忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 2008年最初の記事は「健康」です。

 時事通信によると、たばこを吸わず、運動し、酒を適度に飲み、野菜と果物を毎日食べるという4つの生活習慣を守ると、全く守らない場合に比べて14年間長生きできる勘定になると、イギリス・ケンブリッジ大学などの研究チームが医学誌『プロス・メディシン』に発表したそうです。
 1993年~97年に、がんや循環器疾患にかかったことがない45~79歳の男女2万人を対象に、4つの生活習慣の有無を回答してもらい、2006年までそれらの人達を追跡調査して生死を確認したとのことで、健康に良い要因の相乗効果が明らかになったのは珍しいといいます。

 ちなみに、4つの生活習慣は、
 【1】禁煙…タバコを吸ったことがないか、吸っていたが禁煙した。
 【2】運動…サイクリングや水泳などを1日30分以上する。
 【3】適度の飲酒…缶ビール1本またはワイングラス1杯を1週間に1~14本(杯)まで。
 【4】野菜と果物…毎日5皿以上(一定の血中ビタミンC濃度が摂れる量)

 私の場合、【1】の禁煙は26年前からクリア。【3】の適度の飲酒はしばしば二日酔になることがありますが、まあOKでしょう。【4】野菜・果物はせいぜい1食1皿程度でしょうか、もっと摂らなければ…。問題は【2】の運動ですね。これを克服しないと長寿は望めないようです。わかってはいるのですが……。 
PR
≪  54  53  51  50  49  48  47  46  45  44  43  ≫
HOME
Comment
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
種と牙
 私は都会で戦っている。少なくてもそう思っている。しかし、その敵が目の前にいる訳ではなく、制度や利権や法律であったりする。  毎日のビジネスでの葛藤も含めて、全てのニュースに怒りをおぼえない日はない。  頭脳は冴え渡り、疲れ果て、そして、家路に着く。  こんな様子を家では出すまいと思いつつ、女房には見抜かれているようだ。    心のやすらぎには音楽と詩がよい。  でも、私は空想の世界の詩が決して好きではない。世界を大きく客観的に見て、それでいてその一部に自分を据えている詩であり、自らの責任も踏まえた詩であ...
URL 2008/04/10(Thu)15:40:54
独裁者石原と自・公から担保を取れ
 あの狂気が表に出た。  「提案者として取るべきは、都民に役立つ銀行として再生させることだ」  「私が社長ならもっと大きな銀行に」  「私にも『責任』がありますよ。墜落寸前の銀行を上昇させることだ」  「私一人が発想して行政が動くわけではない」 「無駄になるかならないか黙って結果を見てください。今から水をぶっかけるようなことを言ってはだめですよ」  「世論気にして政治できぬ」  自民党・公明党の賛成多数で400億円追加出資を可決した。金利が高く無担保無保証融資を止めた新銀行東京はすでに全く中小企業支援の...
URL 2008/04/01(Tue)13:34:11
円高・株安・外貨準備高1兆ドル・消費低迷
 すごい勢いで対ドルで円高が進んでいる。そして、サブプライム問題に発してアメリカ経済の低迷が始まり、そこに頼る経済構造を持つ日本の株価も急落している。さすがに、この円高に対して2001年から2004年まで強烈に行ってきた政府介入を今更続けることができないほど外貨準備高が増している。そして、ついに2月末で、1兆ドルの外貨準備高を保持した。こうして、アメリカ経済を補完してきた。  この外貨準備高は民間からの借金を元手にしているため、「債務超過」の状態である(日本経済新聞3月14日付け朝刊)。  額の大きな介入...
URL 2008/03/22(Sat)19:28:28
新銀行東京・・石原都知事の醜さ
 前回、「新銀行東京の存立意味」を書いた。  今、新聞やテレビでは、この銀行に400億円を投入すべきかどうかやこの経営難を作り出した旧経営陣の責任追及、そして石原慎太郎自身への責任追及が話題になっている。  「新銀行東京:累積赤字1016億円」(毎日JP3月7日付け)は次のように述べている。  「経営再建のために東京都に400億円の出資を要請した新銀行東京が、3月期決算での累積赤字が1016億円に達する見通しになったことが分かった。都は新銀行に1000億円を出資しており、累積赤字が都の出資額を上回る事態...
URL 2008/03/11(Tue)15:13:18
『新銀行東京』の存立意味
 私も企業経営者として金融機関との係わりも多く、金融機関の汚さも知っているつもりである。それだけに、金融機関を利用するが利用されないようにすることを心がけている。特に、営業での粗利益率を圧迫しない金融機関金利を常に望んでいる者である。  朝日新聞の声欄に「銀行のPRも都知事考えて」(2月25日付け)が載った。  「東京都は新銀行東京に400億円を追加支援すると発表しました。銀行をつぶせば元も子もない、との石原知事の考えを支持しますが、ただお金を追加するだけでなく、都民に向かって新銀行東京を積極的に利用す...
URL 2008/03/03(Mon)14:00:11
産経新聞の『セカンドレイプ』
