忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 参議院本会議で医療改悪法案が自民党・公明党の与党賛成により可決成立しました。この改悪案は、国民皆保険制度を根底からくずし、将来にわたって患者・国民の医療費負担を大幅に増やすものです。全国から2千万以上の反対署名が寄せられたにもかかわらず、十分な審議時間もとらずに、国会会期末が迫っているからと急いで採決を強行した与党の責任は重大です。
 15日、時折小雨の降る中でしたが、法人内の各事業所や地域の方々が集まって、帯広駅の南口前で抗議の宣伝行動を行いました。
 私もマイクを持ちました。「トヨタ自動車は1兆円もの空前の黒字を出しているのに、政府は消費税を2000億円も免除しています。国の財政が苦しいと言いながら、大企業には税金を棒引きし、国民からは税金や医療費を容赦なく取り立てる日本の政治は間違っています」(写真の後ろ姿が私です)

 国会は閉幕し、政治の焦点が自民党の総裁選挙に移っているかのように報道されています。本当に今の日本に必要なことを忘れているような気がします。
PR
≪  25  24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  ≫
HOME
Comment
無題
nobさんうちのブログにコメントありがとうございます。私は北海道で司法修習をしたものですからとても懐かしさを感じます。
今後とも宜しくお願いいたします。
DANZO URL 2006/06/19(Mon)04:35:09 編集
nob
DANZOさん、こんばんは。
北海道に縁があるのですね。うれしくなりました。
こちらこそ、よろしくお願いします。
2006/06/19 19:46
無題
 初めてTBとコメントを入れさせて頂きます。
 医療改悪法案が自民党・公明党の与党賛成により可決される中で、「経済格差」は一層進んでいると思います。
 医療費が払えない人、差額ベッドが払えなく直ぐに入院できない人、今は医療費が払えるが徐々に首が絞められて来ていることに気が付いていない人、様々です。
 [学歴という背広が歩いている]優位意識を持っている人は、格差を一方で知りつつ、他方で自らは平均値にいると信じているため、格差意識が薄いです。
 このような人たちがこの「格差」を固定化してしまう役割を演じてしまいます。
 格差自覚者を増やすブログと行動が大事なようです。
morichan URL 2006/08/07(Mon)09:57:23 編集
税金を何重に取るのか
 nobさん、おはよう御座います
 様々な税金を国家を通じて利用し尽くしているトヨタは「1兆円もの空前の黒字」を記録した。
 ちょっと待て!
 それは俺から搾りとった税金だぞ!
 中小・零細企業は生き延びるための行動をし、せめて病院だけは自由に行かせて欲しい。
morichan URL 2006/08/12(Sat)09:03:13 編集
nob
 morichanさん、こんにちは。コメント有り難うございます。
 多国籍企業トヨタの1社を見ただけでも、わが国の税金の使われ方は、露骨なほど大企業を優遇していることがよくわかります。
2006/08/13 15:36
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
経済格差への市場対応
 6月7日の記事「経済格差による市場分断」をここで少し書き換えて、整理しておくことにする。  「経済格差」による市場分断が進んでいる。要するに、ある一定の品質・価格の商品が売れていたものが、急激に落ち込む傾向を示す。勿論、消費者選好の変化がそれをもたらしたとも言えるが、その選好変化も含めてその品質・価格に手が出せない中間層の消費者の下落が基になっていると考えるのが妥当である。ここに、中間層を中心になだらかに上層と下層に市場が分布していたものが、上下へとくっきりと市場分断が進んできた。ビジネスもそれに対応せ...
URL 2006/08/11(Fri)22:30:38
格差の内と外
 今朝、海外から帰ってきた。  皆様には大変迷惑をお掛けしたと思います。特に、「ビジネス業界と学会に『妖怪』が現れた(1)(2)」の長文の分かり難さを提示したまま、出張をしてしまったことをお許しください。この件に関したは、追って徐々に、社会の格差、大企業連携が作る格差、中小零細企業の連携による経済格差への抵抗、大学というエセ研究機関での利権の横暴、若手研究者の実態と提携することによる旧体制への抵抗、・・を解説することになると思います。週刊誌的曝露をこのブログで行うつもりはありません。ですから、丁寧に、時間...
URL 2006/08/07(Mon)09:37:37
国民投票法案に見る洗脳政策 
 国民投票法案(←条文全文はここ)について書いていこうと思っている。上程された国民投票法案について、詳細に検討がなされた意見書や声明などは現在のところとても少ない。網羅的に批判を加えているのは、現在のとこ
URL 2006/06/18(Sun)22:56:56
≪  25  24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]