忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 2008年最初の記事は「健康」です。

 時事通信によると、たばこを吸わず、運動し、酒を適度に飲み、野菜と果物を毎日食べるという4つの生活習慣を守ると、全く守らない場合に比べて14年間長生きできる勘定になると、イギリス・ケンブリッジ大学などの研究チームが医学誌『プロス・メディシン』に発表したそうです。
 1993年~97年に、がんや循環器疾患にかかったことがない45~79歳の男女2万人を対象に、4つの生活習慣の有無を回答してもらい、2006年までそれらの人達を追跡調査して生死を確認したとのことで、健康に良い要因の相乗効果が明らかになったのは珍しいといいます。

 ちなみに、4つの生活習慣は、
 【1】禁煙…タバコを吸ったことがないか、吸っていたが禁煙した。
 【2】運動…サイクリングや水泳などを1日30分以上する。
 【3】適度の飲酒…缶ビール1本またはワイングラス1杯を1週間に1~14本(杯)まで。
 【4】野菜と果物…毎日5皿以上(一定の血中ビタミンC濃度が摂れる量)

 私の場合、【1】の禁煙は26年前からクリア。【3】の適度の飲酒はしばしば二日酔になることがありますが、まあOKでしょう。【4】野菜・果物はせいぜい1食1皿程度でしょうか、もっと摂らなければ…。問題は【2】の運動ですね。これを克服しないと長寿は望めないようです。わかってはいるのですが……。 
PR


 今朝の新聞に出ていました。昨日(27日)、松江市で開かれた自民党の決起集会での出来事です。
 柳沢伯夫厚生労働大臣が「(女性は)産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と演説したそうです。
 少子化の進行で厚労省は昨年12月、人口推計を下方修正しました。その時柳沢大臣は「子どもを持ちたいという若い人達は多い。その希望に応えられるよう、できる限りの努力をしていきたい」と話していたのです。

 少子化問題は、決して女性の責任ではありません。わが家も当初、子どもは3人ほしいと思っていましたが、結果は2人です。長男が生まれた年に消費税が導入され、その後の税率引き上げ、医療費負担引き上げ、年金改悪など、これだけ次々に庶民いじめの政治が続けば、子どもがほしくても将来の生活を考えると怖じ気づいてしまいました。

 「できる限りの努力をしたい」と言うのならば、安心して生活できる賃金、年金、社会保障を整備することが先決ではないでしょうか。厚生労働省はまさしくそれらの舵取りをする役所です。そこのトップの本音がこれでは改善は期待できそうもありません。早々にお辞めいただくのが日本の将来のためだと思います。

 ※写真は柳沢厚労相、自民党のホームページより転載しました。
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]