忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


tamiflu
 2ヵ月半も更新していませんでしたが、インフルエンザにかかることもなく元気です。

 世間を騒がせているタミフルですが、4日、厚労省が、発売後6年間で飛び降りや転落など命に関わる異常行動が128件起きていたことを公表しました。うち8件は死亡事例でした。

※写真は中外製薬が販売している「タミフル75」(http://opencage.info/pics/より)

 世論に押されて、ようやく公表しました。輸入販売元の中外製薬からは1079件もの「副作用報告」が厚労省に提出されていましたが、それらを危険な事例と認識せず、対応を怠っていたようです。でもこれは単純な厚生官僚の職務怠慢だとは思えません。

 厚労省のタミフル研究班に所属する大学教授たちが、中外製薬から巨額の研究費を寄付されていた事実が次々に明らかになっています。
 主任研究者の横田俊平・横浜市立大教授は1000万円、森島恒雄・岡山大教授は600万円を研究寄付金として受け取っていたそうです。さらには、データ分析した統計数理研究所の藤田利治・教授には1年間に6000万円もの巨額資金が提供されていたと言います。

 タミフルは、スイスの製薬会社「ロシュ(Roche)」が製造する経口型抗インフルエンザウイルス剤で、致死率の高い「鳥インフルエンザ」にも対抗できる唯一の薬とされています。日本は世界中の流通量の7割を買い付けていますが、その輸入販売を独占しているのが中外製薬です。

 何兆円もの莫大な販売益がフイになることを考えれば、研究者に1億や2億渡したところで痛くもかゆくもないでしょう。

 製薬大企業と政府・厚労省の癒着構造は、今まで繰り返されてきた薬害事件(エイズ、スモン、サリドマイドなど)と本質的に変わりません。国民の生命と健康を守るべき厚労省が、今回も大企業の利益を優先し、人命をないがしろにしています。

 一方でタミフルが新型インフルエンザの特効薬であることは事実です。安全な代替新薬が開発されるまでの間は使い続けなければなりません。
 いま厚労省に求められているのは、タミフルの副作用を徹底的に調査・公表し、医療現場や国民に明確な使用基準を知らせることだと思います。
 
PR
≪  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  ≫
HOME
Comment
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
タミフルの副作用2
タミフルの副作用について、こんな記事がありました。タミフル服用後の異常行動死・厚労省、専門家の意見文書化せず。岐阜県の男子高校生(当時17)が2004年、インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後にトラックにはねられ死亡した事故で、厚生労働省が当時、因果関係についての調査内容を行政文書に残していなかったことが7日、分かった。同事故は異常行動の報告としては1例目だった。愛知県の男子中学生(当時14)が05年2月にタミフル服用後、自宅マンションから転落死した事故についても専門家の意見...
URL 2007/05/13(Sun)01:36:47
ブログを立ち上げて1年
 昨年の4月21日に初めてのエントリーをした。  ワクワクとドキドキの出発であった。  自分でブログを立ち上げられるとは思っていなかった。  それをさせるエネルギーが何処かにあった。  ビジネスを30歳で始めて立ち上げ、親戚に頭を下げてカネを集めた。  それを軌道に乗せたと感じる瞬間はないまま拡大再生産に追われ、次の資金投入の必要性が出てくる。親戚からの借入は返済したものの、代わりに金融機関からの借入は膨らんでいく。  組織もそれなりに大きくなるが、社員の家族も含めて責任が一層大きくなってきていたはず...
URL 2007/04/27(Fri)10:11:00
預金・貯金は何に利用されているのか?
 前回エントリー「原子力発電所 本当に安全なのか?(終)」の最後の部分に「石油資源をめぐって戦争が起き、石油消費と戦争によってCO2を大量に排出し、環境破壊が繰り返され、このCO2削減に原発が必要だという。この悪循環の全てに大資本が係わり、どちらに転んでも収益を手にする経済主義が当たり前のように横行している。  この当たり前と関係性を切るには、余分なコンセントを抜き、電気使用量を減らし、そして、政治や経済から眼を離さず、知らず知らずのうちに私たちや私たちのお金(税金や預金)が環境破壊に利用されていないかを...
URL 2007/04/18(Wed)14:58:41
原子力発電所 本当に安全なのか?(終)
  副題:アメリカの石油軍事戦略を映し出す映画「ブラッド・ダイヤモンド」  世界中に戦火の種を蒔き、イラクの戦争泥沼化にアメリカの石油軍事戦略が見えている。そこに大量の資金が投入され、イラク人10万人以上・米兵3千人以上の犠牲者を出している。それに追随する日本政府と日本の資金がある。  映画「ブラッド・ダイヤモンド」が全国ロードショーされた。 [画像]  ストーリー:「90年代。内戦渦中のアフリカ、シエラレオネ。南アフリカ人のダニー(レオナルド・ディカプリオ)は、西アフリカのメンデ人ソロモン(ジャイモ...
URL 2007/04/12(Thu)13:34:46
憲法改悪企図の為政者は国民を虐げる元凶です
日本国憲法を誠実に遵守し、それを活かした為政を行えば、国民の生活は豊かになり国民の自由・権利も保障され、国民の生命の危険も遠のくのは必定であります。 憲法を蔑ろにし、数の暴力で立法を進め、国民を痛めつける悪政をしいている為政者は、憲法改正を云々する資格はないと思います。 憲法改正を言うのであれが、まず誠実に憲法を遵守し、それ活かす努力をし、その結果不具合な政治状況が生じてから、それを是正するためにすべきです。 その努力もせずに、端から、国民も希望していないのに、憲法改正とは言語道断です。 従って憲法...
URL 2007/04/06(Fri)21:08:59
≪  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]