忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 いずれはと思っていましたが、兵庫、大阪で感染者が出ました。高校生など集団生活の場での感染事例が多いようです。

 日本では高齢者の感染事例はまだ無いようですが、抵抗力や体力が弱い人に感染が広がらないよう予防策をとることが大事ですね。

 インフルエンザウイルスは外殻が脂質でできているため、石けんに触れると破壊されるそうです。
 私の職場は、デイサービスセンターやヘルパーステーションが併設されている事もあり、外出先から事務所に戻ってきたときは必ず石けんで手洗いをするのがルールになっています。

 今はまだ関西での感染報告ですが、いずれは北海道にも上陸すると思って間違いないでしょう。用心したいと思います。
PR

tamiflu
 2ヵ月半も更新していませんでしたが、インフルエンザにかかることもなく元気です。

 世間を騒がせているタミフルですが、4日、厚労省が、発売後6年間で飛び降りや転落など命に関わる異常行動が128件起きていたことを公表しました。うち8件は死亡事例でした。

※写真は中外製薬が販売している「タミフル75」(http://opencage.info/pics/より)

 世論に押されて、ようやく公表しました。輸入販売元の中外製薬からは1079件もの「副作用報告」が厚労省に提出されていましたが、それらを危険な事例と認識せず、対応を怠っていたようです。でもこれは単純な厚生官僚の職務怠慢だとは思えません。

 厚労省のタミフル研究班に所属する大学教授たちが、中外製薬から巨額の研究費を寄付されていた事実が次々に明らかになっています。
 主任研究者の横田俊平・横浜市立大教授は1000万円、森島恒雄・岡山大教授は600万円を研究寄付金として受け取っていたそうです。さらには、データ分析した統計数理研究所の藤田利治・教授には1年間に6000万円もの巨額資金が提供されていたと言います。

 タミフルは、スイスの製薬会社「ロシュ(Roche)」が製造する経口型抗インフルエンザウイルス剤で、致死率の高い「鳥インフルエンザ」にも対抗できる唯一の薬とされています。日本は世界中の流通量の7割を買い付けていますが、その輸入販売を独占しているのが中外製薬です。

 何兆円もの莫大な販売益がフイになることを考えれば、研究者に1億や2億渡したところで痛くもかゆくもないでしょう。

 製薬大企業と政府・厚労省の癒着構造は、今まで繰り返されてきた薬害事件(エイズ、スモン、サリドマイドなど)と本質的に変わりません。国民の生命と健康を守るべき厚労省が、今回も大企業の利益を優先し、人命をないがしろにしています。

 一方でタミフルが新型インフルエンザの特効薬であることは事実です。安全な代替新薬が開発されるまでの間は使い続けなければなりません。
 いま厚労省に求められているのは、タミフルの副作用を徹底的に調査・公表し、医療現場や国民に明確な使用基準を知らせることだと思います。
 


 2006年も今日でおしまいです。今年は教育基本法が自民・公明によって強行成立させられ、残念な思いをしましたが、国民の声を結集する中で改善に向かって動いたことや改悪をくい止めたこともありました。(※写真は十勝連峰の朝焼け)


 7月1日の記事でもご紹介しましたが、いま全国的に看護師不足が深刻な状態です。国民が安心・安全な医療を受けるためには、その中核的役割を担っている看護師の充足がとても大切です。全日本民医連が、看護師の増員を国に求める署名活動をすすめています。
 ネット署名ができますので、ぜひご協力下さい。
   
 <<<< ネット署名はこちらから >>>>

 
厚生労働省が9日、医療費を公費で補助している難病患者さんのうち、「パーキンソン症候群」と「潰瘍性大腸炎」の医療費補助をなくすことを部内の特定疾患対策懇談会で決めたそうです。

 特定疾患(難病)は、治療法がまだ確立しておらず、個人で負担するには多額の治療費がかかるため、その費用の大部分を国が補助している病気のことです。
 厚労省の言い分は「患者数が5万人を超え『希少な病気』と言えなくなったから」としていますが、発症の原因や治療法が確立したわけではありません。
 1  2  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]