 前回のエントリーで、岩国市長選結果と米兵の婦女暴行に対して「折り合いをつける」ことができない、と述べた。  そこには、「アメとムチ」でオドシをかけながら堂々と選挙という民主主義を実行する輩たちへの怒りがあり、耐え難い米兵の婦女暴行を未だに止められない自分があるからだ。  政府も米軍も「綱紀粛正・再発防止」を幾度となく繰り返してきたが、後を絶たない米兵犯罪は続いている。    米兵犯罪件数(1990〜2006年)     ( )内は凶悪犯罪  総数  1744 (116)  沖縄   775 ( 53) ...
URL 2008/02/19(Tue)16:37:40
岩国市長選結果と米兵の婦女暴行
    心に「折り合い」がつかない  岩国市長選の開票結果が出てすぐに、“米海兵隊員による女子中学生暴行”のニュースに怒りを覚えた。  「『小さなかごに、あまりに多くの卵を入れている』。何年か前に沖縄を訪れた米国防総省の元高官は言い表した。『かご』は沖縄の本島、『卵』とは米軍基地のことだ▼国土の1%にも満たない土地に、国内の米軍専用施設の75%を抱え込む。『基地の中に沖縄がある』と言われるさまは、米国高官にも異様に映ったらしい。実際に、那覇市から車で北へ走ると、フェンス囲いの「卵」が次から次へと姿を現す▼...
URL 2008/02/13(Wed)16:37:19
井原勝介(前岩国市長)の品位のない政府との戦い
 私の手許に、続け様に、岩国市長選の井原勝介(前岩国市長)応援メッセイジが届いています。是非、身近な問題として読んでください。そして、周りに広げてください。  ここに掲載する文章はすべて「平和省JUMP」(きくちゆみ代表)の会員内部に伝えられているメールから構成しました。 (MT氏よりのメール)  【岩国市の民主主義を守るために「30分の時間カンパ」!】  広島の「岡本非暴力平和研究所」所長の岡本三夫です  岩国市のことで非常に大事なお願いがあります ちょっと長い文章ですが 辛抱して読んでください  ...
URL 2008/02/06(Wed)13:18:31
『母べえ』と現代の言論抑圧構造
 先週の土曜日(26日)から全国ロードショウとなった。  [画像]  昭和15年の出来事を平成20年に観る意味について、主演女優の吉永小百合さんは次のように語っている。      [画像]  「どんどん日本が、というより日本のえらい方たちが、戦争をする国にしようとしているという怖さを感じたんです。戦争は人殺しだから、私は、それは何としてもやってはいけないことだと思うんですよね。正義の戦争なんてないと思うし、テロに対してだって、テロに対する戦争なんてないと思うし。絶対、武力ではテロは収まらないと思うから」(...
URL 2008/02/01(Fri)10:12:57
農業への夢とデカップリング
 連日の株暴落によって「世界同時株安」が新聞紙上をにぎわし、毎日が落ち込むニュースの連発である。  くだらない株投資や外貨預金や投資信託などしている奴の顔が浮かび、ザマー見ろと言いたいのだが、こちらの商売の雰囲気もとても悪い。まさに“嫌な感じ”を漂わせている。この投資屋たちと私とでは係わりもつながりもないのに、同じような“嫌な感じ”を受ける。  そんな都会の仕事から離れて、田舎で農業でもと思えるほど安易な日本農業ではない。老後の遊び半分や観光気分での参加ならできるが、そんなものが農業であるわけがない。 ...
URL 2008/01/23(Wed)18:01:21
主役は誰ですか?・・ドイツから学びたい
[画像]    医療生協の情報誌である『COMCOM』(07年12月号)の特集で、「主役は誰ですか?」が載った。そのインタビューに田中優さん(未来バンク事業組合理事長)が登場している。 [画像]  田中優さんとは:(1957年生まれ。脱原発を出発点に、地域で、またグローバルな視点で環境問題を分析し、開発援助、国際社会の平和など幅広く問題提起し、行動する。「ap bank」監事、「日本国際ボランティアセンター」理事、「足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ」理事など様々な市民活動、NGO活動に参加。著...
URL 2008/01/18(Fri)15:02:25
創作の原点が絶たれてしまう、大ピンチ(ーー;)
ご存知で貼っていただいている方も いらっしゃいますけど あえて2回目か3回目のゲリラTBに挑戦!の 著作権延長問題に関する署名案内デス。 とりあえずいつも文末に貼ってるけど 今日だけ独立させました。 迷惑だな~って方は外してください;; 第2期が2月29日までな..
URL 2008/01/14(Mon)00:29:14
サラリーマンも田舎暮らしを
 「五感刺激し、モノから発想」(日本経済新聞1月7日付け朝刊『領空侵犯』)で、解剖学者である養老孟司氏が、サラリーマンも田舎暮らしをすることによって、組織の規則が刷り込まれた考え方がいかに硬直化しているかが理解できる、と語っている。  ・「解剖は現場の仕事ですから、世の中の仕組みがよく見えるんです」  ・「決められた規則の中で情報処理業に徹していればリスクがない。何か行動を起こしたら、経験が増えて自分が変わる。そんなことをしたら人生を賭けることになりかねないから怖いのでしょう」  ・「自然に触れると、眠っ...
URL 2008/01/12(Sat)17:47:18
≪  54  53  51  50  49  48  47  46  45  44  43  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]