忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 アメリカ政府高官が、在日米軍再編のための日本の負担額を3兆円と見積もっているとの報道がありました。
 これだけあれば、介護保険料の引き上げ分(1700億円)や医療改悪での負担増(1100億円・国会審議中)を10年間埋め合わせてもお釣りが来ます。
 政府は財政改革(国民負担増)を押しつける理由に「国家財政の困難」をあげますが、外国の軍隊の整備拡充のためにこれほど巨額な費用負担をしている国があるでしょうか。
 国民が払った税金は、国民生活を整備拡充するために使ってほしいと思います。
PR

 サラ金業者のアイフルが金融庁に摘発され、全店一斉に業務停止処分されることになりました。
 北海道でも、函館の認知症高齢者が被害に遭ったといいます。幸いなことに私の担当している方々に被害者はいないようですが、おそらく、全国で相当数の高齢者が同様の事件に巻き込まれているのではないでしょうか。

 サラ金業者は、みずからを「消費者金融」と称し「サラ金」と言われるのをとても嫌うそうです。高利貸しのイメージを払拭するために、最近はチワワやタレントを使ったCMを流して、いかにも健全な金融機関であるかのように装っていました。しかし今回の摘発で、ヤクザまがいの取り立てが横行する悪徳業者の集団だと言うことが世間に明らかになったと思います。(まだ不十分ではありますが)
 アイフルは例のチワワのCMなどを2ヵ月間「自粛」するそうですが、これを機会に、民放各社はこうしたサラ金業者のCMを全廃すべきだと思います。
(画像は「アイフル被害対策全国会議」のポスターです)

      
 開業医の団体である「全国保険医団体連合会」(保団連)の全国調査の結果が11日発表されました。

 昨年10月実施の介護保険改悪第一弾(食費・居住費の保険はずし・自己負担化)によって、費用負担ができなくなったために特養や老健を退所せざるを得なかった利用者が、519人にも及んだというのです。

 全国の介護保険施設12,139事業所の約15%から得られた回答の結果と言いますから、単純比例で逆算すると、約3,500人近くが経済的理由で施設退所を余儀なくされたことになります。

 介護度が重度の「4」と「5」の方が30%以上もおり、退所後の行き先も42%が「在宅」です。これは「重介護の寝たきり高齢者が自宅に帰された」ケースが相当数含まれていることを示しています。

 3ヵ月前に実施した調査だそうです。これらの利用者さんやご家族は、今どうしていらっしゃるのでしょうか。

 介護保険はもともと「家族の犠牲的奉仕に頼っていた介護を社会全体で支える介護に転換する」ことを目的にしていたはず。制度創設6年目にして逆行現象が起きてしまったということでしょうか。

 4月から始まった新予防給付を、文字通り利用者本位のものにできるかどうか、私たちケアマネが試される時代なのかもしれません。
≪  1  2  3
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]