=格差社会の病院版ですね。

 医療や福祉は、本来的に市場経済にはなじまないものだと思います。人間の生存そのものが、お金のあるなしで左右される社会は、人命を軽視し戦争を肯定する社会につながっていくのではないでしょうか。

 小俵さんの労働組合でも、憲法9条・25条を守るとりくみをすすめていらっしゃると思います。とくに若い人たちの中に平和と生命を守る運動が広がっていくと、未来が開けていくのではないでしょうか。ご一緒に力を合わせていきましょう。
 
2006/09/01 06:13
無題
さっそく訪問させていただきました。
トップの記事がコレだったので
早速署名、してきました。
医療福祉、
こう見るなら両方とも
悪い状況になりつつありますよね。
介護のほうも離職率がトップレベルで
いつ介護事故起きてもおかしくないです。

当ブログでも署名フォームへの
リンクを作成します。
絶対ひとごとじゃないので。
星影里沙 URL 2006/09/03(Sun)00:34:00 編集
nob
 星影里沙さん、こんばんは。コメント有り難うございます。
 署名のリンクをお載せいただき有り難うございます。こうしたことの積み重ねが医療や介護・社会保障の改善につながっていくことを願っています。
2006/09/03 20:52
署名しました
おはようございます。

日頃お世話になっている民医連の病院窓口でも書いたような気がするんですが、よく覚えていないもので、一応ネットでも署名しました。

あっち向いてもこっち向いても、課題がいっぱいだけど、地道に頑張らないとね。
tetsu URL 2006/09/03(Sun)09:02:46 編集
nob
 tetsuさん、こんばんは。コメントと署名のご協力有り難うございます。今の日本社会は、本当にいろんな問題が山積しているように思います。気づいたことから少しずつ声をあげていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。
2006/09/03 20:45
御礼
先ほど、書き忘れました。
わが「おにぎりライフ」のリンクを載せていただいて、どうもありがとうございます。(ごあいさつ、遅くなりました。)ボチボチ書くだけのブログですが、現実生活重視で細く長くやっていきたいと思います。なにとぞよしなに。
tetsu URL 2006/09/03(Sun)09:11:10 編集
nob
 こちらこそ、ご承諾も得ないでリンクしてしまいましたが、よろしくお願いいたします。
2006/09/03 20:47
署名しました!
看護師の数を増やしてほしい!!心から思います。医療とか介護って、誰もがお世話になるところだから、他人事じゃないし。安心してかかりたいです。
人の命を大切にする社会であって欲しいです。
もぐ URL 2006/09/03(Sun)17:34:35 編集
nob
 もぐさん、こんばんは。署名のご協力有り難うございます。
 だんな様が出張で北海道に来られるそうですね。朝夕は涼しいというより寒く感じるかも知れませんが、収穫の秋でおいしい食べ物がいっぱいですよ。いい旅になりますように。
2006/09/03 20:51
署名は行動
 nobさん
 女房にこの記事を読ませたら、私はもう署名したと言われました。もう彼女は行動しています。
 私より女房の方が余程現実を生きていると理解しました。
morichan URL 2006/09/04(Mon)15:46:35 編集
nob
 morichanさん、こんばんは。署名のご協力ありがとうございます。
 奥様はもうとっくに署名をすませていらっしゃったそうですね。重ね重ねありがとうございます。また、こうしたテーマで会話ができるご夫婦の関係はとても素晴らしいと思いました。
2006/09/05 17:14
無題
はじめまして
ネット署名させていただきました。
先日、Asahi.comで看護師さんの不足の深刻な現状をかかれてあるのを読みました。診療報酬の改定で大病院に人手が流れていくことによる空洞化と書かれていましたが、自分が知っている限りでは以前から待遇改善が叫ばれているのに改まらない現状も不足をまねく大きな原因だと思います。地方に住む者にとってこの悪政は他人事とはいえません。
ゲゲゲのイチロー URL 2006/09/11(Mon)01:09:37 編集
nob
 ゲゲゲのイチローさん、こんばんは。署名いただき有り難うございます。
 看護師不足は、日本の医療問題の象徴的な現れだと思います。憲法25条の立場で社会保障が充実した世の中になるよう運動していきたいと思っています。

2006/09/11 23:21
安全で平和な医療について
はじめましてm(__)m 私も将来希望として看護婦の資格取得して将来JICAに参加できればいいなと思っています。 アメリカでは心臓移植も技術も発達しているにも関わらず日本では法的なこともありアメリカにたよらざるおえないのが現状です。莫大な資金がかかるため医療の方々をはじめ日本の方々が一生懸命活動されていらっしゃいます。にも関わらず命の尊さを重んじてない方々がいることに遺憾に思います。私はまだ資格取得していませんが、一方ではワクチンが足りない国があることも知りJICAの「日本の平和の繁栄は世界の平和と安定なくしてはならない」ということに感銘をうけ人間の安全保障に視野を向けて希望として活動して参りたいと思っております。また、アメリカで心臓移植の専門病院があれば教えていただければ光栄ですm(__)m
Hiromi 2007/05/17(Thu)15:22:12 編集
nob
 Hiromiさん、はじめまして。コメント有り難うございます。
 ぜひ、看護師になって、たくさんの方々の命を救ってあげてください。
2007/05/18 20:16
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
便秘対策:梅干しの効果
普段から何気なくやっていることの中にも、病気やつらい症状から自分のからだを守る習慣があります。 「予防医学を持続しなきゃ!」と気負わなくても、毎日の生活の中でちょっとした工夫をするだけで、健康習慣が身につきます。 毎日、苦もなく、そしてできれば楽しく続けられてこそ、予防医学の実践と言えるでしょう。 女性に多い便秘、また子どもでも便秘で苦しむことがあります。 ここでは、お母さんが自分のため、家族のためにできる、ちょっとした便秘対策の工夫を紹介したいと思います。 ...
URL 2008/05/02(Fri)20:21:56
用意するべき必要なウォーキンググッズ
健康を維持するために毎日歩いている人、病気を直すために歩いている人、趣味で各地の山を歩いている人、どんな人でも歩くからには楽しく歩きたいですよね。 必需品とまではいかなくても、持って歩くとさらに楽しめるウォーキンググッズがいくつかあります。 以下に紹介したいと思います。 ●手袋
URL 2008/05/01(Thu)19:28:50
≪  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]