忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
  こんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。  その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。  これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。  これを戦力の放棄といいます。  「放棄」とは、「すててしまう」ということです。  しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。  日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。  世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。(1948年・文部省『あたらしい憲法のはなし』より)
Facebook
<Author> nobさん
《nobさんのProfile》
住所:北海道十勝(帯広市)
年齢:55歳
職業:介護老人保険施設事務長、社会福祉士、主任介護支援専門員(ケアマネジャー)
日本国憲法
 「もぐのにじいろえにっき」より
【第9条】 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【第25条】 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
あたらしい憲法のはなし

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。
 その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。
 これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。
 しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。
 日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。
 世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。
      (1948年、文部省発行)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
バーコード
サイトマスター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 厚生労働省が介護保険料の若年層からの徴収を検討していると、日本経済新聞が報じています。
 現行制度の介護保険料は、65歳以上の人(1号被保険者)と、40~64歳までの医療保険加入者(2号被保険者)が負担しています。厚労省は来年4月予定の介護保険法改正に合わせて実施し、20代、30代からも保険料を徴収することで、国の財政負担を減らそうと考えているようです。
 東日本大震災の復興が焦眉の課題となる中、消費税増税に加えて介護保険料までアップしようという政府のやり方は、私には「どさくさまぎれ」に見えます。
 震災支援復興と社会保障は、本来同じ次元で論ずるべきではありません。片方を増やせば片方が減るのではなく、両方とも増やして国民の生命・健康・財産を守ることこそが、いま日本政府がすべき仕事だと思うのです。
 財源はあります。駐留米軍への思いやり経費、多国籍大企業への税金優遇、特別会計余剰金や準備金の放出など、庶民の財布をあてにしなくても、お金はあるじゃないですか。


<日本経済新聞 WEB版 2011/5/4 より転載 >

 厚生労働省は、政府が進めている「税と社会保障の一体改革」で、介護保険料を納付する対象者を40歳未満に広げる案を提示する方針だ。高齢化で介護の給付費は増え続ける見通しで、保険料を負担する人の裾野を広げ、介護保険の財政基盤を強化する狙い。税と社会保障の一体改革に合わせ、早ければ2013年度にも導入を検討する。

 税と社会保障の一体改革は、社会保障制度の再設計と税制の再構築を同時に進める目的で、政府は6月に結論を出すことを目指している。厚労省は12日にも、関係閣僚と有識者が集まる集中検討会議に介護保険の見直し案を提出する予定だ。

 介護保険の給付費は11年度予算で7.9兆円と、制度が始まった00年度(3.6兆円)の2倍以上に膨らんだ。給付費は介護サービス総額のうち利用者負担(1割)を除いたもので、給付費の半分を税金、半分は保険料で負担している。

 保険料は65歳以上は年金から天引き、40~64歳は健康保険料に上乗せする形で負担している。65歳以上の介護保険料は月平均4000円強。給付が増え続けると、さらに負担が増すため、厚労省は「保険料を負担する対象者の拡大も検討する必要がある」と考えている。

 保険料を負担する対象者の拡大は「20歳以上」「25歳以上」「30歳以上」などが検討される見通し。資産の多い高齢者の保険料増額も議論する。医療や子育てと合わせた利用者負担に上限を設ける「総合合算制度」導入も課題として提示する。

 ただ、介護保険をめぐる保険料の負担増には反発も予想される。税と社会保障の一体改革の集中検討会議でも異論が出るとみられ、調整は難航する可能性が大きい。

 厚労省は給付を減らす案も提示する方向。軽度の要介護者に対する給付減や、サービス内容によって保険対象外にする案も検討する。


PR
≪  63  62  61  60  59  58  57  56  55  54  53  ≫
HOME
Comment
構造改革の道を突き進む管内閣は
この国の社会保障を根こそぎ壊して、財界・大企業の儲けの場に譲渡そうとしていますね。そういう意味では自民党時代より地域とのつながりが希薄な民主党の方がたちが悪いかもしれません。日本共産党の田村参議院からの情報では、改定介護保険法は最短で5月26日には参議院本会議を通過する公算が出されているということなので、反対の世論を何としても高めましょう。札幌では毎週金曜日の介護保険改善署名宣伝行動を開始しました。
木幡秀男 2011/05/09(Mon)00:28:51 編集
この記事へのコメントは こちらからどうぞ
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
修正用PW:
(修正用PWは任意の英数字を入力して下さい)
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  63  62  61  60  59  58  57  56  55  54  53  ≫
HOME
勇  気
平和なときに
「戦争反対!」と言うのはやさしい
みんなが同じことを言うから

戦争が始まりそうなときに
「戦争反対!」と言うのはちょっと難しい
味方があまりいなくなるから

戦争が始まってしまったら
「戦争反対!」と言うのはとても難しい
ひとりぼっちになる覚悟がいるから
     (2005.1.26 (C) 早瀬沙樹
Twitter
最新コメント
(05/11)
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]