忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 アメリカ政府高官が、在日米軍再編のための日本の負担額を3兆円と見積もっているとの報道がありました。
 これだけあれば、介護保険料の引き上げ分(1700億円)や医療改悪での負担増(1100億円・国会審議中)を10年間埋め合わせてもお釣りが来ます。
 政府は財政改革(国民負担増)を押しつける理由に「国家財政の困難」をあげますが、外国の軍隊の整備拡充のためにこれほど巨額な費用負担をしている国があるでしょうか。
 国民が払った税金は、国民生活を整備拡充するために使ってほしいと思います。
PR
≪  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  ≫
HOME
Comment
移転費用の金額
三兆円の金額については当の米国防副次官が「根拠のある数字ではない」と否定しました。
とはいえ、かなりの額を負担することになることは変らないと思います。
どちらにせよ負担しなければならないならば、積算根拠を明らかにして明確な根拠に基づいた数字を明らかにしてほしいですね。
ただ、軍事に税金を使用することは反対ではないのですが・・・。
ないちょ 2006/05/05(Fri)10:13:34 編集
nob
 ないちょさん、こんにちは。コメント有り難うございます。
 今の日本政府には、アメリカが出してきた根拠のない数字でさえ、鵜呑みにしかねないような危うさを感じます。国民生活の厳しさをもっと見つめて政治をしてほしいと思います。
2006/05/05 12:15
(*^・ェ・)ノ コンチャ♪
はじめまして勢いがありますね。楽しみに読ませてもらいます。
りでお URL 2006/05/06(Sat)00:22:34 編集
nob
 りでおさん、こんにちは。コメント有り難うございます。
 ブログに早瀬沙樹さんの「勇気」を掲載してくださったのですね。とても嬉しいです。

 「今度戦争になったら私達一家はてきめん非国民と処刑されるかもしれない」→ そうならないように、9条を守っていきたいと思います。

2006/05/07 14:59
広めてください
はじめまして。Keep9ブロガーズ・リンクから来ました。憲法改悪以前に大変な法案が提出され、法律になろうとしています。新聞では小さくしか報道されず、何が問題なのか話題にすらなっていません。マスコミがあてにならない状況下で、ブログ上あるいはクチコミで広めていただけますようにお願い致します。トラックバックさせていただきます。
starstory URL 2006/06/18(Sun)14:01:40 編集
nob
 starstoryさん、こんにちは。
 コメントとトラックバックありがとうございます。
 憲法改悪をくい止め、平和な日本、平和な世界をつくるために、一緒に頑張りましょう。
 私もささやかながら、ブログで意見を表明していきたいと思います。
2006/06/18 17:54
ありがとうございました。
ありがとうございました。このごろの動きに「国を守る」ことと「国民を守る」ことのちがいについて考えます。国あっての国民だというけれど、そういう言い回しにだまされて命を捨てさせられたのではなかったか、と。
starstory URL 2006/06/21(Wed)08:02:09 編集
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
東アジア平和大臣を任命し北朝鮮人権法に300億円の予算を付けて,きくちゆみさんの平和省を実現せよ!
金正日軍事独裁政権を打倒して南北朝鮮を平和的に統一し朝鮮半島を非核化する以外,東アジアに恒久的な平和を確立する方途はない.金正日体制を2008年までに転覆することができなければ,北朝鮮問題が中東におけるイスラエル問題(パレスチナ問題とも言う)とともに第三次世界大戦を誘発する過敏な発火剤(inducing agent)となることは避けられない.すでに時間はあまり残されていない.現在見込みのありそうな平和的解決策は,高世仁氏が提唱されている「住民の大量脱出を促進することで体制を崩壊へ導くという一種の民主化プロ...
URL 2006/08/04(Fri)17:36:11
歯止めをかけよう!
=== 護憲派も改憲派も、自衛隊廃止論者も軍事力増強、武力行使容認派も、みんなで歯止めをかけよう! === 自衛隊の海外派遣についての自民党素案が明らかになった。それによると、 === 自衛隊の海外派遣は、国連決議や国際機関の要請がなくてもできるようになった。しかも個別事例に対応した特別措置法でなく、一般法(恒久法)として。武器使用権限も拡大する。 === http://www.asahi.com/politics/update/0614/003.html 国連や国際機関の要請がなく...
URL 2006/06/18(Sun)14:00:52
『お話があります』と病院から
 昨日の朝、婦長さんから、「お話がありますので、夕方みえたときに 声をかけていただけないでしょうか」と、言われていたのに、忘れて遅くいった。  今日は早めに行き、食事を先
URL 2006/05/24(Wed)22:37:36
≪  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]